« 謹賀新年 2011(年賀状公開) | トップページ | 『たけしの教科書に載らない日本人の謎!仏教と怨霊と天皇…なぜホトケ様を拝むのか』 (日本テレビ) »

2011.01.02

年賀状公開(2011) ver.2

 さま、あらためまして、明けましておめでとうございます。
 3D年賀状いかがでしたか?
 コメントくださった皆さまありがとうございます。コメントの中にもありましたように、「見えない!」という方も多数いらっしゃるようなので、ちょっと工夫してみました。
 まずは、交差法よりも平行法の方が得意だとおっしゃる方のために左右の画像を逆に並べてみました。平行法は、左目で左の画像を、右目で右の画像を見て、脳内で合わせる立体視法です。すなわち、実際に私たちが世界を見て立体感、遠近感を感じるのと同じ原理です。
 左右の画像の間に紙などを置いて、左目は左の、右目は右の画像だけしか見えないようにすると簡単に立体視できることもありますので、試してみて下さい。

Parallel

 赤、青メガネで見るいわゆるアナグリフも作ろうと思ったのですが、どうしてもMac用のフリーソフトが見つからず断念。
 そこで、ある意味究極の立体視モドキ、最後の手段パラパラ漫画方式の疑似立体視GIFアニメを作ってみました。これで、なんとなく雰囲気は分かるのでは。これをですね、片目で見るんですよ。つまり、独眼流立体視の作法ですな。

1294044543hr0b4j8u_3

 すみませんねえ、まったく。お正月早々、面倒な年賀状をご覧にいれることになりまして…。
 ところで、こうして見てみますと、背後のマイメロがけっこうグロいですね(笑)。あの距離感ですと、実際はかなり大きいことになります。身長80センチくらいでしょうか。
 でも、「おねがい」してる様子が、神社にマッチしてたりして。いや、マイメロ自身がコノハナサクヤヒメの化身かもしれませんね。あのキャラ、けっこう神がかってますから。

|

« 謹賀新年 2011(年賀状公開) | トップページ | 『たけしの教科書に載らない日本人の謎!仏教と怨霊と天皇…なぜホトケ様を拝むのか』 (日本テレビ) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

富士山蘊恥庵庵主 さま


 明けまして、おめでとうございます。
立体年賀状とは、素晴らしいエスプリを感じました。
本年も、なにかとご教導の程、宜しくお願い致します。

 家内の実家での話題に「クニマス」が出まして、盛り上がりました。
義兄が集英社のある部門の元編集長でして、情報通なので、なかなか面白い話も聞けました。
本年、西湖と田沢湖の交流が深まりそうなので、楽しみです。

 本年も楽しみにしております。

む い

投稿: む い | 2011.01.03 22:15

こんばんは。
平行法、見えました!ありがとうございます。
マイメロ、後ろに居るのに、結構な存在感です。
一度見えると、隅から隅まで見ていても、見え続けて楽しめます。
普段使用しない目の周りの筋肉を使うのでいいんですよね。
あの本のウケウリですが…。

投稿: かえで | 2011.01.06 01:15

年賀状ありがうございます★!

しかぁ~しsign03sign03sign03sign03sign03sign03


途中で目が痛くなってしまい断念………。

また見れたらコメします(o^∀^o)

投稿: ノリ | 2011.01.09 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/50481468

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状公開(2011) ver.2:

« 謹賀新年 2011(年賀状公開) | トップページ | 『たけしの教科書に載らない日本人の謎!仏教と怨霊と天皇…なぜホトケ様を拝むのか』 (日本テレビ) »