« 茜色の富士(夏編その2) | トップページ | 全日本プロレス 富士急ハイランド大会 »

2010.06.25

祝!(呪?)日本決勝トーナメント進出!

2010062500000010maipsoccview000 やぁ、盛り上がりましたねえ、ワールドカップ。ちょいと遅ればせながらお祝いいたしましょう。実に見事な勝利でありました。
 前評判はずいぶんと悪かった今回の日本代表。期待していなかった分、驚きと感動はひとしおであります。
 この前、カメルーンに勝利した時には、祝?呪?ワールドカップ日本勝利なんていう失礼な(自虐的な?)記事を書きましたが、まあある意味あそこに書いた通りになりましたかね。オランダに負けて、しかし最後は「はやぶさ」ばりの大和魂を発揮して決勝トーナメント進出と。
 こうなるとトーナメントでも奇跡の快進撃!となりそうな予感もしますが、「はやぶさ」は無事帰還したはいいけれど、結局これも私の予言どおり、岩石のサンプルはなしというオチになりそうですから、ここから先はあんまり「はやぶさ」にあやからない方がいいのかも。
 いやいや、「はやぶさ」にも最後の大逆転があるかもしれませんから、まあ両方とも期待しないで期待していましょう。それがコツのようです。
 ところで、サッカーってホント面白いですね。何がって、ああやって世界中の大の大人たちが、みんなボールを足で蹴って相手のゴールに叩き込もうと必死になるんですから。
 そう、サッカーの起源から言いますと、あのボールは「呪いのシャレコウベ」ですよね。あるいは「呪いの首級」。とにかく忌まわしい「頭」を相手の村に叩き込んでいやがらせしようというのが、サッカーの基本的な性格です。あんまり忌まわしいから、手で持ちたくない。だからああして足蹴にするんですよ。
 と、これはある種まゆつばのサッカー起源説ですが、実は決して笑い話ではすまされない部分もあるんですよ。今日はその辺の欧州闇歴史的事情については割愛いたしますが、いちおうそういう説に則ってワールドカップを観るとですね、これはまた面白いのです(ま、そんな観方してる人いないか)。
 ものすごく忌まわしいものですから、さっさと敵に渡してしまいたいのではないかという気もします。しかし、相手に渡してしまうと自分の村の方まで持ってこられて、それで蹴り込まれてしまう可能性が出てきます。あんな「悪魔の頭」を頂戴したら、村が滅んでしまいます。ワールドカップの場合「国」が滅んでしまう。7個も頂戴した北朝鮮なんか滅亡寸前ですよ(笑)。
 それで、いやいやながらもパスしたり、ドリブルしたりして「キープ」するんですね。それで最後にドカンと蹴り込む。つまり肉を切らせて骨を断つわけです。
2010062600000027spnsoccview000 相手チームは当然「村」、いや「国」を守ろうとします。その最後の守護神がゴールキーパーです。村の入り口、たぶん城門かなんかでしょうかね、その前で仁王立ちして最後に自らの「村(国)」を死守するのです。そう、まさに死守。なぜなら、キーパーはその呪いの頭蓋骨、あるいは呪いの表情をした「みしるし」を、「手」でキャッチする、あるいは跳ね返さなければならないのですから。命懸けですよ。
 ね、そう考えると実に面白いでしょ?これは冗談でもネタでもなく、実は本質的なお話なのです。言い方は悪いけれども、サッカーはものすごく野蛮なスポーツでもあるのです。だからこそ盛り上がる。国の命運を賭けて戦う、相手の国を呪いの力で滅亡させようとするわけですから、そりゃあ盛り上がりますよ。
 ちなみに、サッカーのシュートは「相手のゴール」に入れますが、バスケットボールのシュートは「自分のゴール」に入れるんですよね。バスケットボールは、バナナとかヤシの実を自分の陣地にある高い木の上の「籠」にキープするものですから。食べ物の奪い合いです。
 そう考えると、サッカーのオウンゴールっていうのは、ホント悲惨というか、実に忌まわしい行為、非国民的、国賊的行為ということになりますね。自殺点とか言いますけど、はっきり言って他殺ですよ。それも親族殺人。ま、正確には業務上過失致死ですが。
 話が物騒になってきましたので、現実に戻します。でも、そういうふうにサッカー、特にワールドカップを観ると、「人間のおかしみ」「人間のいやらしさ」が感じられて、それはそれで面白いということになります。ん?ってことは、勝ち進む国ほど「性格が悪い」ということになるのか?ww 北朝鮮は実は良心的な国家ということですか?ww
 決勝トーナメントでは、ぜひ一瞬でいいから、そういう気持ちになりきって観戦してみてください。また違った人間の歴史や本質を発見できることでしょう。選手のみならず応援団やマスコミまで、違った景色として見えてくるに違いありません。
 がんばれ!ニッポン!? シャレコウベがこっちを向いて揺れながらやってくる、そんなホンダのシュートに期待しましょう(笑)。

不二草紙に戻る
 

|

« 茜色の富士(夏編その2) | トップページ | 全日本プロレス 富士急ハイランド大会 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

庵主のおっしゃる通り、各国国民のサッカー戦の熱狂には、私達の遺伝子の記録の中に潜んでいる、戦に因む情報が想起されているように感じております。
ボールを、「呪いのみしるし」とまでは思いませんでしたが、成程ですね。

投稿: む い | 2010.06.26 11:03

むいさん、こんばんは。
サッカーはスポーツの中でもいろいろいわく付きで楽しいですね。
スポーツは全体に宗教的な儀式や呪術から生まれたものが多いようです。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.06.28 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/48722480

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!(呪?)日本決勝トーナメント進出!:

« 茜色の富士(夏編その2) | トップページ | 全日本プロレス 富士急ハイランド大会 »