« 『Onaraはずかしくないよ』(テレビ東京 ピラメキーノ) | トップページ | 「自然」は「不自然」? »

2010.01.08

ラバーカップ(スッポン)

21uosil1xl_sl500_aa280_ チのカミさんが、スッポン初体験とな。
 おいおい、こんな生活必需品を今まで使ったことないってどういうこと?…と思ったら、そっか、ボットン便所で育ったから、たしかにこいつは必要ないな(笑)。
 昨日に続いて下のネタですみません。
 ウチの2階のトイレ、猫のトイレに占領されて人間様は使えない状態が続いていました。そして、お猫様の汚物やら猫砂などを流していたら、いつのまにか詰まっちゃったんですよね。
 それでカミサンが、庭に(!?)隠し置いておいたスッポンを持ってきまして、スッポンとやったわけです。それが初めての体験であったというわけです。
 私は使ったことありますよ。ウチのトイレも何回か詰まってます。1階のトイレです。人間様の汚物で詰まったのです。ちなみに私は一日一食ですから、そんな大仰な汚物は排出しません。娘たちもまだ幼いので、そんな、トイレを詰まらすようなポテンシャルはありません。というわけで、犯人は…ナイショです(笑)。
 で、いきなりカミサンが2階のトイレのスッポンをやろうとしているので、もちろん指導しました。まず、大きなゴミ袋をかぶせること。これはいわゆる「はねっかえり」や「とびちり」を被らないためです。これ基本ですよね。
 そして、スッポンを当てる位置や角度、そしてスッポンの速度やタイミングです。こればかりは体験しないと分からない。あの感覚ですね。最大の圧力を発揮するための「ため」みたいな感覚。力にまかせるのではなく、技というかコツというかね。
 で、何回かやってみて、ようやくゴゴーッと、たまった水が吸い込まれていきました。あの瞬間の爽快感はなにものにも代え難いですよね。
 胸のつかえが取れるといいましょうか、溜飲を下げるといいましょうか、最高の感覚であります。
 このスッポン、正式名称は「ラバーカップ」と言います。ゴムのカップということで、そのまんまでありますが、和製英語ですので外人さんには通じません。
 外人さんといえども人間様ですから、我々と同じようにトイレを詰まらすこともあるでしょう。というか、日本人より詰まらせそうな気がする(笑)。ですから、当然同様な用具はあると思います。で、調べてみたら、英語では「plunger」というそうです。
 そうそう、あのスッポンって、和式様式問わず使えるっていうところがすごいですよね。あらゆる詰まりを解消できるわけです。
 人生に行き詰まったら、やっばりコレですかね。これを頭に突っ立てて歩けば、何かが変るでしょう(笑)。
 いや、冗談抜きで、子どもや老人が食べ物か何かを喉に詰まらせたら、これで口と鼻を押さえて、スッポンスッポンすれば、間違いなく解消されますよ。いやいや、肺が破裂しちゃうか…。
 いずれにせよ、我々の生活を陰で支えていながら、本名をほとんど知られていないこの健気で律義な働き者のことを、時々思い出して、そしてその功を労ってやりたいですね。

Amazon トイレつまりとり

不二草紙に戻る
 

|

« 『Onaraはずかしくないよ』(テレビ東京 ピラメキーノ) | トップページ | 「自然」は「不自然」? »

もの」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

前略    薀恥庵御亭主  様

「運子」罰×

「うんこ」関連でしたので・・・
「コメント」させてください。笑

汚正月×
御正月に老人が喉(のど)に「餅」
を詰まらせたとき・・・
咄嗟に「掃除機」で吸い取ったとの
こと・・・
まさに「発送」× 「発想の転換」
ですね。

私も・・・ 時々喉に「詰まります」。
愚僧の時も使い込んだ「ラバーカップ」
よりも  「掃除機」が良いです。笑

運呼おじさん          排

投稿: 合唱おじさん | 2010.01.10 09:03

合唱おじさん様、いつもありがとうございます。
そうでしたね、掃除機で吸い取るのが正しい。
スッポンでやったら、もっと押し込んじゃいますね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.01.12 17:09

前略    薀恥庵御亭主   様

ふと・・・思い出しました。笑

わが寺も「ぽっとん便所」でした。

「おふくろ」が肥(しもごえ)として

撒いていました。

とっても臭かったけど楽しかった。

自分が出したウンチが中性化して・・・

肥料となって「食べ物」(野菜)となって

自分の体の一部として戻ってくる。

究極の「こえ」× 「エコ」ですね。

小学生より前だったか・・・

「ぽっとん便所」に「おとし紙」を

入れた時・・・「風」のいたずらで

自分の尻にふれたとき・・・

「うぎゃぁぁぁぁぁぁ」と

叫んだ自分をさっき思い出しました。笑

馬糞紙おじさん        槽々       


投稿: 合唱おじさん | 2010.01.16 20:27

合唱おじさん様、おはようございます。
いい話ですねえ。
というか、家内はまったく同じ体験をしているようです。
それにしても、なんとも今の「エコ」は「コエ」の反対を行っていますね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.01.18 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/47244256

この記事へのトラックバック一覧です: ラバーカップ(スッポン):

« 『Onaraはずかしくないよ』(テレビ東京 ピラメキーノ) | トップページ | 「自然」は「不自然」? »