« インスタントコーヒーをかきまぜる時の音がだんだん高くなるのはなぜ? | トップページ | トマソンと「物語」 »

2009.05.31

感謝!100万アクセス達成!

1 5月31日、東京で隠密活動していたのですが、その夜に100万アクセスに到達したようです。本当に読んでくださる皆さまに感謝です!
 チリも積もれば山となる…いえいえ、皆さまの温かい一票…ではなく、一件というか一見というか一瞥というか一読というか、そういう貴重なもののをチリだなんて表現してはいけませんね、宝も積もれば山となる、とでも言えばいいのでしょうか、いずれにせよ、全ては皆さまのおかげです。ありがとうございます。
 実際のところは、100万アクセスというより、100万ページビューと言った方が正確です。重複アクセスもカウントしていますので。また、100万というのはあくまでも左の猫ちゃんの上にあるカウンターでの話であって、ココログのカウンターではまだ92万ちょっとなんです。ま、でも、まあいいや。とにかくめでたい数字が表示されたことは確かですから。
 それにしてもですね、自分でもこんなにたくさんの方に見てもらえるブログになるとは思っていませんでした。最初の1ヶ月は1日に一ケタのアクセスしかない日が続いていましたからね。それが今では1000を超える日もあったりする…感無量です。
 丸5年で100万ですから、平均すると1日500強ということでしょうか。最初の2年くらいは1日200から300の日が続きましたから、そんな感じでしょう。それが3年目ぐらいからでしょうかね、Googleでの検索順位が突然上がりまして、それで通りすがりの方、一見さんが激増したんです。そこから定期的な読者になってくれた方もたくさんいまして、今さらながらGoogle様の力には驚きを感じます。あんまり悪口言えないな。
 それにしても、こんな一般人の、それも決まったテーマもない、思いつきを書きなぐっているだけのブログに、こんなにアクセスがあるというのも不思議ですね。不必要に長いし、形式もいわゆるブログ風でなく、普通の作文風で読みにくいし。文章自体も平成軽薄体で品格が感じられないし(笑)。
 ただ、本当にブログというツール、メディアの力には感動します。正直、自分の発信しているこのブログのおかげでずいぶんと人生が変わりました。100万のアクセスの中から、どれだけ貴い御縁が生まれたことでしょう。絶対に出会わなかったであろう方々と、どれだけ知り合い、言葉を交わし、そして実は今日もそうだったのですが、実際にお会いすることになったことか。本当にインターネットというのは画期的なインフラですね。まさにインター(つなぐ)ネット(網)です。
 そしてブログというメディアもまた、シンプルではありますが、今までのパラダイムを崩す可能性を持っています。つまり、私のような一般人と、いわゆる有名人が同じ土俵に上がることができる可能性を提供してくれるんですね。
 たとえば、Googleの検索結果では、有名な学者さんや、芸能人さんなどのブログの隣に、私のブログが位置することができるんですね。これは以前の社会ではありえないことでした。だって例えば雑誌などで、有名人の書いた記事と、私が書いた記事が並んで掲載されるなんてことはあり得なかったじゃないですか。
 それと、私の言葉が、そうした方々に直接届くということですね。つまり、私がおススメしたものの作者御自身が、私の記事を読んでくださる可能性が非常に高くなったということです。先ほど書きましたように、どういうわけか私のブログはGoogle様に高く評価されていますので、たとえばCDや本を紹介したとすると、その記事がAmazonの当該ページに次いで第2位に表示されたりするわけです。そうしますと、やはり作者の方々ご本人としては、ついつい読んでしまうのではないでしょうか。実際、そのようなことが機縁で、直接ご連絡いただいたり、お会いしたりする機会を得ています。これも5年前には考えられないことでした。
 ですから、この毎日の修行のような作業も、ものすごくやり甲斐のあるものなんです。私にとっては、原稿料なんかよりもずっとずっとありがたい報酬がいただけるわけですからね。
 いや、それを期待して毎日書いているわけではありませんよ。そういういやらしい気持ちを持つと、文章というのは書けないものです。あくまで無垢に、自分の中から生まれてくる言葉を書き留めているだけです。それが世界に発信され、ある意味私に代わって勝手に活動してくれているという感じでしょうか。そういう意味では、そんな言葉たちにも感謝したいと思います。
 さあ、次の目標は…なんて、あんまり力んだりするとダメですよね。今までどおり自然体で、な〜んも考えず、全てを言葉たちに言霊におまかせします。というわけで、これからも皆さん、こいつら言葉たちをよろしくお願いいたします。とりあえず死ぬまで続けます。たぶん。

不二草紙に戻る

|

« インスタントコーヒーをかきまぜる時の音がだんだん高くなるのはなぜ? | トップページ | トマソンと「物語」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます!

検索サイトの評価を得るために、サイト管理者は様々な工夫(仕掛け・引っかけ)をするのですが、検索サイトとしてはその様なものに一々惑わされては信用を失ってしまいます。(いつまで経っても知恵比べですね。)
そこで、サイト評価の基準の一つに「定評あるサイトからリンクされていること」と、いうのがあるそうです。(つまり「重要なサイトから重要視されている」と、いうことですね。)庵主様の卓越したセンスと日々の積み重ねに対する正当な評価だと思われます。

投稿: LUKE | 2009.06.03 02:07

LUKEさん、ありがとうございます!
LUKEさんは、それこそ古くからの読者でいらして、私を支えてくれているお一人です。
心から感謝申し上げます。
こんなに一つのことを継続するというのは初めてでして、この歳になって、その大切さがわかりましたね。
Google様にも感謝です。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.06.03 04:40

センセおめでとうheart01
このブログ見つけた感動と感激はすごかったんですからsign03
アツシの活躍から見つけたブログでしたが、センセに出会えた過程があって、アツシにも出会ったわけで。
やっぱり人のつながりはスゴいですね。
いつか、なにげなく会話した人がセンセの事しってるー、ってなりそうな気がして来てます。
そしたらアタシ自慢しますよ。
3年間も勉強教えてもらったって。
とにかく、おめでとうデス
今後も楽しみにしてます。

投稿: カオル | 2009.06.04 02:15

カヲルよ、ありがと。
そんなオレは単なる一般人、いやお変人だよ。
あんまり期待しないでくれ(笑)。
逆にカヲルが有名になってくれよ。
自慢するから。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.06.04 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/45209630

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝!100万アクセス達成!:

« インスタントコーヒーをかきまぜる時の音がだんだん高くなるのはなぜ? | トップページ | トマソンと「物語」 »