« 追悼 三木たかし先生 | トップページ | 下吉田駅のベンチ〜ドラマ「祭ばやしが聞こえる」 »

2009.05.12

『日本の古本屋』 (古書データベース)

Logo しい本が見つかる。買える。毎日新しい国内最強の古書データベース。
 と銘打たれたサイトです。もうずいぶん前から大変お世話になっております。このたび、サイトのデザインもおしゃれにリニューアルし、またようやくクレジットカードが使えるようになりましたので、おススメすることにいたしました。
 古書店巡りというのは、ある意味ネット社会と相容れない部分があります。古書の持つ質感や、古書店自体のたたずまい、店主との対話、そしてなんと言っても古書の香り。どれもインターネットやコンピュータの苦手とするモノです。
 ですから、どんな時代になっても、古書店はなくならないでしょう。街で新刊を扱う書店が苦戦を強いられ、ネット書店に客を奪われていても、古書店はさりげなく、しかし悠然とそこにあり続けると思います。
 とは書いてみたものの、実情はそんなに甘くないとも聞きます。つまり、古書文化自体が消えつつあるのです。御存知のように、若者たちの古書店のイメージは、昔ながらのそれではなく、ブックオフに象徴される「新」古本屋となっています。彼らの視点には、質感やたたずまい、歴史的意味などはあまり含まれていません。ただ読みたい本が安く手に入ればよい。
 そうした中、「旧」古本屋も手をこまねいているわけにはいかないのでしょうね。こういう現代的なメディア戦略も打ち出さざるを得なくなったようです。
 しかし、そのおかげと言ってはなんですが、私たち地方に住む者が、神田に出かけなくとも、一瞬で狙った本を探すことができるようになりました。これは実に画期的なことです。ありがたいことです。
 もちろん、それはあくまで「狙った本」についての便利さであって、古書文化の中心をなす、意外な出会いやセレンディピティーはあまり期待できません。
2nd_logo まあそれにしても、こうやって神田のみならず全国津々浦々の古本屋さんから、いろいろな歴史や人々の思いをしみこませた古書が届くというのは、なんか新しい種類の感慨を催させますね。本にちょっとした書き込みを見つけた時など、私たちは単なる本に向かうのとまた違った想像力をかりたてられるものです。
 なにしろ、目標は全国古書籍商業協同組合加盟の2300以上の古本屋さんの参加だそうですから、その蔵書数は膨大です。また、サイトの説明にもあるように、絶版書、希覯本はもちろん、室町期の写本から中国・朝鮮・ヨーロッパの古書、さらには美術品まで、そのデータベースに含まれています。そういう意味では、一つの検索ワードから意外な出会いが生まれる可能性もありますね。今までとは違うセレンディピティーはあるっていうことか…。
 私は比較的古い時代の本を必要とする趣味を持っているので、これからも大いに活用させていただこうと思っています。リニューアルに伴い、使い勝手もよくなりましたし、「想」-IMAGINEによる連想検索もできるようになりました。コンピュータによる連想から、とんでもない発見がある場合もありますからね。
 まあ、これはこれで充分に重宝しながら、今までどおりリアル古書店巡りも続けることでしょう。やっぱりあの香りが好きだから。

日本の古本屋

不二草紙に戻る

|

« 追悼 三木たかし先生 | トップページ | 下吉田駅のベンチ〜ドラマ「祭ばやしが聞こえる」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今晩はo(^-^)o

そんなサイトがあるのですね!!


教えて下さり有難うございます。


子供の絵本で探していた物があり、もう手に入らないと諦めていました(>_<)


図書館にもないレア物です(笑)


しかも、仏教の絵本ですよ!


マジでレアです(^O^)


今だけ?本好きな息子に欲しいと言われ探し続け、その挙句諦めて切っていた母(笑)


少し希望が見えました♪

有難うございます!!

早速検索したいと思いますッ☆♪


話は変りますが、先日、高校時代に先生が観せて下さった「小津安二郎監督」の「東京物語」を図書館から借りて観てみました!!


観て一番の感想は…

自分で言うのもなんですが…

「私も成長したなぁ」です(笑)


我ながら、こんなにも感性は変わるものだなぁと感心しました(*^_^*)


歳を重ねると言うのはいいもので、高校時代とは違い、色々な視点からそれぞれの想いを感じる事が出来、やっぱり傑作と言われるだけの作品だなぁと感じました。


また何年かしたら観てみようと思います(笑)
きっと今度は…(笑)


突然ですが、告白します!

先生に出会えて私は本当に良かったですo(^-^)o

これからも色々教えて下さい

投稿: ノリ | 2009.05.13 20:40

いきなり告白かよ!www
いやあ、この前も晋也に久々にあったんだけど、
めちゃ話が盛り上がって、いろいろ教えてもらったよ。
(今日コメントくれた…OS劇場の名前で)
こちらこそ、ノリたちのクラスを持てて良かったよ。
一番印象に残ってるし、楽しかったからね。

仏教の本かあ。
いいねえ。
ぜひ見つけてやってくれ。

東京物語、最近久しぶりに観たらボロ泣きしちゃった。
自分もこの歳になって、また違う見方ができるようになったよ。
すごい作品だね。
その時の記事はこちら
お互い成長したな!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.05.13 21:13

OS劇場さんか(笑)

活躍しているデザイナーさんですね♪(笑)


私も久々に連絡できて色々励まし&教えを頂きました(*^_^*)


ミンナ大人になりましたよね(*^-')ノ


しかし…
私はあまり成長してない感が……(笑)


「東京物語」やっぱりいいですね!!


ヤカンも最後に磨かれて良かった(;_;)


私も原節子さんみたいな奥さんに何時か②なりたいです!!!!


と、奥さんに伝えて下さい(笑)


「佇まい」かぁ…。。

阿修羅展には足を運んでいませんが、身近な所だと、私はうちの家の古いタイルの水道の佇まいが凄くスキです。

何とも言えないレトロ感で。


やはり古い物は素敵です。


エコにも繋がりますしね(笑)


「佇まい」ってそういう事?ですか?


ちなみに、私が今住んで居る家は、トトロに出てくる様な素敵な家なんですよ♪


日本家屋は、色々な点で優れているなぁ!

と日々感心しております。

先生も是非近くまで来たら寄って下さいね(*^_^*)


先生夫婦にとっての甘ぁぁい思い出のアパートの近くですから♪(笑)ウフフッ♪

投稿: ノリ | 2009.05.14 01:45

東京物語?
アタシ忘れちゃったから調べて見てみます。ノリはよく覚えてるなーって感心しちゃいました。
こちらのブログを読んでると、ホントいろんな意味で考えさせられます。
中学生の時、音楽の先生に高校を薦められ、入学したら、父親に行きたかった大学もダメって言われ、じゃあ何の為の私立よsign03と。
入学そうそう後悔してたアタシの16歳、一昨日ぐらいの記憶みたいにバッチリ鮮明に覚えてます。
入試の日までお寺のことも知らなくて、試験当日衝撃的事実を知った訳でした。しかも、入試の日、アタシの後ろの席にいた男の子と再会し、付き合いheart01半年でふられ、アタシらしー高校生活のスタートでした。

そんなのどーでもいいけど、アタシが私立高校行って、大学行けなくて、専門行って、今の職種に就いてとか、それって全部そーなる運命だったのかな?とよく思います。てか、自分でその運命を作り上げているっていうんですかね?
アタシが音大行きたいって父親に言った時、父親は、それで飯が食えるのか。と言いました。その時はクソオヤジsign01アタシの3年どうしてくれるんだよ。と思ってました。
アタシもちょっぴり大人になって自分の稼ぎだけで生活を始めて10年以上たちますが、アタシはそう言ってくれた父親に感謝ですね。いろんな縁あって今の会社にいますが、原点は父親です。リスペクトですね。小さい時はとても怖くて怖くて、嫌いでしたが、料理も洗濯も出来なそうに見られる(ちょっと酷くないですか?)アタシが接心での食事係をやらせてもらえるように(あの先生がアタシでOKしたんですよsign01)、育ててくれた父親とそれを支えていた母親はすごいなと思います。
ぶっちゃけ、若い頃高校どこ?って聞かれて答えたくなかった時もありましたが(すみません)、アタシもノリと同じ、先生と出会えたから、そしていい友達にも出会えたから、公立行かなくて良かった。と改めて思います。
意味分かんない告白してみました。

先生はアタシの事ぶっとんでるって言ってましたが、多感な時期に先生と会って、常に脳内覚醒してたんじゃないかしら?そう考えると、やっぱ偉大ですね。
そういう、先生に会えた縁てすごいし、ラッキーだし、先生が言うアレですよね。先生、人は繋がりがあるんだな、て言ってましたが、このブログもアツシどうしてるかな?て思わなかったら、もしかしたら見つけられなかったかもしれませんし。
ホントまたいつか再会したいですよ。
お酒飲みましょ。
長々失礼致しました。

投稿: カオル | 2009.05.14 04:29

おッと、思いがけずカヲルに誉められた(笑)

本当、人生って正に「一期一会」だよね(*^_^*)

カヲルに教えて貰わなければ、このブログにも出会えなかったし。

今このブログに出会えた事に意味がある気がするしさ。


親の有難みも、歳を重ねる度に強く感じるね。


人生に感謝だね(*^-')ノ


ってか、カヲルに直接メールすればいいのにね(笑)

先生のブログを利用させて貰っちった(笑)

投稿: ノリ | 2009.05.14 09:27

おいおい、なんだか告白タイムになってるぞ(笑)。
いやあ、なんかいいねえ…しみじみ、教師やってて良かったと思うよ。
ホント、不思議なタイミングというか、縁というか。
オレもブログを5年間毎日続けてて、最初は誰も読んでくれないし、何度もやめようと思ったけどね、今になって一気に結果が出始めてる。
自分の想定以上のご縁をいただけることは、本当にありがたいね。
継続は力なり…これって、継続してると縁が生まれて、それが力になるってことだったんだね。
いやあ、年取るのっていいもんだわ。
ってことは、人生はどんどん楽しくなっていくわけだね。
これからもずぅっと。
やった〜!って感じだよ。
みんなありがとね。

ちなみに「東京物語」、カヲルは観てないよ。
なんだか有志だけ集めて放課後観たんだよな。
アイコとかいたような気がする。
あと誰だったかな…。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.05.14 12:15

本当告白タイムですね(笑)


ってか、選ばれし有志だけだったんだ。
そして、選ばれた私v(`∀´v)


そんな記憶まで残っているとは!!!!!


先生は脳までミラクルだぁ!!!!!(笑)

投稿: ノリ | 2009.05.14 14:43

そんな「東京物語」を見直してくれるノリもミラクルだよ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.05.14 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/44996248

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本の古本屋』 (古書データベース):

« 追悼 三木たかし先生 | トップページ | 下吉田駅のベンチ〜ドラマ「祭ばやしが聞こえる」 »