« 『CSR入門−「企業の社会的責任」とは何か』 岡本享二 (日本経済新聞社) | トップページ | 天龍・太宰・ジャズ・バスケ… »

2009.12.22

NPC24H武蔵境南口パーキング

Img_0171 新が遅れました。東京にいました。本来なら後楽園ホールでプロレス(SUPER J-CUP)を観戦しているはずなのですが、よりよって中央道が大渋滞。なんでなんだ!?
 結局間に合わなくて orz でした。
 しかたないので(?)ヒマそうな教え子たちに連絡をとって飲み会に予定変更(笑)。結局、天皇誕生日イヴは夜中まで騒いでしまいました。美人たち(?)と一緒に南部美人を飲みすぎました。いかんいかん。しかし、あんきも美味かったなあ。
 で、今回もそうでしたが、最近東京に車で行く時によく使う駐車場(コインパーキング)がここです。ここで車中泊することも多い。今回もそのパターンでした。
 ここのいいところは、まず安いこと。24時間800円です。それも、続く24時間も800円で済むので、丸々二日置いても1600円。入庫後24時間経過すると、普通料金になる駐車場が多い中で、これはありがたい料金体系です。
 そして、JRの駅に近いこと。武蔵境駅まで歩いて5分くらいです。中央道の調布インターからも20分くらいですし、その道も渋滞することがないのでストレスがたまりません。
 さらに、近くに大きなイトーヨーカドーがあったり、コンビニがあったりしますので、いろいろな物資を調達したり、あるいはおトイレを借りたりするのにも便利です。まあそこそこ飲み屋さんもありますし(笑)。
 それから、駐車場自体が広いというのもいいですね。44台停められます。だいたい5割程度の入りなので、停められないということはない。そして、いわゆる平地自走式(フリップではなくゲート)というやつですから、駐車場内で移動できます。これって案外重要なんですよ。特に車中泊する時。
 車中泊の一番のポイントは駐車場内の駐車場所なんですよ。安眠のための場所とり。これにはいろいろコツがありますが、特に重要なのは照明との位置関係です。まぶしいと寝られませんから。で、案外いいのは、照明のすぐ下なんですね。灯台下暗し、です。
 で、今回みたいな冬の車中泊には、当然布団を持っていきます。それも全部一式。掛け布団だけなんてセコいことをすると、必ず後悔します。重要なのは敷き布団(あるいはそれに代わるもの)なんです。
 もともと私はうつぶせ寝派なので、ああいうシートの形状や材質ではかなり苦しいことになります。カミさんや娘たちみたいに、どこでもどういう体勢でも熟睡できればいいのですが、私は案外デリケートなのでそのへんはちゃんとしないとダメ。
 あと、これ最近気づいたんですけど、寝る方向ですね、これって、常識的に、フロントの方に足があって、後部に頭が行く向きで寝るのが普通だと思うじゃないですか。でも、私は反対なんですよ。頭が前。うつぶせ寝にはその方がずっといい。これは自分でも意外でした。なんとなく座った状態からリクライニングして、そのまま寝るという常識に縛られていたようです。
 ちなみに冬場の車中泊なんて寒くて大変だろうと思うでしょう。ところが、実は車中泊は、装備さえしっかりしていれば、冬が一番快適なんですよ。その他の季節は暑いことが多く、これはもう最悪です。一晩中エアコンつけてるわけにもいきませんからね。
 特に東京あたりの寒さなんて、富士山に比べればなんでもありませんからね。自宅の寝室の方がずっと寒い。
 というわけで、この駐車場に「富士山ナンバー」が停まっていたら中を覗いて見てください。私が泊まっているかもしれません。いやいや、冗談です。絶対に覗かないでください。

不二草紙に戻る

|

« 『CSR入門−「企業の社会的責任」とは何か』 岡本享二 (日本経済新聞社) | トップページ | 天龍・太宰・ジャズ・バスケ… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/47099987

この記事へのトラックバック一覧です: NPC24H武蔵境南口パーキング:

« 『CSR入門−「企業の社会的責任」とは何か』 岡本享二 (日本経済新聞社) | トップページ | 天龍・太宰・ジャズ・バスケ… »