« トマソンと「物語」 | トップページ | 『○活』 »

2009.06.02

RADWIMPS 『アルトコロニーの定理』 

51kcmzrmk8l_sl500_aa240_ ッドの新譜、遅ればせながら聴いてみました。前作からあまりに時間が経っていたため、正直忘れてました!すんません。このブログの読者の方から、ぜひ聴いてみてくださいとのメールをいただき、思い出した次第です。どうもありがとうございました。
 で、さっそく生徒(の妹さん)に借りてみました。うむ、ありがたい職業ですな。
 いちおう前作まで全て聴いてきたのですが、今回はずいぶんと違った印象を持ちました。彼らの音楽世界、特にそのクリーンなギター・リフに面白さを感じていた一方、正直私くらいの年齢になると、あのコテコテな恋愛歌詞と微妙なギャグとラップ調の歌い方には抵抗がありました。ちょっと気恥ずかしいというか…笑。
 しかし、この新作では、そういった私にとってのマイナス・ポイントはほとんど姿を潜め、ずいぶんと骨太なロックを感じさせる出来になっていました。音は全体に細めだけれども、印象は太い。面白いバンドです。
 まずは、彼ららしいアレンジの妙が耳に残ります。フォークというより中世を思わせる1曲目「タユタ」からちょっとびっくりな音作り&微妙にはずすコード進行。独特のセンスですね。演奏も文句なくうまい。
 「おしゃかしゃま」では、さっそく野田洋次郎らしいユニークな日本語が聞けます。なかなか重厚な風刺ソングになってますね。彼の日本語のセンスは独特ですね。やっぱり文学の才能は音楽界に流れ込んでますねえ。昔なら詩人で食っていけたでしょう。
 一方で、時々はさまれる英語詞の曲では、単純にメロディーを楽しむことができ、それも一つの狙いかなと思われます。
 かと思うとPerfumeか?というギャグ(私にはそうとしか思えません)もあったり、いきなりゴスペルになったり、変幻自在の彼らに出会えますね。
 しかし、一方で、ううむ、最近のJ-Rockの傾向なんだけど、メジャー曲での6指向(たとえばC調の中で言えばAm指向)が強くて、やや単調な印象を持つこともたしかです。後半特にその傾向が強くなっているんです。聴けばわかりますよね。
 これって、日本人独特なんですよ。もともと日本の庶民は陰旋法のテトラコルド好きですから、西洋音楽が入ってきて、長調の曲をやるようになっても、どうしても主和音に明るく落ち着きたくないというかですね、恥ずかしいんですよね、悩みなく長調に落ち着くのが。
 それにしても、このギター・リフたちは面白いなあ。これはロックの語法じゃない。クラシック的とも言えるし、ジャズ的とも言える。リズム隊がジャズの勉強してたからかなあ…。どうしても五線譜に起こしたくなる(笑)。もちろん私はこういうの好きです。
 ということで、全体の印象。ACIDMANを思わせるギターの音色と独特の「間」。そしてBUMP OF CHICKENに近い世界観を持った詞の世界。
 まあ、こういうふうに○○に似ていると言われないようにするのが、今後の彼らの課題でしょう。最初に書いたように、私の好き嫌いは別として、以前のアルバムのような彼ららしさがなくなったかわりに、個性が薄れたとも言えるのです。
 そういう意味では、これが最高傑作であるとは言えない作品です。つまり、早くも次回作への期待がふくらむアルバムだと言えるのです。まだまだ発展途上。楽しみにしています。まあ最高傑作を作ってしまったらそれで終わりですが(ただ、「アルトコロニー」という造語は最高傑作かもしれませんね)。

Amazon アルトコロニーの定理

不二草紙に戻る

|

« トマソンと「物語」 | トップページ | 『○活』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

どうも、中一なのに中二病の昌平です。
先生はこんなにも前からRADを聞いてくれていたのですね。 とても嬉しいです。
日曜日のコンサート、とても楽しみです。 頑張って下さい。

投稿: 中二病の昌平 | 2010.10.08 14:33

中二病の昌平くん、どうも。
RADを聴くなんて、まったく早熟な中一だな(笑)。
おおいに結構だと思うよ。
まわりのお子ちゃまたちを牽引してくれ!
日曜日もよろしく。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2010.10.08 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/45218802

この記事へのトラックバック一覧です: RADWIMPS 『アルトコロニーの定理』 :

« トマソンと「物語」 | トップページ | 『○活』 »