« 地震ハザードステーション | トップページ | 『青春鉄道』 青春 (メディアファクトリー) »

2009.07.22

日食(日蝕)あれこれ

2009072200000009maiallsociview000 さんのところではいかがでしたか?私の職場のある富士吉田市は厚い雲に覆われ、な〜んも見えませんでした。ただ、食の最大の頃には、その厚い雲のせいもあってか、かなり周囲が暗く感じられました。昨日の記事では、ほとんど変化がないだろうと書きましたが、予想がはずれましたね。晴れていたら、人間の瞳孔の自動調整範囲内だったのでしょうが、曇っていたためその限界を超えたようです。なるほど。
 他の地域では、けっこう雲の隙間から、あるいは雲を透かして見えたようで、隣村にいたウチの子供たちも水たまりに映った三日月状の太陽をしっかり見たとのことです。なるほど!その手があったか。
 ところでところで、偶然にしてはよくできすぎているという話。今回、生徒たち、あるいはウチの子たちにも話しましたけど、返す返すも不思議なことですね。だってあり得ないじゃないですか。
 何がって、あれですよ。地球から見た太陽と月のみかけの大きさが、ほとんど同じだということです。
 月の直径は3474km、太陽の直径は約140万km。月と地球の距離は約38万km、太陽と地球の距離は約1億5千万km。その比がおよそ400:1ということで、ホントたまたま地球からは全く同じ大きさに見えるわけです。
 宇宙に地球のような天体、すなわち恒星の周りを回っており、衛星を従えた星はいくらでもあるでしょう。しかし、こんな完璧な日食が起きる惑星は、たぶんほとんどないと思いますよ。奇跡としか言いようがありません。神のいたずらでしょう。偶然にしてはよくできすぎています。
 あとついでに国語のお話。「日食」という表記、どんなもんでしょうね。本来は「日蝕」です。「蝕(むしばむ)」という漢字が常用漢字にないものですから、「食」に置き換えています。こういう代替字問題、けっこうありますよね。気にしなければいいわけですが、やっぱりニュアンスの微妙な違いを考えると、ちょっと不自然ですよね。「食べる」と「蝕む」は違います。ま、「むしばむ」も元々は「虫食む」なわけですけど。
 ちみなに古来の日本語では、「日蝕」のことはもちろん「日蝕」と書いていまして、「にっしょく・にっそく」と読みました。ま、古い「そ」は「ショ」と発音してましたから、両方とも「ニッショク」なんですけどね。
 で、「日食」と書きますと、これは「にちじき」とか「にっき」と発音して、「日々の食事」のことを表していました。全然意味が違いますよね。
1_2 さてさて、私も指摘していた日食(潮汐力)トリガーの地震ですが、さすがに今日の今日にはないだろうと思っていたところ、最後の最後、23時51分に四国沖震源のM4.6の地震がありましたね。昨日紹介した地震ハザードステーションをご覧になってもお分かりになると思いますが、あそこは南海地震の震源域です。これもまたいちおう注意が必要でしょう。
 上の画像を見るとよく分かりますよね。南海、東南海、東海の震源域というのはつながっているのが。これらが連動しますと、M9の超巨大地震になると言われています。その震源域、すなわちプレートの沈み込みの辺縁の東端に富士山がそびえております。歴史上、それらの地震と富士山の噴火も連動することが分かっていますから、今回の四国沖の地震も他人事ではありません。
 昨日も書きましたように、新月や満月(つまり大潮)の1週間後くらいまでは要注意ですので、皆さん、日食フィーバーが終わったから言って、気を抜かないでくださいね。そして、何事もなかったら、ラッキーだと思い、天地に祈りを捧げましょう。
 おっと、書き忘れてた。日食と女性の精神状態の観察(笑)。いやあ、いろいろありましたよ。まず、今年卒業させたギャル軍団、なんだかみんなホームシックというか、高校時代に戻りたい!衝動にかられてました。あと、近所のおば様方、なんだか不安定な方が多く、ウチのカミさん、その対応に追われてました。夜中もずっと電話相談室状態でした(笑)。やっぱり、なんかあるのかな。

不二草紙に戻る

|

« 地震ハザードステーション | トップページ | 『青春鉄道』 青春 (メディアファクトリー) »

ニュース」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

私もお子様と同じく水たまり観察派でした!
前日の雨でベランダに溜まった水たまり(普段は困ってます)で余裕の観察でした。

くっきりぱっちりでしたよ!
何もしないで30分ほど見てました。(ひまっ!)

暗くなるのを体感したかったのですが、ずっとザワザワ気持ちしてました(笑)
これですかね?女性の精神状態の考察またしてみてくださな。(^○^)

投稿: あんりまー | 2009.07.23 10:38

前略 薀恥庵御亭主 様
先日 家族で「KNOWING」・・・
ノーイングという映画を観ました。
【この世に偶然などは存在しない】
といった内容の素晴らしい御話でした。
愚僧も勤めの関係上・・・
いつも予定は「直前キャンセル祭」。
家族旅行・入学式・卒業式・運動会
文化祭すべて「ドタキャン音頭」。
最初は「あぁぁぁ・・・ついてない」の
嘆き節ですが しばらくして頭を冷やすと
「まぁぁぁぁぁ・・・しかたない」
「これは これでよかったのかも
しれない」と感じ始めます。
愚僧の場合・・・・
結局  うまくいかなかったことが・・・
最終的にうまくいくことのきっかけと
なっているようです。
「宇宙の不可思議な成り立ち」・・・
様々な「この世の中の出来事」・・・
もしかすると・・・
すべて神様・仏様の御導きなのかも
しれません。
無信心者の愚僧「こころを入れ替えます。」笑
合唱おじさん     拝

投稿: 合唱おじさん | 2009.07.23 13:47

あんりまーさん、どうもです。
やっぱり、ザワザワしましたか(笑)。
いや、ホントいろいろあったんですよ、女性の変化が。
やっぱり女性の方が自然体で生きているんですね。
男はなんだか人工的ですよ。
無理に自然に逆らってる感じですね。
だから勝てっこないですよ(笑)。
日食のあとの地震も、実は女性のザワザワが起こしてたりして!?


合唱おじさん様、いつもありがとうございます。
そうですねえ、偶然はやっぱり必然ですね。
私も非常におめでたい人間なので、全て前向きに考えちゃいます。
サムシング・グレートな意思に任せてると思えば気が楽ですよね。
太陽と月と地球のみならず、全ての出会いに大きな意味があるのでしょう。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.07.24 09:12

前略 薀恥庵御亭主 様
当方 「福岡」は記録的豪雨でした。
河川の物凄い濁流をみて・・・
つくづく大自然の驚異を
感じました。
自然の「一面」だけをみて・・・
すべて わかっていると
勘違い致しておりました。
愚僧は「自然」が・・・
何たるかを全く・・・
わかっていない大馬鹿者です。
反省。反省。
あっ・・・・
それから・・・・
映画「ノーイング」ではなくて
  「ノウイング」だそうです。
いやですね勘違い野郎は・・・笑。大反省
合唱おじさん      拝

投稿: 合唱おじさん | 2009.07.25 21:26

合唱おじさん様、本当に大変なことです。
大丈夫ですか?
まだまだ降りそうな感じですね。
どうかお気をつけ下さい。
自然は怒れる神でもあります。
こんな時、人間はできることをしたあとは祈るしかないですね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.07.26 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/45715304

この記事へのトラックバック一覧です: 日食(日蝕)あれこれ:

« 地震ハザードステーション | トップページ | 『青春鉄道』 青春 (メディアファクトリー) »