« 「アゲる」or「アガる」? | トップページ | 再春館… »

2009.09.30

美人時計

 日の「アゲアゲ系」な女性の話に対しまして、けっこうこっちは落ち着いてるんじゃないでしょうかね。比較的地味な感じです。いや、男性諸氏としては「アガる」時計なのかもしれません。心静かに燃える…いや萌える。好みの女性が出てくると密かに仕事のやる気がアガるとかね(笑)。
 もう半年くらい前から評判だったこの時計。今回初めてiGoogleに導入してみました。
 いやいや、これで男を上げようというわけではありませよ。実は知り合いの女の子がこの時計モデルとして撮影されたと言ってきたので、じゃあ見てやろうと。
 で、その担当時間(?)というのが、ちょっと微妙な時刻でして、いちおう頑張って見ていたんですが、全然違う女の子が出てきました。ボツになったのかな。それともだまされたのか。いや、実際のところ、かなり多くのヴァージョンがあるようなので、いつかふと現れるんでしょう。
 うん、これってたしかにいいアイデアですね。「1440枚の美女達!!あなたは1分間の恋をする」。
 昨日書くのを忘れましたけど、人間が心からアゲアゲになるのは、実は「恋愛」と「宗教」と「戦争」しかありません。ご存知でしたか?
 今、たしかにそれらが不足してるんですよ。もちろん「戦争」が不足することは悪いことではありませんし、やたらな「宗教」が流行らないのもまあいいことです。しかし、なんで「恋愛」が不足してるんでしょうかね。
 やっぱり、ヒトという種が増えすぎて生殖のエネルギーが減退してるんでしょうかね。たぶん、そうなんでしょう。
 昨日も書いたとおり、とにかく受け身で刹那的なんですよ、アゲアゲが。私の得意の言い方ですと、つまり、「いとをかし」=「超萌え」的な感情ばかりで、熱しやすく冷めやすい。不本意や不随意である「もののあはれ」なんて感じることはあんまりありません。我慢したり、待ったり、長い目で見たり、自ら切り拓いたりするのが苦手。
 リアルな「恋愛」ってものすごく辛いものじゃないですか。特に「片思い」とか「物思い」の時期は。それが今ほとんどないんですよ。高校生見ててても、ホントそう感じます。すぐに結果を求める。で、ダメなら次みたいな。
 それ以前に、リアル恋愛ができない女の子が非常に増えています。男より女の方がそういう傾向が強いって感じがするな。女がそんな具合だから男があきらめてる雰囲気がある。今の学校には、私の高校時代のような、ああいう甘酸っぱくほろ苦い雰囲気はほとんどありませんよ。
 女子はある意味みんな腐女子化しています。狭義の腐女子、すなわちBL的方向に逃げてしまう女の子もかなりいますし、広義の腐女子、ジャニヲタみたいなミーハーな仮想世界萌え方向に行っちゃうギャルも多い。
 一方で、リアルな男関係を好むやつらは、ある意味肉食系でして、それはそれで「恋愛」と言えるものなのか、ちょっと微妙です。ま、それは昔からある世界ですけど。
 で、男ですけど、さっき書いたように、ちょっと諦めちゃってる部分もあります。しかし、男は今も昔も実はとってもセンチメンタルな存在なので、リアル恋愛願望はちゃんとあるんですよね。でも、それをあまりおおっぴらにしちゃうと、リアル恋愛嫌いな女子に引かれてしまう。だから、しかたない、ひそかに恋愛するしかないわけです。
 それって、例えば私みたいな既婚者には、昔からあったことです。結婚すると、恋愛はルール違反ということになりますから。場合によっては万死に値する場合もあるので(笑)、これは慎重にことを運ばねばならない。そういうオジサマ方にも、この「美人時計」は有用でありましょう。
 いちおう「時計」という「まじめな」機能を持っていますから、身近に携帯したり設置したりしても、なんとなく許されるような気がします。単なる美少女写真集がデスクの上にあるのとは意味が違います(違わないか…笑)。
 好みの女性が出てくるまで、ずっと見つめていると、これはたしかに仕事にならないでしょう。でも、たぶん男たちはそんな使い方はせず、ふと見た刹那の偶然の出会いを期待しているんでしょうね。そして、1分後の別れ…(実際は何分間か同じ女性が続きますが)。
 私の「もののあはれ」論に時間論は欠かせません。時間こそが最も不随意な「モノ」であり、また、無常を生み出す根源的存在です。そしてまた、具体的な生活の中で、最も多くのモノ性を帯びた事象が「恋愛」であります。その両者をうまく組み合わせ、我々人間にとっての「刹那」の意味、その充実とはかなさを表現したこの「美人時計」は、なかなかの傑作であると思います。
 ああそうそう、これは女子にとっても無用なものではないようです。都会のリアルクローズの勉強になるとか。なるほどね。
 今後、「美少年」とか「美猫」とか、そういう「萌え」対象への展開が予想されますかね。世界版もいいでしょうし、もう少しエロスを強調したものとか、それこそ「アゲアゲ」なギャル系とか、いくらでも細分化できるでしょう。しかし、あくまで、それらにおける登場人物(猫)は、モデルとかではなくて、日常的なシロウトさんがいいでしょう。その方がよりリアルだからです。

美人時計公式

不二草紙に戻る

|

« 「アゲる」or「アガる」? | トップページ | 再春館… »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モノ・コト論」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/46355954

この記事へのトラックバック一覧です: 美人時計:

« 「アゲる」or「アガる」? | トップページ | 再春館… »