« 『100年インタビュー 指揮者 小澤征爾』 (NHK BShi) | トップページ | 『SONGS〜椎名林檎』 (NHK) »

2009.06.30

告知!!マンハッタン・ジャズ・クインテット&富士学苑高校ジャズバンド部 スペシャルジョイントライヴ

MISO with MJQ
Kouen_page_0824_mjq 〜ぉ!ついにここまで来たか…というか、いつのまにここまで来たの?という感じでしょうか。8月24日、我らがMISO(富士学苑高校ジャズバンド部)が、あの!MJQとジョイント・ライヴをやっちゃいます。
 昨日の小澤征爾さんでも感じましたけれど、ある種のこだわりのなさというか、語らなさというか、知らぬが仏というか、スケールの小さな部分に関わりすぎないというか、そういうのって最強ですね。そう、いわゆる天才と言われる人たちが、大人になっても子どもでいるというのは、そういうことなんですよね。
 社会や自分の「コト」に支配されず、いつまでも「モノノケ」でいられるのが、カリスマの条件なのです。
 ということは、やはり子どもはみんな天才でありカリスマであるということです。社会の人になりきっていない高校生の強みはそこにありますし、我々の仕事の面白さもまた、まさにそこにあるわけです。
 今回のこの大事件についても、当の本人たちはよく分かっていません(笑)。さっきも生徒に説明するのに、こんな話をしました。その子はジャニヲタなので、こう言ってやったんですよ。
 「今度さあ、キムタクとカラオケ行くことになったんだよ!」
 ジャズ界のMJQがジャニーズ界のキムタクなのかどうかはよく分かりませんが、ま、そんな感じですよね。で、その生徒はもちろん「え〜?うっそ〜!」ということになるわけで、それくらいあり得ないことなんだよと、そういう説明をしたわけです。
 小澤征爾さんなんかは、もちろん立派な大人であり、ある意味勉強に勉強を重ねて今のような境地に至ったのであります。だから歴史に名を残すわけですね。
 私なんかもそうですが、子どもの頃は、誰しもがそうであるように自分は天才だと思っていたわけですよ。親もそう思ってた(笑)。それがまさに「二十歳過ぎればただの人」、こんな程度のフツウな大人になってしまいました。
 ほとんどの人がそうなっていくわけですね。それを象徴しているのが、たとえば、そのジャズバンド部の主催して行われている「富士山の森ジャズフェスタ」なんかですね。そこにも書いた通りです。大学生になると、言葉や知識やメソッドや技術が、なぜか音楽の邪魔をする。高校生の頃のあの輝きやモノノケ的パワーはなりをひそめる。
Imgp0350jpg それは決して高校生のそれぞれがカリスマなわけでなく、高校生という存在自体がいまだ素晴らしいということです。ですから、去年そこで輝いていた高校生が、大学へ行ったりして、相変わらず輝いているかと言えば、決してそうではないのが実情です。それが普通でしょうし。
 で、そういう無垢な、ある種無知な高校生が、ジャズ界の大御所とさりげなくジョイントしてしまう。実に素晴らしくも、実にうらやましい事態です。本人たちはコトの重大さを理解していない。理解していないからこそできてしまう。たとえば、私がですよ、ありえませんが、MJQとの共演が決まったら、もうその時点で身動きができなくなってしまうでしょう。情報という「コト」が未来を閉ざしてしまうのです。それが凡人(大人)の悲しさですね。
 おそらく、おそらくですが、MJQのメンバーも非常に楽しみにしていることでしょう。そして、きっととんでもなく根源的なことを体感し学んでお帰りになるでしょう。彼らは少なくとも、そういうスケールで音楽とつきあってきたカリスマだと思いますから。
 そんな両者のことを想像すると、本当に今から胸がドキドキワクワクしますね。お互いにとって、どれほど刺激的なライヴとなることか。また、単純に音楽という共通語が、国や世代を軽々超えて、あるいは互いに強烈な化学反応を起こして、とんでもない「モノ」を我々に提供してくれるのか、とっても楽しみです。
 日々、そういう現場の近くにいられる私はとんでもない幸せ者ですね。青春なんて言葉は、今はもうはやりませんが、その熱く透明で甘酸っぱい実体は、どんな時代にもちゃんと存在しているのでありました。
 ああ、私もいろいろ頑張らなきゃ。生徒たちに負けないような、とんでもないことを実現できる大人になりたいなあ。
 皆さんもぜひ、この奇跡的な音楽の遭遇のオーディエンスになりませんか!?

当日レポートはこちら

不二草紙に戻る

|

« 『100年インタビュー 指揮者 小澤征爾』 (NHK BShi) | トップページ | 『SONGS〜椎名林檎』 (NHK) »

モノ・コト論」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ。デビッド・マシューズ好きだぁ。

あの、失礼な言い方になってしまいますが、素直に不思議に思いましたので質問します。
高校生とは言え jazz バンドで jazz を演奏しているわけで、それなら普段はどんな音楽を聴いているのでしょう? いや、jazz 一辺倒である必要はないでしょうけど、無垢とは言え無知とは言え、そんなに知らないものなのでしょうか?
例えば、ロックが好きならギタリストの名前くらい、覚えるつもりが無くても出てきそうなものなのですが。クラブ活動と普段聴く音楽は全く別と言うことなのかな? jazz そのものにはあまり興味が無くて、演奏そのものが好きとか? なんだか不自然というか釈然としないのですよ。

投稿: LUKE | 2009.07.01 15:16

LUKEさん、こんばんは!
そうですよねえ。デビッド・マシューズ最高っすよね。
で、本当のことを言いますと、高校生は彼のこと知らないんですよ、ほとんど。
だからこそ最強とも言えるわけです。
中学から入ってくる生徒で、いわゆるジャズマニアはそんなにいません。
普段はあんまりジャズを聴いてないんじゃないかなあ、みんな。
少なくとも中学までジャズばっかり聴いてましたっていうのはいないと思いますよ。
あくまで、クラブ・アクティヴィティーなわけですね。
ある意味昔の(我々の世代の)高校生とは違うクールさというか、こだわりのなさを持っているのでしょう。
私なんかは、高校時代ヴァイオリンを始めた時、いろいろと憧れの演奏家というのを作りまして、聴きまくり、真似しまくりましたけどね。
彼らはそういうタイプではないようです。
でも、それがたとえば大学生よりもいい音楽をやる要因になってるから面白いんですよね。
たしかに不思議ですよ。
まず演奏するのが好き!楽しい!ということでしょう。
それがプロたちにも高い評価を得るんだから、やっぱり最強でしょう。
私も彼ら彼女らにそのことを学びました。
今さらなかなか無垢にはなれませんけどね(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.07.01 19:06

ぶしつけな質問に対してのご返答ありがとうございます。

実は拝見したのは昨夜というか明け方なのですが、お陰で目が冴えてしまいまして、寝不足になってしまいましたよ。とにかくショックを受けたもので.....。
そりゃ、中学や高校生で jazz マニアってのがウヨウヨ居るより、そりゃ少ない方が世の中は正常だとは思います。でもなぁ、わざわざ学校で jazz バンドやろうという人間が数十人集まれば、今回の件では半分くらいは「わ~!」っと沸き立って欲しいし、そのうち五人は慌てふためいて、別の三人は感涙にむせぶようなことがあって欲しいわけですよ。違うの!!(゚ロ゚屮)屮

な~んて嫉妬混じりでぼやいてみるわけですが、違和感は拭えません。
庵主様の仰る通り、大学生にもなれば無知であることの無垢なんて許されなくなるお年頃ですし、これまた仰る通り、影響を受けることが悪いのではなく、それに囚われたり拘ったりすることで本質から遠ざかってしまうことが問題なんだと思います。

無垢も良いけどさ、今回の MJQ とのジョイントだって勉強にこそなれ、「無垢のままの方が良かった。」なんて事にはならないと思うなぁ。

投稿: LUKE | 2009.07.02 15:38

LUKEさん、おはようございます。
なるほどね。
私なんかも全く同じ気持ちのはずなんですけど、これに限らずあまりに現代高校生の日常に慣れてしまっているのか、逆に感心すらしてしまうんですよね(笑)。
そういう意味で、会話が成り立たないことが多すぎます。
よって、私がこのブログで語っているようなマニアックな話は、ほとんど教室ではしてませんよ。
空回りするのも虚しいので(笑)。
案外自分の若かりし頃も、違う次元でそういう感じだったかもしれませんし(汗)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.07.03 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/45502944

この記事へのトラックバック一覧です: 告知!!マンハッタン・ジャズ・クインテット&富士学苑高校ジャズバンド部 スペシャルジョイントライヴ:

« 『100年インタビュー 指揮者 小澤征爾』 (NHK BShi) | トップページ | 『SONGS〜椎名林檎』 (NHK) »