« 石原吉郎 『海を流れる河』 | トップページ | 三沢光晴さんお別れ会~DEPARTURE~(献花式) »

2009.07.03

キツツキ(てらつつき)

250pxdendrocopos_major_3_marek_szcz の季節、年中早起きのワタクシは、いつに増してまた早起きになります。もちろん日が最も長い、すなわち日の出の時刻が早いというのも一つの理由です。3時半には薄明が始まり、ああ朝だなという感じになりますから。
 しかし、それ以上の早起きの理由があります。4時ちょい過ぎに目覚ましが鳴るからです。いやいや、目覚まし時計ではありません。天然の、自然の目覚ましであります。
 トントン、トトトト、トン、トン、トトトトトトトトトトトトト…。
 そうなんです。キツツキがウチの外壁を叩くんです。これがまた大音量でして、これで起きないのはウチのカミさんくらいのものです。
 ウチは総杉の外壁ですので、まあたしかに「木」ではありますが、人のウチに穴をあけてウチを作ろうとするのはどうかと…。
 で、その荒っぽいノックの音がしますと、以前はウチの自宅警備員である黒猫たちが、すわ出動とばかりに窓辺でウ〜ウ〜うなってくれたんですが、さすがに家の外の高所ということで、どうにもウ〜ウ〜以上のことはできませんよね。最近では、カミさんといっしょに、耳をぴくりともさせず寝ています。
 このキツツキ、正確に言うと「アカゲラ」だと思います。富士山麓では、キツツキ目・キツツキ下目・キツツキ科・キツツキ亜科としては、アカゲラやアオゲラ、コゲラなどをよく見かけます。どれもとってもカワイイんですけどね、やることはけっこう荒っぽい。
 で、だいたい百回くらいつついてみて、これはどうも普通の木ではないなと思うのか(もっと早く気づけよ!)、傷だけつけて去っていくんですよね。ただ、数年前、かなり根性のあるキツツキが来まして、屋根の裏側にとうとう穴を空けてしまいました。その後なんだか屋根裏で運動会のような音がしてましたから、まじで営巣したのかもしれません。最初はネズミとかヤマネとかかなと思いましたけど、どうもあれは鳥だったらしい。穴を板で塞いだら、運動会も止みましたので。
 ところで、このキツツキ、漢字で書くと「啄木鳥」であるのはよく知られていますね。石川啄木はこれです。ちなみに正岡子規はホトトギスですね。
 この「啄木鳥」ですが、調べてみますと、昔はどうも「キツツキ」ではなくて「テラツツキ」と読んでいたようです。すなわち「寺つつき」。
 10世紀の辞書には「てらつつき」しかありません。それが15世紀以降になると「けらつつき」が現れ、近世になってようやく「きつつき」が定着しはじめます。
 「てら」が「けら」になる音韻変化については、ちょっと説明が難しくなるので割愛しますが、その「けら」がアカゲラなどの「けら」として残っているんですね。
 で、「テラツツキ」については、面白い説話が伝えられています。
200pxsekienteratsutsuki 13世紀の名語記という書物に、「鳥のてらつつき如何。答、寺つつき也。ゆへは、聖徳太子の逆臣守屋を誅罸し給て、守屋が館を没官して、四天王寺を建立し、仏法をひろめ給へりしを、守屋が亡魂そねみて、鳥となりて来て、かの寺をたたき損せむとせし時より、寺つつきとなづけたりと申す」とあり、また同時期の源平盛衰記にも、「昔、聖徳太子の御時、守屋は仏法をそむき、太子はこれを興し給、互に軍を起しゝかども、守屋終にうたれにけり。太子仏法最初の天王子を建立し給たりけるに、守屋が怨霊、かの伽藍を滅さん為に数千万羽の啄木鳥と成て、堂舎を創ほろぼさんとしけるに、太子は鷹と變じて、かれを降伏し給けり。されば、今も怨霊はおそろしき事也」とあります。
 つまり、反仏教派にして政争に破れた物部守屋が、その恨みをはらすためキツツキになって、寺をつついて壊そうとしたということです。
 けっこう地味な報復行動のように見えますが、たしかにやられる側としてはたまりませんね。あの音を聞くだけで恐怖です。安眠できないし。
 鎌倉以降、仏教が大衆化して、仏教に対する恨みというものが消えていく中で、「テラツツキ」という名称も消えていったのでしょうか。ちなみに「ケラ」は「おけら」の「ケラ」、すなわち「虫」を指すという説もあります。そして江戸時代にはキツツキとなっていくわけですが、この「寺」→「虫」→「木」という変化には、意外に深い意味があるかもしれませんね。また、江戸時代には、さきの守屋の怨霊譚から「てらつつき」は妖怪として物語化されていきます。これらの変遷は、日本人の精神史を象徴しているとも言えますね。
 私はまるで坊主のようななりをしていますから、守屋が勘違いしてつつきに来てるのかな。心はどちらかというとモノノベ派なんですが(笑)。てか、ウチは完全に習合してますからね。どうかお手柔らかに。
 それにしても、「屋を守る」名を持つ人が、家を壊してるなんて、なんとも因果なことではありますね(笑)。

不二草紙に戻る

|

« 石原吉郎 『海を流れる河』 | トップページ | 三沢光晴さんお別れ会~DEPARTURE~(献花式) »

文学・言語」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

前略 薀恥庵御亭主 様
「てらつつき」の御講話
とても面白く・・・
すごく勉強になりました。
愚僧は偽坊主なので・・・
「てらつつき様」も
偽者には・・・やっぱり
相手をしない事でしょう。笑
えぇぇぇ・・・やはり
「本物」は素晴らしいものです。
「本物」といえば・・・
先日 天満敦子様の
ヴァイオリンコンサート
に参りました。
愚僧 心底 感動しました。
愚僧 実は・・・
とても鈍感でして
滅多に感動しません。笑
そのうえ・・・
天満敦子様の「CD」を
聞いても感動します。
愚僧は雑多な野郎ですので
「CD」を聞いて感動することも
ほとんどありません。笑
本物は違いますね。
本物は本物です。
重ねて・・・
「本物」は素晴らしい。
愚僧のように・・・
偽者は偽者。
少しは本物らしい偽者に
ならねばなりません。苦笑
昨夜は「ディア・ドクター」と
いう「偽医者」の映画を拝見しました。
西川美和様の監督作品でした。
医者も坊主も・・・
死角× 刺客× 四角× 視覚×
資格◎だけでは到底「本物」には
なれないことを強く実感いたしました。
日々 小人× 焼尽×
日々 精進◎だと猛省致しました。
合唱おじさん   百拝

投稿: 合唱おじさん | 2009.07.05 01:33

合唱おじさん様、おひさしぶりです。
いえいえ、私こそ偽物もいいところですよ(笑)。
もちろんお坊さんとしても、そしてヴァイオリン弾きとしても。
さすがに自分でもいい加減にしたほうがいいように思ってます。
今朝もテラツツキが来ましたが、3回ほどつついて去って行きました。
どうも気づかれたようです(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.07.06 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/45531645

この記事へのトラックバック一覧です: キツツキ(てらつつき):

« 石原吉郎 『海を流れる河』 | トップページ | 三沢光晴さんお別れ会~DEPARTURE~(献花式) »