« サイモン&ガーファンクル 『サウンド・オブ・サイレンス』 | トップページ | 『爆笑問題のニッポンの教養 「シンプル最高/再考 ~原研哉(デザイン思想)」』(NHK) »

2009.04.27

焼かりんとう (菓寮 花小路)

Og0000840b え子がお土産に買ってきてくれました。「革命的かりんとうの誕生」…決して大げさではありません。この「かりんとう」はすごい!いや、これはもしかすると「かりんとう」ではないのかもしれない。
 なにしろ、油で揚げてないんですから。「かりんとう」と言えば油菓子。油で揚げるからあの香ばしさが出るわけで、油で揚げてないなんて、そのアイデンティティーに関わるじゃないですか。
 ところが、食してみて驚き。たしかに目隠しして食べたとして、「これなあんだ?」と聞かれれば、やっぱり「かりんとう!」と答えるでしょう。そしてまた、今までの「かりんとう」以上においしい。「かりんとう」を超えた「かりんとう」。
 油のしつこさがない分、黒糖の微妙な甘さや芳香がお口に広がって気持ちいい。そして、焼き菓子特有のあのサクサク感。じとっとした感じが好きな方には物足りないかもしれませんが、私は好きですねえ、この食感。ついついもう一つとなります。えっと、黒糖は沖縄伊江島のものだとか。
Uni_2425 実はこうした非油揚げ系食品がブームなんですよね。油で揚げてないドーナツとか、ポテトチップスとか、唐揚げとか…。油で揚げてない唐揚げってのが一番すごいな。自家撞着(笑)。
 そうそう、今日先日の血液検査の結果が返ってきました。一日一食にしてからもうすぐ丸5年。おかげさまでずいぶんと各数値が改善されております。どうもウチの家系なのか、粗食の割りにはコレステロール値が高いんですけど、最近はその方が長生きするというのが定説になりつつありますから、まあいいとしましょう。ちなみに中年男性が気になる中性脂肪の数値ですが、70台です。理想的な数値ですね。3食食べたら一体どうなるんでしょうか。
Uni_2428 で、そういう飽食の時代に、どうしても油分を摂取しすぎるじゃないですか。ま、つまり食べたいけど太りたくないっていう需要があって、こういう不揚菓子類が増えてきているんでしょう。特に女性でしょうか。スイーツには目がないけれども、ダイエットもしたいという方々たくさんいらっしゃるでしょうね。ですから、こういう商品を開発するということは、ビジネス的にもチャンスだと思いますよ。商品開発の基本は、消費者の欲望を満たすことにあります。女性の相矛盾する大きな欲望を同時に満たすことができれば、それは売れますよ。
 前、「桜えびかりんとう」を紹介しましたね。あれも定期的に食べてます。そこでちょっと思いついたんですけど、油で揚げない「桜えびかりんとう」があったらいいなあ。お酒のおつまみに最高だろうなあ。
 右上の写真は、ウチの黒猫と「かりんとう」です。エサだと思ったのか、メタボの弥右衛門が近寄ってきました。さすがに食べませんでした(笑)。左上の写真は子猫のミーと「かりんとう」です。これは遠近法のせいか、ずいぶんとデカく見えますね。これはちょっと大げさとは言え、案外大きめです。子どもたちにとっては、もう少し小さい方が食べやすいようです。でも、もうちょっと小さくなりますと、猫のウ○コそのものになってしまいますね(笑)。

花寮 花小路 公式

不二草紙に戻る

|

« サイモン&ガーファンクル 『サウンド・オブ・サイレンス』 | トップページ | 『爆笑問題のニッポンの教養 「シンプル最高/再考 ~原研哉(デザイン思想)」』(NHK) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/44818587

この記事へのトラックバック一覧です: 焼かりんとう (菓寮 花小路):

« サイモン&ガーファンクル 『サウンド・オブ・サイレンス』 | トップページ | 『爆笑問題のニッポンの教養 「シンプル最高/再考 ~原研哉(デザイン思想)」』(NHK) »