« 『ねこ耳少女の量子論〜萌える最新物理学』 竹内薫ほか (PHP研究所) | トップページ | 『国宝 阿修羅展』 (東京国立博物館) »

2009.05.05

祝!春の関東高校野球県大会優勝!

1 った〜!!春の高校野球でウチの高校が優勝しました!春の関東県大会優勝は17年ぶり2回目です。秋の大会では3年前に優勝していますので、県ナンバー1はその時以来ということになりますね。
 この結果、群馬県で行われる関東大会に山梨県第1位として出場することになりました。春の関東大会は昨年に続き2年連続となります。そう、昨年は山梨県開催ということで、第4位のギリギリ出場でしたっけ。しかし、横浜高校と大接戦を展開し、いい夢を見させていただきました。心に残る名勝負でしたね。
 今年も1回戦を突破すると、順当に考えて再び横浜高校と対戦することになります。雪辱を果たしたいところです。
 今年のチームは走攻守のバランスが非常によい上に、どんな相手に対しても平常心を保って臨める優れた精神力を持っています。試合の中でも、大きく崩れることがありません。今までのウチのチームは、少しムードが悪くなるとずるずる行く傾向があったのですが、今年のチームは一味違います。日常生活でも明るく元気でひた向きな彼ら、グランドの上でもそのままの勢いを見せてくれます。
 3年前の記事にも書きましたが、ウチの学校は私学でありながら、ほとんど全て県内の、それも富士五湖地区の生徒で構成されている地元チームです。今や公立でさえも、全県一区を利用して、県内の各地域からいい選手を集めようとしている中、こうして「地元」にこだわるのは、もしかすると非常に特別な、貴重なことなのかもしれません。あくまでも、地域に根差し、地域に奉仕し、地域に還元していくという、創立以来のポリシーは、いつまでも変りません。今日活躍した選手たちも、ずっと地域で育ち、地域の大人たちが見守ってきた子どもたちです。
 それからもう一つ、全国の強豪私学の中には、全国から野球留学生を受け入れ、彼らに勉強よりも野球中心の学校生活をさせるところが多くあります。もちろん、私学という一つの企業としてのやり方として、それもありだとは思いますが、ウチはそういうことは絶対にしません。これも創立以来の伝統ですね。
 2年前の春に、ウチの学校では文武両道を目指す新しいクラスをスタートさせました。ある意味理想の教育を実現するためです。そのクラスの1期生が3年生となり、今回のチームの中心として活躍しています。その全国的にも珍しいシステムを持ったクラスは、実は私のアイデアによって作られたものですし、今年度はそのクラスの副担任をしていることもあって、日頃の彼らの頑張りを見ている者としては、今回の優勝は特に嬉しく感じるのであります。
 彼らの目標はもちろん甲子園出場です。その足がかりとして、寸前の大会であるこの春の関東県大会で優勝できて本当に良かった。ここでハイレベルな関東大会を経験できるのは、非常に幸運なことです。昨年の横浜高校との名勝負を体験した選手もたくさん残っていますし、こうしてどんどん自信をつけていって、そうして夏を迎えてほしいですね。期待しています。おめでとう!そして、頑張れ!生徒たち。

不二草紙に戻る
 

|

« 『ねこ耳少女の量子論〜萌える最新物理学』 竹内薫ほか (PHP研究所) | トップページ | 『国宝 阿修羅展』 (東京国立博物館) »

スポーツ」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

素敵なスキンな先生おはようございますo(^-^)o

凄いsign03
おめでとうございますsign03sign03sign03
私も17年前は少し立ち会っているんだなッ(笑)

改めて歳を感じました(*^-')ノ

でも、あまり悪い気分じゃない(笑)

是非関東大会頑張って貰いたいものですね(*^_^*)
頑張れぇぇ\(≧▽≦)丿

投稿: ノリ | 2009.05.06 09:22

ノリ、今年も夏は盛り上がりそうだよ。
そろそろ甲子園連れてってもらいたいね。
彼ら、普段の生活からして、とっても偉いんだよ。
野球だけじゃなくて、人間として強く、そして優しくなっていってるね。
仏様のご加護がありますように!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.05.08 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/44914179

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!春の関東高校野球県大会優勝!:

« 『ねこ耳少女の量子論〜萌える最新物理学』 竹内薫ほか (PHP研究所) | トップページ | 『国宝 阿修羅展』 (東京国立博物館) »