« 祝?呪?ワールドカップ日本勝利 | トップページ | 『憚りながら』 後藤忠政(忠叡) (宝島社) »

2010.06.16

茜色の富士(夏編)

Gedc0224

 ジフジ富士Qまで、あと1ヶ月ほどとなりました。参加アーティストの皆さん、スタッフの皆さん、準備は順調でしょうか。おそらく梅雨明け前だと思いますから、あとは天候のことを祈るだけですね。
 今日は梅雨の晴れ間、こちら富士北麓地方もたいへん暑くなりました。しかし、この季節独特の木々の生命感はまた格別なものがあります。本格的な夏へ向けて必死に水を吸って、そして貴重な日光を一生懸命浴びています。
 今日はそんな富士吉田を、フジファブリックのメンバーが訪ねてくれました。まさにフジフジ富士Qの主役である彼らは、本番を1ヶ月前に控えて、きっと木々や山々から、そしてなんといって富士山から、でっかいパワーをもらったことでしょう。もちろん、志村くんからも…。
 本当に今日は、彼らを歓迎するかのように、この季節としては珍しく富士山が見えていたんですよね。空梅雨ならまだしも、普通の梅雨空が続く年ですと、地元の私たちでも、なかなか富士山を拝めません。
 なんとなく富士山を見ずに過ごす1ヶ月の間に、実は富士山自身は大きな変化をしているものなのです。つまり、梅雨時の雨は、富士山にとっては「雪」と「雨」のちょうど境目にあたりまして、雪が降れば、この前のように再び雪化粧しますし、雨が降れば、その雪がものすごい勢いで解けることになります。
 百人一首の「田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」、いやいやそのオリジナル・ヴァージョンである万葉集山部赤人の「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける」とは、この季節の感慨を歌ったものです。「つつ」じゃあダメダメですよねえ。気づき・発見・驚嘆の「けり」じゃないと。誰だ改作したのは!
 …と、そうした冬と夏のせめぎ合いの中で、富士山は人々を迎える「夏仕様」に変わっていくのです。
 梅雨明けして突然、山肌をあらわにした富士山に「驚く」というのが、地元民のパターンなのです。梅雨入り前はあんなに雪があったのに、もうほとんどないじゃん!夏だなあ…と。
 ですから、今日のようにその途中経過を見ることは、実は地元民でもそうそうないんですよね。今日みたいな日は特別。こういう雪加減の富士山を見ることはあんまりありません。
 そういう意味でも、今日来てくれたメンバーやスタッフの皆さんはラッキーでしたよ。きっと志村くんの粋な計らいなのでしょう。
 夕方、そんな富士山に夕陽がさしまして、微妙に残った雪が茜色に染まっていました。写真ではうまく表現できないとは思いましたが、中学校のいつもの窓からデジカメで撮ってみました。どうでしょうか。少しはその美しい茜色が伝わるでしょうか。
Gedc0228
 冬に「茜色の富士」と題した記事を書きましたが、どちらかというと「茜色」というのは、今日の雪の色に近いのではないかとも思います。
 富士山の写真は、快晴のもと撮影されたものや、芸術的な雲がかかっているようなものが多いのですが、私はこのように何気ない雲がかかっている普段着の富士山が大好きでして、そういう写真集なんか出ないかなと思っているくらいなんです。出回っているものは、ほとんどがヨソユキの富士山だもので。
 いずれにせよ、こうして志村くんが見て育った風景、そして微妙な色合い、空気というものを、メンバーはじめいろいろな方々に感じていただけるのは、私としてもうれしいことです。
 さあ、7月17日、こういう普段着の富士山が見られるといいですね。カンカンに晴れてもライヴはきついでしょうし、雨が降るとめちゃ寒いですし、非常に難しいんですよ、山の天気は。
 ところで、この日、全国から、おそらく1万7千人くらいの方々が富士吉田にやってくるものと思われます。そして、当然皆さん、志村くんの生まれ育った街を散策することでしょう。それは実にありがたいことです。
 しかし、本当に私のような者が言うのはおこがましく、また差し出がましいのですが、はっきり申して富士吉田市側には、そんな、人口の3分の1にあたるようなお客様を迎える体制も心積もりも全くありませんので、いろいろ心配なことがあります。
 それこそ差し出がましいとは思いますが、主催者や富士急行、そして市に、いちおう私の方からもいろいろと対策や準備をお願いしているところです。
 ファンの方々には、せっかく全国から来ていただいているので、当然この街を楽しんでいただきたいのですが、ぜひとも良識ある行動をとっていただきたいと思います。特に志村くんのご家族にご迷惑がかかるようなことはないようにしていただきたいし、私自身もそうしたいと思います。
 みうらうどんとか大丈夫かなあ。今のみうらうどんって志村くんのおススメしていたのとは違うお店(関係はありますが)だし、他にもた〜くさん吉田のうどんのお店はあるので、うまく分散していただけることを祈ります。
 いちファンとして、いち富士吉田関係者として、そしていち個人として、ここに書かせていただきます。

PS ちなみに、その日の午前中は我が中学校のオープンスクールがありまして、これは誰でも自由に出入り可能ですから、月江寺周辺にいらした際にはぜひお寄りくださいませ。なんて、ずうずうしく宣伝しちゃったりして(笑)。

富士学苑中学校公式

不二草紙に戻る

|

« 祝?呪?ワールドカップ日本勝利 | トップページ | 『憚りながら』 後藤忠政(忠叡) (宝島社) »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

先生、こんにちは。

昨日と今日はほんとにきれいな青空でしたね。
こちらからはあいにく富士山見えませんでしたが。
それはやはり志村君の仕業だと思いますよ^^

当日の富士吉田周辺を想像しますと・・・
大変ですね。。

どうぞ無理のない程度で良いのでがんばってください。
オープンスクールも!

陰ながら応援しております。

投稿: おちび | 2010.06.17 20:06

おちびさん、コメントありがとうございました。
フジQは楽しみな反面、地元民としていらぬ心配をしてしまうのでした。
というか、あまりに地元に認知されていないことに驚きます。
少しでも彼とファンと地元のためになればと思うのですが…。
ま、なんとかなるか!
まずは自分の仕事をちゃんとやります(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.06.18 17:28

初めまして!

志村さんをきっかけにこちらのブログを知り、
時々拝見してます。
いつも素敵な富士山を紹介してくださり、ありがとうございます。

4/29、東京の奥田民生さんのライブに行ける事になり、夜行バスで京都から東京へ行きました。
ライブまで時間があったので、6:30に新宿に着いてから、中央線に飛び乗って富士吉田へ行きました。

下吉田駅に着いたとたん雨が降り出したので、
志村さんのイタズラかと思いました(笑)

生憎の雨だったので、いつもの丘へはタクシーで登りました。
フジQの日は、人があふれそうだからと事前に行ったわけですが、富士山が見れなかった事にがっかりな気分で、
雨に濡れながら丘をおりました。

駅からタクシーで丘に登ったので道が全く分からず、
生まれも育ちも碁盤の目の京都なので、
雨のなか一人で道に迷ってしまいました。

まったく人が歩いてなかったので途方に暮れてたところ、小学生の女の子二人組が、雨のなか下吉田駅まで連れて行ってくれました。

月江寺へ移動して、
志村さんが遊んだ池や市民会館(改装中)を見た後、
みうらうどん目指して下吉田方面に歩いて行きました。
が、またまた道に迷う始末です。。。

途中、道を尋ねたおじさんは、
「京都から一人で来たの?
おじさんも、去年奥さんと京都行ってね・・・
銀行の用事済ますのちょっと待ってくれたら送って行くよ。」
と言ってくださり、さすがに厚かましいので断りましたが、志村さんが育った街には親切な方がいっぱいで、
いい思い出になりました。

どうしてもいつもの丘から富士山を見たいので、
フジQの日に行くと思います。

でも、とても素朴な温かい街なので、迷惑にならないように観光します。

訳の分からない長いコメ失礼しました。
これからも、写真楽しみにしてます。

投稿: しのぶ | 2010.06.18 20:41

しのぶさん、コメントありがとうございます。
そして、ようこそ富士吉田へ。
遠いところ本当にありがとうございます。
月江寺の池の端にあった中学校にお気づきになりましたでしょうか。
あそこが私のアジトです(笑)。
実は富士吉田という街、これほどたくさんの方に訪れていただくのは初めてだと思います。
なんとも複雑な気持ちにもなりますが、やはりありがたいことですね。
富士吉田の人たちも、もっと志村くんのことを知って、そして彼を誇りに思ってもらいたいものです。
あまりに知られていないので…。
微力ながらできることをやっていきたいと思っています。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.06.18 21:44

フジQ…遠くから成功を祈念して居ります。
私は、参戦できなくなりました。
実は、先生に是非ご相談したい事がありますが、ご多忙と存じます、お時間の許す時に、ご連絡戴けたら幸いです。


繰り返しになりますが、富士吉田のイベント成功を祈念しております。

投稿: はなえつ | 2010.06.20 23:00

はなえつさん、こんばんは。
参戦できなくなってしまったのですか。
それは残念!
のちほどご連絡差し上げます。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.06.21 18:12

ご無沙汰しております。
フジQが近づくにつれて先生も色々と忙しくなってきているのではないでしょうか?
富士吉田市観光のことはもっと周知が必要かもしれませんね。事務所も含め・・・
でも、志村くんの故郷を見たい気持ちもわかりますし。
混乱は避けたいですね。
フジQの時は、暑くなるのか、雨が降るのか・・・持ち物に困りますsweat01

また富士山に出迎えてもらいたいです!

投稿: パッチ | 2010.06.23 18:49

パッチさん、こんにちは。
フジQより以前にイベントがメジロ押しのワタクシで、けっこうパニックしています(笑)。
というか、当日午前中にも大きなイベントがあるんだった!
はたしてライヴまで体力が持つか。
ちなみに晴れても夕方以降は「寒い」です。
ぜったい防寒着を持ってきてください!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.06.24 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/48651366

この記事へのトラックバック一覧です: 茜色の富士(夏編):

« 祝?呪?ワールドカップ日本勝利 | トップページ | 『憚りながら』 後藤忠政(忠叡) (宝島社) »