« 『間違いだらけの教育論』 諏訪哲二 (光文社新書) | トップページ | さまざまなスポーツ(?)に思う。 »

2009.09.26

『大吟醸 北秋田』 (北鹿)

20090927_83927 日は教え子にして職場の後輩である人の結婚披露宴に呼ばれまして、大いに呑んで騒いできました。先日、戦極を一緒に観戦したお二人の結婚式です。おめでとうございます。
 すなわち、新婦は国語の先生、新郎はレスリング関係者であります。これは盛り上がらないわけにはいかない。レスリングの日本チャンピオンの方も何人かいらっしゃいましたからね。
 披露宴後半には、なぜか呼ばれてもいないウチのカミさんも乱入しまして、そのまま、二次会、三次会へ。さすが体育会系の二人のお友達の面々、非常にパワフルであります。飲みっぷり歌いっぷりも豪快。
 そんな中、私がずっと一升瓶を抱えて飲んでいたのが、このお酒です。
 新郎新婦が、「大吟醸が飲みたい」という私のわがままなリクエストに応えてわざわざ用意してくれたとのこと。ありがたや。
 で、私が抱えているこの酒瓶を見たカミさんがですね、「うわっ、北秋田じゃん!」と叫んだんですよ。いや、単純に「秋田」だからではありません。もっとマニアックな意味が込められた叫びだったのです。
 えっと、説明するのが面倒くさいと言えば面倒くさいのですが、書けというので書きますか。
 そうそう、今日の全日本プロレス横浜大会で、プロレス復帰を果たした船木誠勝選手が、鈴木みのる選手に反則勝ちしましたね。彼は本当にプロレスに帰ってきてから活き活きしています。いや、予想以上にいいプロレスしてると思いますよ。花がある選手ですからねえ。なんか空白の期間がもったいなかったような…。
 さあ、その船木選手がですね、格闘技復帰を果たした2007年の大晦日、そうあの桜庭和志戦ですね、その時の煽りVで、桜庭選手が抱えて飲んでいたのが、この「北秋田」だった(と言う)のです。そんなの全然覚えてないし、だいたいそこまで覚えてるファンというのもそんなにいないでしょう。さすがカミさんの腐女子力。
 桜庭選手と言えばもちろんアマチュア・レスリングの出身です。秋田商業から中央大学へ、そしてUWFでプロレスラーとなりました。そんなわけで、今日はいろいろとレスリングまみれの一日でして、私とカミさんはゴキゲンだったのでした。
 いやあ、本当にいろいろ面白い話も聞けましたよ。今プロレスで活躍しているいろんな選手についての話も聞けました。なにしろ、そういう選手の先輩や後輩や同輩がたくさんいるわけですからね。裏話も面白すぎました。
 逆にある人をつかまえて、「君は花があるから絶対プロレスラーになるべきだ!」とか言ってその気にさせたりして、まったくずうずうしい夫婦であります。
 あっそうだ、お酒の紹介だった。この「北秋田」ですが、おそらく日本一安い大吟醸酒の一つでしょう。ものすごくリーズナブルです。しかし、味もしっかり大吟醸ですからご安心を。派手さはありませんが、とにかく上品でさわやかな味わいです。披露宴の洋風な食事にもなぜかピッタリ合いました。もともと、フルーティーで「ライス・ワイン」という感じですねしね。たぶん、今日も私は1升近く飲んだんじゃないかな。
 というわけで、とってもとっても楽しい時間を過ごしました。あらためまして、お二人さんおめでとう!そして、これからもレッスルなおつきあいをよろしくお願いします。

【激安の大吟醸!】 北秋田 大吟醸 1800ml

清酒北鹿

不二草紙に戻る

|

« 『間違いだらけの教育論』 諏訪哲二 (光文社新書) | トップページ | さまざまなスポーツ(?)に思う。 »

スポーツ」カテゴリの記事

ドリンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/46323708

この記事へのトラックバック一覧です: 『大吟醸 北秋田』 (北鹿):

« 『間違いだらけの教育論』 諏訪哲二 (光文社新書) | トップページ | さまざまなスポーツ(?)に思う。 »