« ショーン・レノン 『イントゥ・ザ・サン』 | トップページ | 千葉市美術館開館15周年記念 『世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展とチェコの人形劇』 »

2010.10.10

オーケストラ・オン・ピリオド・トウキョウ&東京クラシカルシンガーズ第10回演奏会

Photo_10_11_20_42_39 ーケストラ・オン・ピリオド・トウキョウ&東京クラシカルシンガーズ第10回記念演奏会にヴィオラで出演いたしました。ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。
 今回は忙しく充分に練習に参加できませんでした。皆さまにご迷惑をかけてしまったかもしれません。すみません。
 

日 時 2010年10月10日(日) 午後2時開演(午後1時30分開場)
場 所 浜離宮朝日ホール
曲 目
 F.J.ハイドン/ミサ曲第10番変ロ長調「テレジア・ミサ」 Hob.XXII
 W.A.モーツァルト/フルート協奏曲第1番ト長調 K.313
 W.A.モーツァルト/Venite populi K.260
出 演 ソリスト:本宮廉子(ソプラノ)、北條加奈(アルト)、坂口寿一(テノール)、浦野智行(バス)、水谷定徳(フルート)
ゲスト・コンサートマスター:石川和彦
指揮:坂本 徹
合唱:東京クラシカル・シンガーズ

 いやあ、演奏しながらまたまた感動してしまいました。この団体の演奏会ではいつもそうなんです。
 やはりこれだけの編成でこのホールでということもあるでしょう。そしてなんと言っても本番ならではの緊張感と高揚は、練習とは大違いです。
 プロの歌手の方々も、本番ではそれまでとは全く違う声量、声質、表現で臨みます。合唱の統一感も格別。オケも同様。そしてお客様の視線というか、聴線というか。
 音楽はライヴが一番だと思う瞬間ですね。お客様も含めて数百人の人々が一つの作品を作り上げる恍惚は何ものにも代えがたいものがあります。それを体験できるだけで、私たちは本当に幸せです。
 特にミサ曲。もちろん、厳密な意味での宗教的な一体感というのは味わえないのかもしれませんが、ハイドンが目指したであろう「場」の統一のための音楽は、あの瞬間見事にあそこに結実していたと感じました。
 出口王仁三郎が言うように、実は「芸術は宗教の母」なんですよね。逆じゃないんです。まず、我々の理想とする「一体感」というものがあるのです。キリスト教を完全には介さずとも、あれだけの感動を作り上げることができるわけですから。
 今日は、私の中学から生徒が6人来てくれました。子どもたちだけの東京旅行ということで、ちょっと心配でしたが、無事たどり着いたようで一安心。終演後の感想はまだ聴いていませんが、きっとそれなりに感動してくれたことだと思います。
 彼らは新しく作った「弦楽合奏部」のメンバーです。少しは刺激になったかな。そして、もうすぐクラス合唱を披露する機会があります。それへ向けてもいい勉強になったのではないでしょうか。
 やはり「生」を体験させてあげたいですね、子どもたちには。来月は、それぞれ一流(超一流)の、モダン&古楽のアンサンブルを学校で聴く機会を作りました。ある意味ぜいたくだよなあ…。それから、生のプロスポーツ観戦も計画しています。また、丸一日使って富士山の自然散策も。とにかく「生」の体験が一番です。
 私もこうして自分が「生」体験できることを、本当に幸せに思います。楽器をやっていて良かった。音楽が好きで良かった。つくづくそう思った演奏会でした。皆さん、ありがとうございました。

|

« ショーン・レノン 『イントゥ・ザ・サン』 | トップページ | 千葉市美術館開館15周年記念 『世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展とチェコの人形劇』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

先生こんにちは!
今まさに開演したころでしょうか?
行きたかったです~。
ちょうど子供たちの野球も悪天候で中止となったんですが・・・
三男が発熱。
「オレ(高低)吉田うどんくいてえ」
とつぶやく三男。
お出かけはできないしねえ・・・
作ってみるか!!!
と、今生地を寝かせているところです。
水は少なめに。
・・・あれ?食べに行った方が早かったかも・・・。
でも、熱も心配だし、私も試験控えてるしで
やっぱりおうちですかね。
金木犀、ウチの方も真っ盛りです。
三男「あー、吉田いきてえ」(5さい)
・・・母もだよ!!!(||li`ω゚∞)
では演奏会、ご健闘?お祈りしています!

投稿: さお | 2010.10.10 14:11

さおさん、こんばんは。
昨日は無事演奏終了しました。
ま、ちょっとしたミスはありましたが(苦笑)。
吉田のうどんを手作りなさるとは、なかなかですね!w
塩をたくさん入れるのがポイントなのだとか…。
ご近所ですから、ぜひ息子さんたちとおいでください。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.10.11 21:11

演奏会 無事(?)終えられたようで何よりです(^_^)
お疲れ様でした!

他の演奏会も行きたいです〜(仕事と野球〜!!!)

やはり生は違いますよ!
バンドも合奏も合唱、太鼓も。
野球だって!
生にはかないません。
子供達にも
いいものをたくさん経験してほしい!

私が触れてきた音楽の素晴らしさに気づいてくれたら…

そしたら幸せだなぁ♪
(ま、バンドばかりなんですが)

投稿: さお | 2010.10.12 14:12

さおさん、こんばんは。
そう、生ですよねえ。
スポーツももちろんです!
私のウチなんかも、ほとんど親の趣味の押しつけです。
プロレス生観戦とか(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.10.12 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/49698283

この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラ・オン・ピリオド・トウキョウ&東京クラシカルシンガーズ第10回演奏会:

« ショーン・レノン 『イントゥ・ザ・サン』 | トップページ | 千葉市美術館開館15周年記念 『世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展とチェコの人形劇』 »