« ブログ終了のお知らせ | トップページ | マタイ受難曲 by 初音ミク »

2010.04.02

新しい席から見る富士(ブログ再開?)

Uni_3877

 日は4月1日、エイプリルフールでした。それにちなんだ私の記事に、皆さん、見事に空気を読んで、感動的なコメントをありがとうございました(というか、ごめんなさい)。
 とりあえず今日、席はそのままでしたので、あっちはウソではなかったようです。しかし、そのくらいでひるんだり、めげたりするほど私はヤワではありませんし、だいいち私からこのブログを取ってしまったら、正直何も残りませんよ。立場が変ろうと、私の信念は変りません!今までどおり「本当のコト」と「大切なモノ」と「魅力的なヒト」について書き続けます。
 だから、「お疲れさま」なんて言わないでくださいよ〜(笑)。
 上の写真は、タイトルどおり、新しい私の席から見える富士山です。数日前に撮影したものです。どうです?本当に素晴らしいでしょう。観音様の背中越しにこの富士山ですからねえ…。
 いつかも書きましたとおり、この富士山は、フジファブリックの志村正彦くんがいつも見ていた富士山そのものです。このあたりが、名曲『陽炎』の「あの街並」ですし、ここのすぐ裏に、少年正彦が英雄気取りした「路地裏」があり、飛び出した「家」がありましたし、そう「駄菓子屋」もありましたし、「隣のノッポ」の家もありました。
 そして、この富士は、太宰治の「富嶽百景」のあの名文に登場する「月夜富士」そのものです。たしかに、月夜にはポッカリ浮かびます。富士吉田においでの際には、ぜひこの「月夜富士」も見ていただきたい。もしかすると最も美しい富士山かもしれません。きっと志村くんもこの「月夜富士」を何度となく見たことでしょう。
 また、これも何度が書きましたが、この場所は太宰の「律子と貞子」の舞台そのものです。その旅館の跡地ですから。
 本当に不思議な不思議な縁のある場所です。
 下の写真は3階の教室からの風景です。いつか、茜色の富士を撮った部屋です。

Uni_3866_2

 ものすごい贅沢ですよねえ。私なんか、生徒だったらつい見とれてよそ見ばかりしてしまいますよ。こういう人知を超えたモノがそばにあるというのは、人間にとって実に幸せなことです。こういう所で育つと、ああいうヒトが育つんですよね。ああいう音楽が生まれるんです。そして、ああいう文学も生まれるのです。そしてそして、こういうブログも(?)。
 ちなみに世の中は「春」本番という感じで、桜も満開なんていうニュースが聞こえてきますが、こちら富士北麓はいまだつぼみすらありません。冬景色のままです。本格的な春までには、まだ半月から1ヶ月ありますから、これから春を満喫したい方は、こちらにぜひおいでください。
 私もこの素晴らしい環境で、さらに理想を求めて頑張って行きます。そして、今まで以上に突撃力を発揮し、自分の夢も実現していきたいと考えています。もちろんこのブログもより一層頑張りますよ。
 最後にもう一度、昨日は失礼致しました。あれ?エイプリルフールってウソついていいんですよねえ?
 いよいよ、私のウソも太宰並みになってきたのか!?ww

不二草紙に戻る

|

« ブログ終了のお知らせ | トップページ | マタイ受難曲 by 初音ミク »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

あ。
やっぱり(爆)セコンドさんの言う通り(笑)

すごい贅沢ですよ!!!庵主さんも志村くんも贅沢だわ。

富士吉田に住みたいですー。でも秋田のほうが現実的かも。

これからもよろしくお願いしますね!

投稿: タラ | 2010.04.02 22:48

キャアー!!

騙されましたよ!見事にヽ(*≧ε≦*)φ

いやいや、嘘で良かった!

見事ですね~

こんな場所から富士山を見た事ないですよ。
ただ、中学校が高台にあって、富士山の頭だけは見えたので、毎日ベランダから眺めてたのを思い出しました。

この夏に、間近で富士山を見るのが楽しみです( ^ω^ )

投稿: ごまハナ | 2010.04.02 23:07

見事に騙されました…(笑)
しかし…凄いなぁ。富士山。
凄く羨ましい風景です。
私の地元から見える、高千穂の峰も素晴らしいですけど、やっぱり、富士山は人の心を魅了するheart01が宿ってますね。
正に、コノハナノサクヤ姫=志村くん。なのでしょうね富士山って一見男性性かな?なんて思いますが、女性性のしなやかさに外見的美しさを身にまとってるような感じがしますconfident
富士山の心を内観してみますheart01

投稿: 里沙 | 2010.04.02 23:31

嘘でよかったfuji

投稿: ナス | 2010.04.02 23:35

うわーんよかった・・・

エイプリルフールだからこそのブログタイトルだろうと思って前記事をクリックしたらあの内容だったので・・・
一日なんとなく寂しく過ごしたところです。あーよかった。

それにしても、こんなに大きく見えるんですね。驚きました。

これからも、楽しみに読ませていただきます!ありがとうございます!

投稿: さとだもん | 2010.04.02 23:59

ムッキーーーーーー!!ヾ(`Д'*)ノannoy

コメント書き終えてから、
あれ?もしやこっちが嘘なのでは!?、いやいや全部嘘なのかも!?と
一瞬頭をよぎったんですけど....やっぱりね。

ではでは、教頭先生。これからものぞきに来ますからね。

投稿: rollo | 2010.04.03 00:06

庵主悪戯が過ぎたようですな?

次もし本当に断筆する時は信じてもらえないだろうね(笑)

しかし皆さまからの想いは有難いことですねcatface

投稿: 庵主セコンド | 2010.04.03 00:21

ヤラレタsign03

そうじゃん、ハッタリ人生sign03
エイプリルフール活用しないわけないよねー。

アタシウソ付いてないや。。そこまでやられると損した気分。


また遊びに行きます。
で、サトミチに
しゃーくれてsign03って言われること楽しみにしてます。

投稿: カオル | 2010.04.03 03:50

きゃははははは~~~~!
見事騙されてしまいました~!
昨夜はガッカリしてしまいましたよぉ。
朝型のワタクシですのでコメントは
明朝(今です)にしようと思ったら・・・(^◇^)
ただ、チラリともしや・・・とよぎったんですが
あまりにも現実に即していたので
アーーーー、してやられました~!!
でもよかったです!
これからも楽しみにしています☆

投稿: kirari | 2010.04.03 06:51

kirariさん、すみません。
1日づけの記事のコメントに書いたような、ある意味情けない事情もありまして…このような復活劇となってしまいました。
いちおう、十数時間終了の上、再開ということで。
ウソはいけませんな。
また修行に励みます、ハイ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.04.03 15:52

また騙された…(笑)
山口先生が3人目です((T_T))
信じやすい性格なので騙されやすいのです。
もっと疑い深くならなければ!
でもブログ閉鎖が嘘で良かったです。


富士山キレイですね☆
本物を見たことがないのでフジフジ富士Qが楽しみでなりません。
早めに行って富士吉田市を探索しながら沢山の写真を撮りたいなぁと思っています。
志村くんの気配を感じながら。

今、M-ON!のフジファブリック特集を観ています。
知らなかったメンバーの色んな顔が観れて楽しいです。


では、これからもブログ楽しみにしていますね♪

投稿: サオリ | 2010.04.03 19:41

庵主様、完全にダマされました。
もう、昨晩は後先考えられず。なんか、いろいろと怖くて(笑)読み返さない方がいいんじゃないか?!と思っています。もうスッパダカですよ。
でも本当にね、『百日紅』の世界観を、夢枕さんがズバリ言い当てていて。その一節、そのまま、先生だなって思ってたんです。
で、書いちゃいました。

富士山、きれいですね。この景色を、井伏さんと見たのかな。
志村さんと先生も見てるんですね。嬉しいです。文章にして届けて下さって。1日で泣いたり笑ったり忙しい。
散れば咲き~の精神で、先生、また書きまくって下さい。
アディオスは、この際、先送りで!

投稿: 千帆 | 2010.04.03 21:18

完全に騙されました!!
でもよかった〜。
これからも読ませて頂きますね。

私もいつも思っていました。
志村君は毎日毎日あんなに壮大な景色を見て育ったから、こんな素晴らしい楽曲が作れるんだろうな・・・と。

生まれ育った環境ってとても大事だと思います。

それにしても・・・ダマされた!!

投稿: sakura | 2010.04.03 21:37

………………………………………………………………しどい”(ノ><)ノ


ひど過ぎる………( ̄○ ̄;)annoyannoyannoy

投稿: ノリ | 2010.04.03 23:21

皆さん、ホントすみません。
このブログを本当にやめる時は、たぶん「アディオス!」とか言わないと思います(笑)。
書き続けることによって罪滅ぼししますね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.04.04 11:12

出遅れましたが・・・
ブログやっぱり終了じゃなかったんですね!!!
信じて(疑って!?)待った甲斐がありました!
これからも楽しみにしております☆

それにしてもこの景色!
こんな絶景を見ながらお仕事されてるなんて、本当にうらやましいです。
わたしも田舎出身(山口先生の奥様と同じです!)なんですが、ここまでのスケールはなかなか。。。
やっぱ富士にはかないませんな。

7月17日、こんな素晴らしい景色でライブが見られるんですね。
実はコニファーは私にとって初の野外フェス参戦(第1回のsummer sonicだったかと)でした。
どんな風景だったかすっかり忘れてしまいましたが・・・
ライブがますます楽しみになりました!

またコメントさせていただきます☆

投稿: まりー | 2010.04.04 19:44

庵主殿、時折り拜見しておりましたが、久しぶりにコメを、と思ったら終了‥‥と思ったら^^‥‥重責の御職へのご就任、おめでとうございます。

かつて、尾崎真奈美女史の著書への記事にお邪魔いたした者です^^。あの時は、愚生はHPもブログも持っていませんでしたが、暮らし向きの下降^^とともにネットに鬱を散じるようになり、開設してグチ八百を並べています。
‘形だけ就労の振りをしてきた’内実=引きこもりと自覚していますが、ますますその感深し。そして昨年は年収6割減、蔵書放出に至りました。スサマジい落下感? とともに解放感も感じていまして‥‥‥DAC(D/Aコンバーター)の基板キットを2台作りました^^。

では、また読み続けさせていただきます m(^_^)m。

投稿: へうたむ | 2010.04.05 02:44

へうたむさん、お久しぶりです!
ブログ軽く拝見しましたが、うむ、男の世界、なんとなく懐かしさを覚えました。
DACって世直しだと思いますよ。
どんどんアナログに戻してやって下さい(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.04.05 20:32

まりーさん、コメントありがとうございました。
疑ってくれて正解でしたね(笑)。
ま、私なんていつもこんなもんです。
生徒に、「またウソ言ってる」って言われてばかり。
まりーさん、秋田ですか!?
秋田はいいですよねえ。
ゴールデンウィークに行く予定で〜す。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.04.05 20:45

いつも遅れてすいません…!

先生のような方が教頭とはかなしいです。
教師って地位が上がっていけばいくほど、生徒との関わりが無くなっているように思います。一中学生としての意見ですが!
私は先生、大人が大嫌いな複雑な中学生ですが(笑)、この前までただの先生だった人が急に教頭になったりするもんなんですね。
通う中学がマンモス校故、うじゃうじゃいる生徒のことなんか必死になって見てる先生も居ないだろうとひねくれてしまいますが、先生はしっかり見てやってください。

生意気&失礼なことをすいませんでした!

投稿: ふゆ | 2010.04.09 20:16

ふゆさん、こんにちは!
いやいや、大丈夫ですよ。
たった25人の学校ですから。
だいたい、私もセンセイや大人よりも子どもの方が好きですから(笑)。
毎日毎時間教室にいます。
うざいくらいじゃないでしょうか(笑)。
生の中学生の貴重な言葉を、これからも聞かせて下さい!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.04.10 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/47977737

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい席から見る富士(ブログ再開?):

« ブログ終了のお知らせ | トップページ | マタイ受難曲 by 初音ミク »