« 目覚めよ! | トップページ | 外川真里亜&大曲翔リサイタル »

2010.10.31

ランペのAIR

Rampesiegbert2 ばらく音楽ネタが続きますよ。
 昨日の八ヶ岳に続き、今日は東京でバッハなどを演奏。3日のコンサートの最終練習でした。
 今回私は、この前生徒も弾いたパッヘルベルのカノン(&ジーグ)と、有名なG線上のアリアの原曲が入っているバッハの管弦楽組曲3番を弾きます。
 もちろん古楽器ですから、それなりのそれらしい解釈となっています。両曲とも、いわゆる名曲集のCDに収められているような演奏に比べると、ずいぶんと違う味わいになっていると思います(たとえばテンポが速いとか)。
 特に管弦楽組曲は、トランペットとティンパニの入っていない「初期稿」を使って演奏します。ただし、2本のオーボエをトランペットの代わりに入れるというオリジナル(独自)なアレンジも施してありますから、ある意味では世界初演ということになるでしょう。
 ランペによる初期型の管弦楽組曲の録音については、以前こちらで紹介しました。なかなか刺激的ないい演奏でした。
 ちょうど今回一緒に演奏するヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の方が、団体のホームページでより詳しくこのアルバムを紹介していますので、そちらもぜひお読み下さい(こちら)。
 そのランペ指揮ノヴァ・ストラヴァガンツァの演奏の中でも、けっこうインパクトが強いのが「AIR」です。そう、G線上のアリアの原曲ですね。
 この曲はあまりに有名な曲ですけど、その前半と後半のそれぞれの繰り返しにおいて、ランペはかなり派手で過激な装飾…いや装飾を超えて編曲…いや編曲を超えて作曲を行なっています。
 当時の習慣としてそういうことも当然ありだと思いますけれど、ただやたらにやればいいというものでもなく、当然センスが問われるわけですね。バッハにケンカ売るようなものですから(笑)。
 あっそうそう、今日ちょうど坂本龍一さんの「schola 音楽の学校」の再放送で、「バッハ〜通奏低音」の回をやってたんですよね。
 まさにこのAIRの通奏低音の上に子どもたちが自由にメロディーを作るというワークショップをやっていました。なかなか面白い試みです。ポップス風あり、沖縄風あり、ロック風あり。
 それと全く同じ発想で、いや他のパートはそのままだから、ちょっと違うかもしれませんね、でも基本同じように別の「アリア(歌)」を作ってしまったのが、このランペの録音です。
 それがですねえ、けっこうセンスいいんですよねえ。私もいろいろ考えたことがありましたけれど、これはしてやられたという感じでした。う〜む、そう来たか。そこまでやったか。
 というわけで、今日はそれを聴いていただきましょう。

ランペのAIR

 ピッチもかなり低いのでハ長調に聞こえますね。それこそG線上のアリアのようです(あれはハ長調に編曲されています)。
 前半後半とも1回目は楽譜通りの演奏です。繰り返しのあと、1stヴァイオリンはかなり自由に動いていますね。ジャズも顔負けの自由度です。ま、バロック音楽は、いわゆるクラシック音楽よりもジャズに近いのですが。
 ちなみに今回の我々の演奏はいたってオーソドックスに、繰り返し後も基本楽譜通り弾きますよ。1stヴァイオリン二人ですし、それぞれが即興やったらさすがに大変なことになるでしょう。
 ん?そう言えば、ヴィオラは私一人だな。ということは、本番何やってもいいってことでしょうか?
 さあ、それは本番のお楽しみということで。ぜひご来場ください。

Amazon J.S.Bach The Early Overture


|

« 目覚めよ! | トップページ | 外川真里亜&大曲翔リサイタル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/49902767

この記事へのトラックバック一覧です: ランペのAIR:

« 目覚めよ! | トップページ | 外川真里亜&大曲翔リサイタル »