« 激震…静岡県沖地震 | トップページ | 朝霧高原にて流星観測…実は地震観測!? »

2009.08.12

信じられません!

 日は早朝の激震(静岡県沖地震)に驚かされました。
 しかし、ある意味それよりびっくりしたことがありました。これはどうしても全世界にさらしたいので、書かせて下さい。世も末です。
 あとで正式に先方と対応しますが、まずはこういう信じられないことがあるということを、皆さんにお知らせしたいと思います。
 こちらの記事の冒頭に書いたように、子どもたちが楽しみにしていたキャンプが、新型インフルエンザのために急きょ中止になりました。あの時は、「元気があればハプニング!(byアントニオ猪木)」とか言って、子どもたちを励まして何とか乗り切りました。
 その後、差出人の書いてない謎の封書が来ました(その時点で?ですな)。開けてみましたら、その主催者からの中止の報告文でした。まあ、それはいいでしょう。ただ、その中で、「返金しますが、いろいろカネがかかったので1万円は差し引かせてもらいます」みたいなことが書いてあったんですよ。
 ちゃんと会計報告もないまま、1万円いただきますというのはさすがにどうかと思って、電話しようかと思ったのですが、なにしろ、「ゲノムの旅123」が控えていまして、結局放置してしまいました。
0339_2 そして、昨日、今度はちゃんと差出人の書かれたぶ厚い封筒が届きました。ずいぶんとぶ厚いので、それなりに会計報告やら返金の手続の書類なんかが入ってるのかなと思いました。
 で、さっそくその封筒を開けてみてびっくり!…というか、さすがに開いた口が塞がらなくなりました。こんなことが現代の世の中で起きるとは思っていなかったので。地震は可能性がありますけど、これに関してはその可能性すら想定していませんでした。
 な、な、なんと、そのぶ厚い封書には「現金」が入っていたのです!!
 郵便受けに入っていたのですから、もちろん普通郵便です。普通郵便に「7万6000円の現金」が入っていたのです。
 こ、これって、郵便法違反でしょ!?思いっきり、法に触れますよね。
 で、封筒の口を開けた結果開いた私の口も開けたまま(?)、私は同封されていた書類を読んで、もう体中の穴という穴が開いて塞がらなくなる感覚に襲われました(笑)。
 そこには、前回の通知ののちクレームがついた、よって全額返金することにした、実際にはこれだけカネがかかっている(ただし、その報告は杜撰すぎるほど杜撰)というようなことが書いてあり、そして、最後に「なお、申し訳ありませんが時間の都合上、一部の方は封書で送らせていただくことをお許しください…文責 ○○大学教授 K村K平(ドラキュラ)」とあるではないですか!!
 いや、ちゃんと全額返ってきたし、それ以前にキャンプの中止自体は仕方ない(中止の連絡が当日になったのは問題がありますが)。しかし、しかしですね、現金(それも大金ですよね…少額ならいいというわけでもありませんけど)を普通郵便で堂々と送りつける、そのあまりのお馬鹿さに、私は驚愕したんですよ。
 そして、そして、そのお馬鹿が、「国立大学の教授」であるということ、さらにその教授は教育人間科学部に所属し、教育の専門家として活動しているということ、それがどうしても許せません。ドラキュラじゃないでしょ!!!(ドラキュラというのは彼のニックネームです)。
 このキャンプ自体はもう数十回も行われていて実績もあり、評判もよいものです。ウチの上の娘も昨年初めて参加し、非常に素晴らしい体験をさせていただきました。そして、同行する大学生たちも「教育」学ぶ上で大変貴重な体験をしているものと思われます。
 そこは認めますし、ご苦労もお察し申し上げますが、しかし、だからこそ、だからこそ、こういうお馬鹿なことはしてほしくなかったのです。
 教育者が、教育の現場で、平気で法に触れることをする。それも、教育者を目指す学生にその作業をさせている。そして、ウチの子どもたちは、普通郵便に大金が入っているのを実際に目で見ているわけです。それは、どんな事情があろうと、百歩譲っても、いや一万歩譲っても、「教育」とは正反対の状況だと思います。
 言葉を選ばずストレートに言えば、これは犯罪です。郵便法第17条にはこうあります。

 現金又は郵便約款の定める貴金属、宝石その他の貴重品を郵便物として差し出すときは、書留の郵便物としなければならない。

 これに違反した場合、罰則はありません。しかし、法律違反であることはたしかです。そして、当然本来の補償はありません。もし、この封筒がどこかで盗まれたらどうするのでしょう。夏休みですから、長期間家を留守にするお宅もあるでしょう。あるいは、私がずるい心を起こして、「一人分(3万8000円)しか入っていませんでした」と言ったらどうでしょう。
 どうして、振り込みとか為替とか、そういう方法を思いつかないのでしょうか。それ以前に、中止になった際の対策は立ててあったのでしょうか。私もいちおう教育現場の人間ですから、そういう点には非常に気を遣います。もちろん、会計や文書の内容には最も留意します。こういう時代ですからね。
 私はクレーマーにもなりたくないし、モンスター・ペアレントにもなりたくありません。しかし、同じ教育者として、さすがにこれは許せません。許せないと同時に、いろいろな意味で非常に心配です。
 こうなってみて、キャンプ自体が中止になって良かったとすら思えます。もし、なにか事故や天災でもあったら、どうなっていたんでしょう。あまりに杜撰です。彼らは、今まで何十回も無事故だったことを誇りにしているようですが、だからといって、今後不慮の事態が起きないとは言えません。当たり前です。
 いろいろな意味で猛省を促したいと思います。こうして、先方に直接申し上げる前に、こういう媒体に書いてしまうことに、それこそ常識がないと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こういうお馬鹿な大人が我々の上に立って税金で禄を食んでいるという意味では、こういう仕打ちを受けて当然だと、私は思います。ま、本名は明かしていませんし、一般的な問題だとしてとらえてください。

不二草紙に戻る

|

« 激震…静岡県沖地震 | トップページ | 朝霧高原にて流星観測…実は地震観測!? »

教育」カテゴリの記事

コメント

どーもです。
すごい話しですね。
ホントすごーい。
それしか言葉出ない。
給食費を払わない親とかどーなっちゃってるの?とか思ってましたが、さらに、いい大人が現金を普通郵便なんてsign03
アタシには考え付かないですよ。
一般人のアタシはビビってやらないですけどねー。

今日もまた、税金払うの嫌になりましたbleah
だって高いんだもん。

アタシも公務員なりたいな、けどなれないな。

投稿: カオル | 2009.08.14 02:52

カヲルもそう思うだろ?
オレのそんな勇気ないよ。
立場が立場だしねえ。
とにかく驚いたね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.08.14 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/45912942

この記事へのトラックバック一覧です: 信じられません!:

« 激震…静岡県沖地震 | トップページ | 朝霧高原にて流星観測…実は地震観測!? »