« フジファブリック 『Stockholm』 | トップページ | 「13歳のわたし」集会 »

2011.02.18

Mew 『Live in Copenhagen』

 日の続きになりましょうか。
 フジファブリックの『CHRONICLE』を紹介した記事に、「同じ北欧のMewと似た印象でしょうかね。私好きなんですよ。こういうの。近代西洋音楽の理論からちょっとはずれたやつ。そのちょっとというのが難しいんですけどね」と書いて、デンマークの耽美派バンドMewの名前を出しました。
 昨年11月でしたでしょうか、久々に来日したんですよね。このバンド、日本でもあまり知られていませんが、たぶん世界的にもインディーに属しているのではないかと思います。
 その「近代西洋音楽の理論からちょっとはずれた」部分や、抒情的な雰囲気、予想できない展開など、けっこうフジファブリックの世界観とも重なる部分があると思います。
 今日は彼らのライヴ音源をぜひお聴きいただきたく、また映像としてもご覧いただきたく、ここに紹介いたします。私の好きなアルバム『Frengers』から数曲聴いていただきましょう。
 まず、これが代表曲でしょう。改めて聴いてみまして、これはやっぱりカッコイイと再確認。

Am I Wry? No

 続いて、シンプルだけれども、なぜか心にしみるメロディー。

She Came Home For Christmas

 次は、短調の美しい曲。非和声音の使い方は、レミオロメンやフジファブリックやバンプなど、J-ROCKにも通じるところがありますね。

Snow Brigade

 最後は、私の大好きな曲。理屈をどうでもいいのですが、長い後奏のコード進行は憎い。トニック→ドミナントが、いつのまにかトニック→サブドミナントになっている!単純ですが、実は「何気なく」が難しいテクニックです。近代西洋芸術音楽からフォークロアへの回帰ですね。

Comforting Sounds

 ちなみにこのライヴの全映像をこちらで鑑賞できるようです。

Amazon Live in Copenhagen [DVD] Frengers エッグス・アー・ファニー

|

« フジファブリック 『Stockholm』 | トップページ | 「13歳のわたし」集会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/50903253

この記事へのトラックバック一覧です: Mew 『Live in Copenhagen』:

« フジファブリック 『Stockholm』 | トップページ | 「13歳のわたし」集会 »