« 『メイド・イン・ジャパンの命運』 (NHKスペシャル) | トップページ | なんすかこれ!? »

2010.01.28

iPad 登場

Ipad_hero_20100127 ワサされていたiPadが発表されました。はたしてこれは売れるのでしょうか。
 結論から言えば、世界的にはかなり売れるでしょう。そして世界の主流となっていくことは間違いありません。
 我々としては、ノートパソコン(MacBook)とケータイ(iPhone)の中間態を手に入れることになります。今までなんとなく「こんなのあればいいな」と思っていた脳ミソの空間に絶妙に収まり得る製品だと思います。
 ただ、先に言っておきますけども、日本人にとってはこれは少し大きすぎると思います。箱庭文化、すなわち、なんでも極小化し、操作性よりもその小ささ自体を愛でる文化を持つ日本人には、かなり大ぶりなシロモノであるとも言えます。
 電子書籍で考えても、日本のような「文庫本」が最も愛されるという特殊な状況の中においては、新刊書より大きいこのB5判くらいの大きさの「書籍」を、たとえば電車の中で広げる(?)のには、ちょっと抵抗があるのではないでしょうか。
 かと言って、家のパソコンとして使うには小さすぎるし、OSの問題もある。一方でケータイ代わりには使えない(使ってる情景を思い浮かべると面白いですね)。すなわち、ちゃんと「帯に短したすきに長し」なわけで、結果として我々は、今までのパソコンもモバイルフォンも捨てるわけにいかないわけです。
 もちろん、それこそがAppleの狙いなわけですね。今後、クラウド・コンピューティングがどんどん拡がり、いわゆるパソコンというものは絶滅していく運命にあるわけでして、そんな中、「受信機」としてのディバイス、つまり端末をどう作って行くかが、これからのメーカーの仕事になるのです。
 昨日の記事にも関連して、これからの日本の「モノづくり」が心配になります。おそらく家電もコンピュータ化、クラウド化が進むと思いますから、さあそうなると、今度は「機能」よりも「質感」「操作感」の「モノづくり」になると思うんですね。
 そのへん、Appleはうまいんですよ。アメリカとは思えない(笑)。MacもiPodもiPhoneも、とにかく操作感が楽しい。便利とか分かりやすいとかいう以前に「快感」なんですよね。あと素材やデザインの「質感」。このあたりは、本当は日本が得意としていた「職人文化」だと思うんですが。ガンバレ、ニッポン!
 まあ、いずれにせよ、このiPadはクラウド・コンピューティング端末の先駆けになるでしょう。表立ってはそういう言い方はしていませんが、未来的に見るとそういう第一歩であると感じます。
 個人的には、まあ買わないかなあ…。でも、学校教育の中で何か使えないかな、というのはありますね。もうそろそろ黒板文化というのもどうかと思いますので。うん、案外教育市場あるかもですね。
 あと、やっぱり「親指シフト」利用者としては、キーボードの問題ですね。ソフトウェア・キーボードに関しては、どなたかがいち早く開発してくれそうですけど。やはりそれが解決されないと導入には踏み切れませんね、私としては。
 あと単純に、何に使うかですね。使い道がよく分かりません(笑)。どこでどういう状況で何に使うのか。
 実は、ただ触ってみたいだけなんです。人が使ってるのを見てうらやましく思い、なんとなく買っちゃう。大人のおもちゃとして。そして、触っているうちに使い道が分かってくる。これがいつものApple流ですね。うまいなあ…。
 それから、持ち歩くことを考えると、やっぱり「落下」が恐いなあ。そんな意味も含めて、iPad周辺アクセサリー市場が活性化しそうですね。
 まあ、今後の動きに注目いたしましょう。

iPad公式

不二草紙に戻る
 

|

« 『メイド・イン・ジャパンの命運』 (NHKスペシャル) | トップページ | なんすかこれ!? »

もの」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

iPhoneユーザーです。実は…あんまりアップル社については、詳しくなく…(汗)しかも仕事柄、iPhoneを購入したという、実に…初心者同様の私です(笑)
専ら、iPhoneは仕事用の通話&iPod代わりに使用することが多く、教える立場が上手く使いこなせていないというのが現状でして…(汗)
ただ、最近はびっくり!することに、今春中学生になるお子様とか、年配の女性の方もiPhoneを購入するという、現状でございます。
夏には、女性をターゲットにした売り場展開もしました☆
iPhoneやiPodはやはり、幅広い年齢層にうけるんですよね~。アップル社や機能については、あまり詳しくなくですが…(汗)現場の現状だけは任せて下さい(笑)

投稿: 里沙 | 2010.01.29 09:47

里沙さん、どうもです。
ある意味専門家でいらっしゃるわけですね(笑)。
たしかに老若男女に全てに訴えかける魅力があると思いますよ。
もしかすると、iPadもソフトバンク扱いになるかもですので、よろしく。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.01.30 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/47418048

この記事へのトラックバック一覧です: iPad 登場:

» Re: 1月28日(木)のつぶやき (@丹後ちまきのtweet)他1件 [親指シフトウォッチ]
iPadでも親指シフト?http://blog.goo.ne.jp/tchimaki/e/4bbbc2f648c7d4826cebba67ebb20e6fiPadのソフトキーボード、日本語には親指シフトも搭載して欲しい!!iPad 登場 (@不二草紙 本日のおススメ)http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2010/01/ipad-3ee7.htmlあと、やっぱ... [続きを読む]

受信: 2010.01.29 20:24

« 『メイド・イン・ジャパンの命運』 (NHKスペシャル) | トップページ | なんすかこれ!? »