« ありがとう… | トップページ | 『世代をつなぐ鉄道ブーム』 (NHK クローズアップ現代) »

2011.01.19

YS-11 (超軽量自転車)

070603ys1100 だ買ってないけれど、今ほしいものの一つ。
 YS-11と言えば、私たちの世代には懐かしい国産旅客機ですよね。本家YS-11は、間もなくそのフライトを終えます。15日には海上保安庁保有の「ブルーイレブン」がその役目を終えました。あとは、自衛隊に残る数機でしょうかね。
 YS-11は昭和39年に初就航しましたから、私と同い年ということになります。これだけ息長く製造され利用されたというのはすごいことですね。新幹線でさえ、0系は2年ほど前に引退しました。
 いかにその技術力が高かったか、そして設計、製造に対する職人、技術者たちの「魂」「志」が高かったかということでしょうね。今の日本に必要な何かがそこにあるような気がします。
 さて、そんな名機の製造に実際に関わり、のちにトヨタで自動車や自転車を開発していた方が設立した「バイク技術研究所」が、これからの時代を見据えて開発、製造、販売しているのが、こちら自転車版の「YS-11」であります。
 この正月に、義理の兄が折畳み自転車を持参して静岡に来まして、実際サイクリングを楽しんでいたんです。その様子を見まして、私も昔のように自転車ライフをもう一度楽しもうかなと思い始めたというわけです。
 今住んでいる富士山は、なにしろ富士山ですから、全ての道が坂道、あるいは山道という状況ですので、年をとってからはなかなか自転車に乗る機会がなくなってしまいました。
 独身時代、今となっては伝説の名車となってしまった(?)、ブリヂストンの初代マウンテンバイク「MB–1」に乗って道なき道を走っておりました。当時は自動車もジムニー。今では想像できないかもしれませんが、私はオフローダーだったのです。富士山一周とか普通にしてましたからね。
 ちなみにMB−1、今でも地下に眠っています。修理すればまだまだ乗れますね。しかし、さすがにあのkクロムモリブデンフレームは重い。たとえばあれを車に載せて運ぶとなると、ちょっと今の状況では無理ですし、かと言って家からどこかに行くとしても、なにしろ富士山ですので、そこまでの根性は出ないというのが本当のところです。
 そこで、私も義兄にならって、軽量コンパクトな折畳み自転車がほしいなあと思っていたのです。たとえば、私はしょっちゅう車で東京に行きますけど、車を駐車場に置いてからの足に自転車も面白いかなと。最近は東京散歩の楽しみも覚えてしまったし、ま、いちおう「エコ(エコロジー&エコノミー)」の観点からしても、また世の趨勢(ブーム)からしても自転車は大いにありかなと。
 そこでいろいろ調べていて目に付いたのがこの「YS-11」だったのです。もちろん職人技術の塊という意味でも魅力的でしたし、やはりその軽さ(7.3kg!)、手軽さ、そして価格の安さという面でも、非常に魅力的だと感じるのです。
 まあ、実際のところ、小径折りたたみ自転車ですから、その剛性や乗り心地に期待することはできないと分かっていますよ。それより何より、軽くて運搬が楽だというのが最大の魅力なわけでして。街中を歩いたり走ったりする代わりに使おうというのですから。
 海外製も含めて同種のものはいくらでもありますけれど、やはりある種の変わり者であるワタクシといたしましては、このようなちょっとマイナーな製品に憧れてしまう習性はいかんともしがたいのですね。
 というわけで、春になったら購入するかもしれません。それまで、ライバル車種も含めていろいろ研究をしたいと思います。YS-11自体、いろいろなグレードがありますからね。どこまで軽さを求めるか。価格との相談もありますし、変速機を付けるかどうか、あるいはハイブリッド(電動アシスト!)という選択肢もあるわけだし。まずはどこかで試乗したいですね。

バイク技術研究所

YS-11ブログ

|

« ありがとう… | トップページ | 『世代をつなぐ鉄道ブーム』 (NHK クローズアップ現代) »

もの」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

YS-11(飛行機の方)に実際に乗ったことがあります。
20 年近く前じゃないですかね、八丈島に遊びに行ったときに、羽田から搭乗しました。丁度プロペラがよく見える座席で、「ブ~ン!」という意外とかわいらしいプロペラ音と、風に影響されまくるフワフワとした乗り心地が印象的でしたね。それが初めての飛行体験でした。

YS-11(自転車の方)素晴らしいですね。実は私も折りたたみ自転車に乗って 20 年以上になります。Bridgestone 製の「ワンタッチ ピクニカ」という機種で、もう絶版ですが、現在もこの上なく快調で、昔の自転車の造りの良さがうかがえます。庵主様は折りたたみ故の剛性を気にしているようですが、マトモに設計してあればなんの心配も要りません。むしろコンパクトな分、剛性が高い気がしますよ。それから YS-11 の車重は大変魅力的ですね。私のピクニカ君でさえ、 12kg ありますが、それでも軽量故の恩恵を十分に感じることが出来ます。ちょっとした坂道位なら、電動アシストなんて必要ないですよ。

投稿: LUKE | 2011.01.20 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/50635326

この記事へのトラックバック一覧です: YS-11 (超軽量自転車):

« ありがとう… | トップページ | 『世代をつなぐ鉄道ブーム』 (NHK クローズアップ現代) »