« 茜色の富士(秋、紅葉編) | トップページ | 『elago Skin』 (iPhone3G用シール) »

2010.11.08

追悼 ジョー樋口さん

Uni_1959 日の山本小鉄さんに続き、また昭和のプロレスを支えた方が亡くなられました。
 私が直接お姿を拝見したのは、この写真の日が最後になりました。昨年の2月の健介オフィスの興行です。
 ジョーさんについては、日本プロレスのレスラーとして、そして全日本プロレスの名レフェリーとして、またノアの重鎮として、その功績は語りつくせないものがあります。
 もちろん、堪能な英語を活かしての外国人レスラーの世話役としての顔、それもまた彼の人柄を表していましたね。海外でもたくさんの方がこの悲報に涙していることでしょう。
 それにしても、ここ数年の、プロレス界、歌謡界、映画界における訃報の多さには、正直まいっています。いや、訃報自体は世の常であり、その数も極端に増えているというわけではないのでしょう。ただ、私が憧れ、畏れ、場合によっては嫌悪した、そういう自分の無意識の領域にまで入り込んだ「記憶に残る人」が亡くなる時代になったのでしょう。
 そういう現実に接するにあたり、彼らの残した文化や伝統を、私たちがしっかり継いでいかなければならないと感じますね。おそらく歴史はこうして紡がれてきたのでしょうから。
 ジョー樋口さん、ここ富士北麓にも縁の深い方でした。結局こちらでお会いすることは叶いませんでした。残念です。
 今日は彼を象徴する名勝負、名レフェリング、名コンダクターぶり、そして「男の味」をご覧いただき、ともにご冥福をお祈りしましょう。1983年の雄姿です。ジャンボ鶴田vsブルーザー・ブロディー。失神、そして万雷の樋口コール。ああ、3人とも帰幽されたのですね。今ごろ彼ら再会を果たしていることでしょう。

|

« 茜色の富士(秋、紅葉編) | トップページ | 『elago Skin』 (iPhone3G用シール) »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/49977648

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 ジョー樋口さん:

« 茜色の富士(秋、紅葉編) | トップページ | 『elago Skin』 (iPhone3G用シール) »