« 主のために歌え!(カンターテ・ドミノ) | トップページ | 『めぐみ』 大森英敏監督作品 »

2010.07.19

野球と音楽と…

20_19_32_26 やあ今日は暑かったですねえ。気温も高かったけれども、試合の方も実に熱い戦いでした。
 我が校(高校)の野球部が甲子園を目指す県大会3回戦で、Aシードの優勝候補校に快勝いたしました。7対1。実にいい内容の試合でした。
 今日は我が校(中学)の生徒も初めての高校野球応援。あの40度はあろうかという球場の中で、声を嗄らして頑張りました。立派。一人も倒れたりすることなく、高校生以上にしっかり応援できました。
 こうして本学園の一員になっていくのでしょうね。そういう意味で、スポーツの応援というのはいいものです。一体感ですね。
 昨年の夏はまさかの初戦敗退。関東大会でベスト4に入ったチームだったのに、ご近所の伝統校に不覚をとりました。まあ、高校生のやっているスポーツですからね、何が起きてもおかしくありません。
 今年のチームも春の大会ではエラーで自滅して初戦敗退。なんとなくいやなムードもあったのですが、さすが夏までにそのあたりの反省にのっとって仕上げてきました。
 今年の山梨県は例年になく実力が拮抗している学校が多くあります。まあ突出した学校がないとも言えましょうか。ですから、総合力にまさる本校としては、大事に大事に戦っていけば、念願の…ということもありえます。
 しかし、先ほども書いたように、あくまで高校生のスポーツですから、何が起きるか全くわかりませんね。ただ、楽しみであるのはたしかです。
 静岡の方でも、私の出身校が優勝候補の最右翼に挙げられているとのこと。甲子園で私にとっての二つの母校が対戦するというのも、ありえない話ではないのかもしれません。
 こう見えてもけっこう本格的な野球少年だった私は、自分の果たせなかった夢を教え子に託すことができる仕事に就けて、本当に幸運ですね。今、中学の方にも一人硬式野球をやっている子がいます。彼もピッチャーです。そう、私、こう見えても実はピッチャーだったんですよ(笑)。
 今日は炎天下の甲府から帰ってきまして、夜は歌謡曲バンドの練習をしました。富士山では夜はちょっぴり寒いほどに冷え込みます。冷房なんてありませんが、しっかり窓をしめきってバンドの練習をしました。それでも別に暑くないんですから、まったくぜいたくな話ですね。
 野球と音楽。まさに小学校高学年から中学校にかけて出会ったものたち。今でも私の人生に大きな意味を持っています。だからこそ、生徒たちの出会いや夢を大切に育ててあげたいですね。
 そういえば、今日バンドで練習したフジファブリックの志村正彦くんも、「ちっちゃな野球少年」だったんですよね。そして、中学時代、コニファーで奥田民生さんの音楽と出会い、そしてミュージシャンに…。
 やっぱり中学時代の出会いは大切ですね。もう少ししたら、私の教え子の中学生にも、志村くんの音楽や詩を紹介したいと思います。まだ1年生には難しいかな。

不二草紙に戻る

|

« 主のために歌え!(カンターテ・ドミノ) | トップページ | 『めぐみ』 大森英敏監督作品 »

スポーツ」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。

優勝候補のあの高校に対しての快勝。すばらしいかったです。(すいません。ニュースで知った程度ですが)

ちょうどその日、涼みに吉田へクルマを走らせたのですが、その途中御坂の若宮交差点にて、曲がってくる富士急バスの列を見て、どこだろうな~と見ていたら、御校の表示が。。。しかもその横に
『勝つために小瀬に行く』(多分これ以外にも何か書かれていましたが、読み取れませんでした)
気合入っていていいですね。

私がいた高校は強くなかったため、応援する機会が少なく、小瀬か緑ヶ丘(当時)しか行けなかったので、羨ましい限りです。

次は郡内同士の戦いになってしまいますが、ぜひ勝ち進んでいくことを祈っています。

投稿: tapy | 2010.07.20 21:50

tapyさん、こんにちは。
すっかりお返事が遅くなってしまいました。
結局決勝で負けてしまいましたが、感動の毎日でした。
純粋な汗は素晴らしいですね。
自分を省みて本当に恥ずかしくなりましたよ。
今後も応援よろしくお願いします。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.07.29 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/48926018

この記事へのトラックバック一覧です: 野球と音楽と…:

« 主のために歌え!(カンターテ・ドミノ) | トップページ | 『めぐみ』 大森英敏監督作品 »