« 『忘れないで、わたしたちの戦争~中居正広が聞く戦場の声』 (NHK) | トップページ | 第24回 都留音楽祭1日目 »

2009.08.15

ジャンボ鶴田のお墓参り&大菩薩の湯

 盆の中日にして終戦の日。
 私の静岡の実家では新暦盆。7月にお盆は終わっています。いつもなら秋田でお盆を過ごしますので、こちらに書いたような、不思議なお盆を体験します。
 もともとお盆は旧暦の7月15日を中心に行われていました。明治になって太陽暦が導入され、いろいろと混乱が生じまして、カレンダーどおり新暦の7月15日に行なおうか、旧暦の7月15日に行なおうか、それとも月遅れで新暦の8月15日に行なおうか、ずいぶんもめたみたいですね。
 で、静岡や東京は数字を重視して(?)新暦7月にやってしまいます。江戸時代までの習慣を大切にするほとんどの日本人は、最初旧暦7月にやろうとしたみたいですね。季節感や月齢なども重要な要素ですからね。しかし、それを新暦にしますと、毎年日付が変わってしまう。
 そう、今年は旧暦盆は新暦9月3日になっちゃうんですよね。月遅れどころではありません。ま、そんな不便もあったり、あとどうしても旧暦だと農繁期にあたることが多い。山梨なんか、ぶどうや桃などの収穫期にあたる可能性が高いので、不都合が多いんですよね。だからでしょうか、全国でもいち早く明治6年に「旧暦盆の廃止」を勧告しています。
 そんなこんなで、8月15日に行なう「月遅れ盆」が一般化したようです。それが終戦と重なったのは皮肉な偶然ですね。
1 さて、今年は珍しく山梨にいますので、さあ、どこにお墓参りしようかということになりました。山梨のお墓と言えばここだろう!ということで、久しぶりに牧丘の慶徳寺に行ってまいりました。
 そう、私たち家族にとっての「神」「仏」であるジャンボ鶴田さんのお墓にお参りしてきたのです。2年半前以来ですね。ご無沙汰してしまいました。
 2ヶ月前三沢光晴さんが亡くなりました。今年の夏は、あの世でジャイアント馬場さん、ジャンボ鶴田さん、三沢光晴さんという「王道」継承者の3人がご一緒されてるんですよね。いったいどんな会話をなさっているのでしょう。
 我ら家族は、そんなことも考えながらお墓にお花を供え、そしてお決まりの「オーッ!」をやりました。こうして、子どもたちにジャンボのスピリット「人生はチャレンジだ!」を継承していくのが、何よりの供養だと思います。
2_2 その後、お寺のすぐ近くにある「ジャンボ鶴田園」に行きました。ジャンボのお兄さんが経営されているぶどう農園です。残念ながら営業は25日からということで、ぶどう狩りなどはできませんでした。またあらためて行ってみようと思います。ちょっとお店を覗いたところ、ジャンボゆかりの品々がいろいろとありましたよ。そう言えば、以前は「三沢光晴と行くジャンボ鶴田園ぶどう狩りツアー」というのがあったんですよね。なんか切ないなあ…。
3 さて、お墓参りを終えた私たちは、塩山市…じゃなくて甲州市の大菩薩の湯へ。例年なら、今日あたり秋田の温泉に必ず行きます。ウチの子どもたちは母親の影響か、秋田の温泉大好きなんですよ。ですから、今年は山梨の温泉でその代わりを。
 山梨にもたくさん温泉がありますけれど、今回は大菩薩の湯を選んでみました。まあ、特に理由はないんですけどね。牧丘から近いところがいいということで。
 大菩薩方面に行くのは本当に久しぶりです。大学生の頃は、よく星を観に行きました。大菩薩峠で流星観測しようとして、大嵐に襲われたこともありました。あの時は寒くて死ぬかと思った。懐かしい思い出です。
 それから、これはちょっと(かなり)怖い思い出ですが、今や心霊スポットとしても有名になってしまった「おいらん淵」ですねえ〜。ここではちょっとシャレにならない体験をしてまったので、ここにはとても書けません…。天文部で一之瀬高原に向かっていた時、道を曲がりそこねて、知らないうちに「おいらん淵」に行ってしまったんです。夜中の0時ちょうどでした…やっぱりやめとこ。
 まあ、それはいいとして、「大菩薩の湯」です。まず、国道から温泉施設への入りにくさは、ありゃなんですか?!ホントわけわからんことになってます。大変立派な施設なのに、なんであんなに入りにくいのだろう。わざととしか思えません(笑)。危ないし。なんとかした方がいいですよ、あれは。と思ったら、新しい入り口が上の方に出来ていたんですね。それだったら、あの古い入り口は完全閉鎖した方がいいですよ。
 施設内は、地元のお年寄りや登山客らでけっこう賑わっていました。お湯は世界的にも珍しいという(田中収)強アルカリ泉。たしかにとってもマイルドでお肌すべすべになりました。湯温は低めで私好み。ゆっくりじっくりつかって、リフレッシュできました。子どもたちもすっかり満足の様子でした。またいつか行ってみたいと思わせるいい温泉ですね。

大菩薩の湯

不二草紙に戻る

|

« 『忘れないで、わたしたちの戦争~中居正広が聞く戦場の声』 (NHK) | トップページ | 第24回 都留音楽祭1日目 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/45940609

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンボ鶴田のお墓参り&大菩薩の湯:

« 『忘れないで、わたしたちの戦争~中居正広が聞く戦場の声』 (NHK) | トップページ | 第24回 都留音楽祭1日目 »