« 二つの道 | トップページ | 悪魔のヴァイオリン…レイチェル・バートン・パイン »

2009.10.22

フジファブリックデビュー5周年ツアー GoGoGoGoGoooood!!!!! (@新宿厚生年金会館)

20091023_65303 しい、忙しいと言いながら、仕事の合間をぬってフジファブリックのメジャーデビュー5周年記念のライヴに行ってきました。いや、忙しいからこそこういう時間が大切なんです!
 今回は知り合いの方からチケットを譲り受けたのですが、なななんとその席は最前列なのでありました!なんという有難いお話でしょうか。
 まあ、とにかく心から感動いたしました。素晴らしかった。マニアックなセットリストに泣きました。志村くんも「今日はマニアックなセットリスト。心の中で盛り上がってください」みたいなこと言ってましたね。まさにじっくり聴かせていただきました。そして、目の前のメンバーたちをじっくり観察(笑)。かなり冷静に観賞させていただきました。
 そのマニアックな曲目をどうぞ。mixiからコピペさせていただきます。

桜の季節
桜並木、二つの傘
陽炎
NAGISAにて
Sugar!!

雨のマーチ
午前3時
追ってけ 追ってけ
サボテンレコード
Anthem
茜色の夕日
ムーンライト
Sunny Morning
DOKI DOKI(PUFFY)
Laid Back
Merry-Go-Round
TEENAGER

En
Sufer King
銀河

 むむむ、これはいいですねえ。このまま裏ベストアルバムにしてもいいのでは。私のツボにもはまりまくってました。曲順も全体の構成もよく、いろいろな楽しみ方ができたクオリティーの高いライヴでした。ものすごい満足感。
 演奏もいつものように厳しく拝聴いたしましたが(すんません、仕事柄?そうなる傾向が…)、ほぼ完璧。志村くんのはまあご愛嬌ということで。特に今回は金澤くんのすぐ近くでしたから、彼の演奏を手元までしっかり見させていただきました。彼はただ単に上手とか下手とか、そういうのを超えた味のあるキーボーディストですねえ。なかなかいませんよ。
 今回はとにかく5周年ということでして、メンバーもそれぞれの曲にそれぞれの思い入れをこめ、そして、思い出をいとおしむように演奏していましたね。それがお客さんにも伝わって、まるで厚生年金会館で行なわれている演歌のコンサートのような空気が漂っていました。私はそれが実に心地よかった。
 盛り上がって暴れても楽しいバンドですが、こうやってじっくりしんみり聴いてもいいバンドですね。やはり、それは彼らの音楽性と文学性によるものだと思います。私もそこにハマっているわけです。
 この前、『LOVE LOVE LOVE』のところで書いたように、私が特別に彼らにシンパシーを感じるのには、ビートルズなどに始まる一つの音楽的流れというのがありますし、そして、なんと言っても昭和ノスタルジーのエキス満載なここ富士吉田の空気の共有というのがあります。
 そうそう、昭和ノスタルジーと言えば、昨年、市民会館ライヴが行われ、フジファンにとって一つの聖地となった感のある富士五湖文化センターが、ついに老朽化などを理由に大改装工事を施されます。いろいろゴチャゴチャもめていてはっきりしない面もあるんですが、とにかく往時の面影を残さないほどにリニューアルされるようです。
 そうすると、本当に昨年の5月、フジファブリックにとっては、というか、志村君にとっては、昔ながらのあのホールで伝説のライヴをやれて良かったですねえ。1年遅かったら夢が叶わなかったわけですから。
 今もうあの市民会館エリアは工事のため立ち入り禁止になっています。
 それから、もう一つ、これはまさにタイムリーな個人ネタになってしまいますけれど、今とりかかっている来年開校の中学校ですね、この校舎が建ちつつあるところは、志村くんにとってもかなり思い入れのある場所だと思います。今度正月にでもこちらに帰ってきた時、あのプチゴージャスな建物が、池の向かいにドーンと建っているのを見たら、きっとある種のショックを受けるでしょうね。
 来春からはそこが私の居場所になりそうなわけですが、こうなったらですね、どうせですから、ちょっとした権限(?)を使ってですね、志村くんに特別なお願いをしてみようかと思っているんです。彼ならきっと理解してくれると思うんだけどなあ…実現したら最高だなあ…。ちょっと動いてみます。
 まあ、とにかくいろんな思いの巡る味わい深いライヴでしたね。つくづくいいバンドだなあと思いました。こうしていろいろな時代の曲を聴きますと、ヴァラエティー豊富な、幅の広い、そして奥の深いバンドだなあと改めて感じ入りますね。
 MCであと何年やる?みたいな話になりまして、山内くんは「2年」とか言ってましたね。5年+2年=7年。ビートルズが7年半くらいでしたね。そういう密度の仕事もあると思います。加藤くんは「20年」と言ってました。25年かあ。サザンは30年を超え、ローリング・ストーンズは45年を超えた?(よく分からんくらい長い)。そういう仕事の仕方もあります。ちなみにデビュー25年と言うと、同じく富士吉田が生んだ英雄プロレスラー武藤敬司さんだな。彼もここのお寺の檀家だし。
 いずれにせよ、私は彼らをずっと応援し続けたいと思います。ん?25年後って、オレ70歳じゃん!…笑。

ps 来年富士急(コニファーかな?)でやるんですってね!あそこもまた志村くんの原点ですよね!やった〜!みんなで行くぞ〜!

不二草紙に戻る
 

|

« 二つの道 | トップページ | 悪魔のヴァイオリン…レイチェル・バートン・パイン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

誘ってくださいよ!!!!!!!!

投稿: shihori | 2009.10.23 11:26

shihoriよ、ゴメンな。
今回は男と行っちゃったよ(笑)。
また今度。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.10.23 17:12

庵主さん、こんにちはぁnote

す、すてき過ぎです。セトリだけで白飯食べます。
順にiPod入れて浸ります!てか持ってない曲が;
間違いなく、1曲目から号泣してたと想われます笑。

えーー富士急、ゼッタイ行きたいなぁ。

『フジfuji急ファブリック旋律迷宮』みたいに、
タイトル遊んでほしいですねっ(あんまりイケてないかcoldsweats01

愛唱歌推進プロジェクト、隠密大胆に頑張ってください!

実現しますよ!きっと!(根拠のない強気)

投稿: くぅた | 2009.10.25 10:51

くぅたさん、おはようございます!
このたびは、というか、いつもありがとうございます。
本当に素晴らしい体験をさせていただきました。
富士急はウチがご招待いたします!
極秘プロジェクト頑張ります。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.10.26 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/46559176

この記事へのトラックバック一覧です: フジファブリックデビュー5周年ツアー GoGoGoGoGoooood!!!!! (@新宿厚生年金会館) :

« 二つの道 | トップページ | 悪魔のヴァイオリン…レイチェル・バートン・パイン »