« 『大人の科学 二眼レフ』で初撮影 | トップページ | 『しるこサンド』 (松永製菓) »

2009.11.14

ジレット フュージョン 5+1(Gillette Fusion 5+1)

20091115_91254_2 悩を満喫したのちには剃髪です。先ほど剃りました。
 私は1週間に1回、土曜日か日曜日の入浴時に頭を剃ります。ツルツルのスキンヘッドになります。
 これからの季節は寒いんですよねえ。寝る時は帽子をかぶって寝ます。1ミリでも毛が伸びてくると全然違うんですよね。あたたかくなる。毛ってすごく大切ですね。いろんな意味で頭を守る役割を果たしているんですよね。剃ってみて分かった毛のありがたみ。失って分かる大切なもの…。
 そう、今日はそういう話も含めて盛り上がったのでした。若者たちに出会いと別れはつきものですからね。
 今日は久しぶりの完全休養日。夜は卒業生と飲み会。素晴らしいリフレッシュになりました。夕方4時からボウリングをして、6時から飲み始め、丸々6時間。最初は4人で飲み始めたのに、最後はなぜか9人になりました。なぜかカミさんやら知らない人もいるし(笑)。
 酒が入れば、まあみんな煩悩爆発しますからね。それが楽しいし、日常のストレスを発散するのには、こういう宴というのもとっても大切だと思いますよ。
Img_0107_3 で、宴の後に剃髪です。日常に還る儀式…いや、どっちが日常でどっちが非日常か分かりませんな。普通の人にとっては、剃髪なんかとんでもなく非日常でしょうからね。
 さて、その剃髪の道具ですけれど、去年シッククアトロを使っていると記事に書きました。しかし、あのあと、クアトロの仕様変更があったようでして、刃の間隔が狭くなったんでしょうか、目詰まりするようになったんです。ひげ剃りと違って剃髪は毛の量が多いですからね、とにかく詰まっちゃうとどうにもならない。
 そこで、教え子のリアルお坊さんたち(何人かいるんですよ)に聞いたところ、最近ではこれが一番いいと。こちらは5枚刃です。さっそく買って使ってみると、たしかにいい。
 なんと言っても肌に優しくてかみそり負けしません。5枚刃ですから、深剃りできるのは当たり前。以前は5日に一回くらい剃らないとちょっとだらしない感じだったのですが、今は週一回ですんでいます。
 刃の持ちもいいので、案外安上がりです。私はちょっとケチって3ヶ月くらい使っちゃいます。3ヶ月で250円くらいですから助かります。
 +1というのは、裏側についているピンポイントトリマーのことです。これも重宝しています。最初は使い方というか角度がよく分からなかったのですが、慣れると耳の上のあたりの裾部分を剃ったり、口のすぐ横のヒゲを剃るのに便利ですね。
 そして、やっぱり一番の長所は目詰まりしにくいということでしょう。というか、どうしても目詰まりはしますが、それを取り除くのが楽なんですね。刃の間隔が比較的広いのです。
 ちなみに今までゾリゾリ剃りまくって出血したのは一度きりです。つい最近なんですが、角度を誤ったんでしょうかね、頭頂部の表皮を5枚下ろししてしまいました(痛)。自分では見えない場所だったのでただヒリヒリ痛かっただけなんですけど、他人から見るととんでもなくグロテスクな状況になっていたようです。1週間ですぐに治りましたけどね。今後は気をつけます。
 というわけで、このブログの読者で剃髪する方はほとんどいらっしゃらないと思いますので、普通のひげ剃りの記事だと思って読んでいただければと思います。当然、ひげ剃りとしてももちろん超優良品です。
 ま、それでもやっぱり女性には関係ないお話でしたね。

Amazon ジレットフュージョンホルダー ジレットフュージョン替刃

不二草紙に戻る

|

« 『大人の科学 二眼レフ』で初撮影 | トップページ | 『しるこサンド』 (松永製菓) »

もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/46766694

この記事へのトラックバック一覧です: ジレット フュージョン 5+1(Gillette Fusion 5+1):

« 『大人の科学 二眼レフ』で初撮影 | トップページ | 『しるこサンド』 (松永製菓) »