« ウマウマできるトランスを作ってみた COMPLETE BEST | トップページ | 『13歳へ〜よい親も、よい先生も、あなた次第』 アルボムッレ スマナサーラ (サンガ) »

2011.01.31

ブクステフーデのトランス(?)

↓ある意味トランス状態?
Buxtehude_2 日の続きです。ただし、現代日本から17世紀ドイツにタイムワープします。
 トランスもバロックも、いわゆるクラシックと言われる近代西洋芸術音楽とはまた違う系譜です。簡単に言ってしまえば、近代西洋音楽以前の「民族(民俗)音楽」の系譜ですね。
 バロック音楽のとらえ方や定義はいろいろありますが、現代の視点からしますと、この時代の音楽の魅力は、まさに「前近代」と「近代」のバランスの面白さにあります。それが、たとえばジャズやロックや今回のトランス(ユーロビート)などと重なる部分があるわけですね。
 もちろん、私の大好きな日本の歌謡曲や、フジファブリックの楽曲の魅力もそういうところにあります。西と東の相克、コトとモノの融合ですね。
 そのへんに関しましては去年の今頃紹介した「西洋音楽史」という名著をぜひお読みください。
 さあ、それで、ヲタトランスとバロックの共通点を感じてもらうために、今日はドイツ・バロックの巨匠(バッハがいなかったら間違いなくドイツの大作曲家3Bに数えられていたであろう)ブクステフーデの曲を紹介します。
 理屈よりも実際に聴いてもらうことにしましょうか。ただ、クラシック音楽では意図的に避けられた循環バス(短いバスのテーマが何度も繰り替えられる…結果コード進行も循環する)、ポリフォニー(これも結果的に短い旋律が繰り返されることになる)に注目してください。
 民族音楽ではありえなかった「ドレミファソラシド」という音階に、大作曲家さえもなじんでいなかった、つまり、ドレミによる美しいメロディーの発明に至っていなかったことを体感してください。ブクステフーデの作る音列は、まだメロディーではなくパッセージです。しかし、そのパッセージが絶妙に魅力的なんですよねえ。歌ではなくて会話。
 昨日のトランスなんかも、メロディーはペンタトニック(5音階)でほとんど民族音楽のまんま。和声は初歩的な西洋音楽です。そして、トランスに特徴的な「リフ(リフレイン)」は、やはりメロディーではなくパッセージです。
 というわけで、ブクステフーデの循環バス系の楽曲を聴いていると、まさに「トランス」状態になるんですよね。ある意味人間の感情を超えたところにある「美しさ」のような「モノ」が感じられます。
 では、まずこちらでも紹介した(演奏した)変ロ長調のトリオ(BuxWV273)の1曲目をお聴きください。おっとこの記事ではプログレだって言ってますね(笑)。
 これ、ホント大好きです。作品1として出版されたBuxWV255ヴァージョンよりも、こちらの初期稿の方がいいなあ。この演奏もいいですね。美しい。バスのテーマが3小節半という中途半端なところが「前近代的」で「現代的」ですなあ。

 続きまして、短調のトランスを(笑)。以前こちらでカッコイイ演奏を紹介しました、オルガンのためのパッサカリアを室内楽に編曲したもの、他の団体のライヴ映像がありましたので、どうぞ。これもなかなかいい演奏ですね。単調なパッセージの連続が「前近代的」かつ「現代的」であります。

|

« ウマウマできるトランスを作ってみた COMPLETE BEST | トップページ | 『13歳へ〜よい親も、よい先生も、あなた次第』 アルボムッレ スマナサーラ (サンガ) »

モノ・コト論」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/50741161

この記事へのトラックバック一覧です: ブクステフーデのトランス(?):

« ウマウマできるトランスを作ってみた COMPLETE BEST | トップページ | 『13歳へ〜よい親も、よい先生も、あなた次第』 アルボムッレ スマナサーラ (サンガ) »