« 四苦八苦 | トップページ | 『この窓は君のもの』 古厩智之監督作品 »

2011.01.05

フジファブリック 『Strawberry Shortcakes』

 日は「イチゴの日」。イチゴにちなみまして、私の大好きな1曲。
 Strawberry Shortcakes…志村正彦くんの異能が満開の名曲ですねえ。こんな曲聴いたことありません。
 昨日の話で言えば、日常の些細な煩悩(我執)から生じる「苦=もの=不随意・不如意」を理解し、リスペクトし、エンジョイしている感じがします。
 世界中探してもなかなかこういう表現ってありませんよ。いちおう、私、文学と音楽を専門にやってるじゃないですか。それなりにいろいろな作品や作者に触れてきたと思います。でもなあ、やっぱりこういう世界観をこういう言葉と音で表現する人って、ほかにいません。
 「左利き?」の違和感から始まる「苦」。自分の残しておいたイチゴを食べられてしまうという見事な「苦」。しかし、「ずるい」はすぐに「さすがだね」に変化します。そして、まつげのカールがキレイなのに気づいて、あとは「もひとつ食べて」とひれ伏す。
 さりげないこの流れの中に、どれだけ「くだらない」真実が隠されていることか。そして、そのある種の「くだらなさ」を、このおちゃらけたメロディーとコード進行と転調とアレンジで見事に聴かせてくれる。ううむ、他のメンバーも含めて、やっぱりこのバンドは「天才」いやいや「変態」ですな(笑)。
 私の感覚だと、志村くんの詩は、ちょっと太宰治風なところがあるような気がするんですよね。いや、私は、世間一般のイメージとはちょっと違う太宰観を持っていますから、うまく伝わるか分かりませんが。
 太宰もけっこう、日常の男のカッコ悪さを正直に、ちょっとしたユーモアとペーソスを交えて表現します。彼の文学は重いイメージを持たれがちですが、実際は基本「軽み」の文学なんですよねえ。
 この曲の歌詞にもそういう「どうでもいい男のカッコ悪さ」みたいなものが、さりげなく表現されていて、実に楽しいですね。もちろんそれに見合った「音楽」も。
 私も幾度こういう「カッコ悪さ」に苦笑してきたことか。ま、私なんかは、酒呑んで苦笑するくらいの表現しかできないわけだし、だいいち「カッコ悪さ」を公にするということって、なかなか凡人にはできないことじゃないですか。それも同情を買うようなやり方ではなく、共感を得るのは難しい。
 こういう意味で、この曲は女性には正しく理解されないと思います!…なんて言っていいのかな?
 ただ、女心、特に母性本能をくすぐるかもしれません。そこもまた、太宰と似ているかも…かも。
 さて、この曲、他の人が歌ってもなかなかさまにならないだろうなと思っていたのですが、さすがぶっ飛び天才和田誠平野レミの息子ですな。和田唱くんが見事に歌いこなしてくれました。この曲と「陽炎」を選ぶあたり、憎い!!というか、おいしいとこ取ったなあ、唱くん。

 さてさて、ついでに…なんていうと怒られちゃいますかね、太宰の「どうでもいい男の煩悩」をカッコよく、いやカッコ悪く表現した短編を一つ。「美少女」です。
 このくだらなさ、私けっこう好きですよ。いちおう文学ぶってますが、この小説にメロディーつけたら、きっと「おちゃらけ節」になりますね(笑)。

|

« 四苦八苦 | トップページ | 『この窓は君のもの』 古厩智之監督作品 »

文学・言語」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

山口先生

明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今朝まだ日の出前、NYに帰る家族を空港まで送る車中で、ちょうど最初に聴きました。

私はいつもこの曲を聴くと、男性の(志村さんかな)、包容力だったり愛情だったり・・を感じます。

今朝もぼんやりした頭で(危険運転ですね。。)、愛情溢れる歌詞だなあと聴き入っていました。

男性目線では「どうでもいい男のカッコ悪さ」ですか?
いろいろな視点があって、面白いなあと思います。


投稿: まこ | 2011.01.06 12:11

あけましておめでとうございますfuji

高校生の頃の私は「太宰治」「ブラックジャック」が
理想の男性でした。
「ダメ男」「デキル男」両方に惹かれ、
毎日、迷っておりました。(←何に?)

わかりやすい「かっこよさ」
(例に出すと・・・キムタク?古い?いつの時代にも
いますよね、その手の人。)
そういうのは、苦手・・・とかいうのもなく(笑)
普通にテンション上がりますけれど、
「心」揺さぶられない。

「デキル男」に見合う自分になりたくとも、なかなかで。

結局、「ダメ男」と「恋」に落ちたりする。
「ダメ男」が自分に落ちてくれたりすると
女があがったような気がする。

・・・なんか、生々しい書き方だな。

生々しくならない志村くんがなんか羨ましかったり、
そうじゃなかったり。

あぁ、とりあえず、女性にとって
男はどうしようもなく面倒で、そして面白い生き物なんでしょうね。

投稿: yuzuki | 2011.01.06 13:45

先生こんにちは!

んも〜、大好きです。
特に「左利き?」のとこ。

妙に現実じみていて
どういった状況でこの曲作ったのっ?!リアル彼女との日常?!とか思ったけど…最後まで聴くとその光景はどこかアイドルのイメージビデオ(擬似デートみたいな)っぽい…とも思ったり。←意地悪。
フジフジの曲のセレクトはホント絶妙。
フジフジの前に誰がどの曲って予想したんですよ。B.O.I.Pはぜーったいハヤシくんだと思いました!ってか 最初聴いたときハヤシくんが作曲手掛けたと思いました。「おお!外部から?」って。実際ソウくんだったのもびっくりですが。

投稿: さお | 2011.01.06 14:07

フジファブリックの一番最初に好きになった曲が
StrawberryShortcakesで、一番好きな曲が陽炎です。先生凄いです。ヽ(´▽`)/

投稿: fabbox | 2011.01.06 22:38

左利き?
ずるいね~
のとこで裏声になるんですよね。
ここだけでも変態度数100です。笑.

ダイちゃんのDoorsを彷彿とさせるキ-ボ-ドもすごくスキです。

投稿: なじゅ | 2011.01.06 23:10

あけましておめでとうございます!
先生こんばんは(^-^)

男性から目線、考えた事ありませんでした。同じ曲でも人によって感じ方もさまざまでおもしろいですね。

私はこの曲、聞けば聞くほどなんだかエロティックに聞こえてきます(笑)
男女のなにか、それが良くわからないので、エロティックと言いましたが、他に合う言葉がみつかりません。
先生が言われたように、ソコにいる男性には見事に母性本能をめちゃめちゃくすぐられています(笑)
うーむ、やっぱり変態なのでしょうね。男女共に、変態は同感、共感できますね(笑)

でもいつも思うのは志村君の歌詞には包容力を感じます。たぶん若い頃には感じにくい包容力。
それがカッコ悪いとか、不器用と言うのかもしれませんが
器用な行動や言動にはない、暖かさを感じます。

久しぶりにフジの曲のお話が出来て楽しかったです。
長々と失礼しました!

投稿: 花屋の娘 | 2011.01.07 00:22

こんばんは。
大好きです!Strawberry Shortcakes。
この曲を聴くと、異次元に行ったような、本当に不思議な気持ちになります。
でも、自分なりに風景がきちんと見えるんです。
男女の顔も。
私のイメージする異次元の世界は、志村くんも好きだと言っていた、藤子不二雄の異色短編集。これを読んだ時の、何ともいえない気持ちと近い気持ちになるんです。
同じ曲を聴いても、色んな見方や感じ方があって面白いですね。今の流行歌では、なかなかここまで違う解釈は出なそうですね。
さすが、志村くん、恐るべし。

投稿: かえで | 2011.01.07 02:26

Strawberry Shortcakes。とっても可愛らしい曲です。
それにしても、本当にいろいろな解釈ができるのですね。
私はショートケーキの一般的なイメージから,イチゴは1粒ずつケーキの上にのっているものだと思っていたので,彼女が残しておいたのは彼女のイチゴだと思ってました。それを最後にクスリと笑いながら嬉しそうに食べる姿を見て,あまりの可愛さに「ずるいね。」だと・・・。 
そして,もう一度彼女のそのしぐさを見たくて,「もひとつ僕のイチゴ食べてよ。」だと解釈していました。
この曲に限らず,志村くんの曲は人によって捉え方がいろいろあって素晴らしいと思います。 
やはり天才詩人ですね。

投稿: 松原恵子 | 2011.01.07 10:13

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
お久しぶりです。
僕も母もこの曲が大好きで母は出だしのギターの何とも言えない感じとダイちゃんのキーボードのからみが好きらしいです。出だしで鳥肌が立つらしい…
もちろん僕もそうです。それと不思議な詞も魅力です。
あとメロディとと楽器を弾きあっているところが好きです。

投稿: イシハル | 2011.01.07 21:03

わたしもStrawberry Shortcakesが1番好きな曲かも‥くらい大好きです。
もう全てが、歌詞も楽器の音色も転調も変拍子も何回聴いても最高で高揚してしまいます。
まさに志村くんじゃなければ作れない一曲だと思います。

確かこの曲はインディーズの頃からのファンを意識して作ったサービス曲だと言っていた記憶があります。
狙い通りわたしは大ツボにハマってしまいました。
ほんとに名曲です。

投稿: いちじく | 2011.01.10 11:01

お忙しいのに連続コメすいませんm(_ _)m
YOUTUBEで和田さんがこの曲を歌っているのを聴いて「なんじゃこりゃぁ!!!!」と一発でハマッてしまったのを覚えています。
こんな迷作?いや、名作はあの志村さんだからこそ作れた曲なんでしょうね。
これからのフジファブリックがどうなっていくのかが楽しみですね。
(なんだかエラソーなこと言ってすいません)

投稿: 中二病の昌平 | 2011.01.16 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/50506456

この記事へのトラックバック一覧です: フジファブリック 『Strawberry Shortcakes』:

« 四苦八苦 | トップページ | 『この窓は君のもの』 古厩智之監督作品 »