« お寺のコンサート〜宴会(縁会) | トップページ | 夏用帽子2点 »

2009.04.30

能楽ワークショップ(能デビュー!?)

090430 日は大きなイベントがありました。私の勤務する学校で、卒業生による能楽ワークショップが行われたのです。私は僭越ながら司会進行を勤めさせていただきました。
 講師を担当した教え子は、はっきり申してワタクシにそそのかされて、その世界に入った者です。私の出た大学を卒業したのち、東京芸大に入り直しまして、そして、はっきり申してワタクシの予想以上に頑張ってくれまして、厳しい世界でプロとしてやっていく覚悟を決めてくれました。現在、無形文化財である某氏の内弟子となり、稽古を重ねております。
 そんな教え子が母校でワークショップを開き、私がそれをフォローする役をさせていただく…こんな幸せなことはありません。最近、ホント多いんですよね。社会に出て活躍している卒業生にいろいろ教わることが。
 これは教師の喜びですね。どんどん先生が増えていくわけですからね。
 さて、今日の講座ですが、なにしろ能なんて全然知らない高校生500人以上を対象とするわけですから、これは大変です。ただ、一曲舞って見てもらってもどうしようもありません。正直寝てしまう。ですから、演出が大切なんですね。まあ、そういう一見つまらなさそうなものを、あるいはそういう先入観を持ってしまっているものを、楽しく見せる、魅せるのは私の仕事です(笑)。
 まあ、普段からそういうことばかりしてますからね。私の授業は正直エンターテインメントですし、このブログもまあ、日常の些事をいかにそれらしく書くかが勝負ですからね。自分の視点というのが、常にそういう感じなんですよ。
 ですから、能なんか(脳軟化って変換されちゃった…笑)は、まあ得意分野です。私自身が能の面白みを、その現代性に見ていますから。高校生の好きないろいろな分野と重ねて解説できます。
 ある程度そういうことが功を奏したんでしょうかね。おかげさまで、1時間以上生徒たちはかなり集中してくれました。もちろん、演者の方々の素晴らしい謡いと仕舞、そして貴重な面(おもて)などがあってのことです。
 今日は全くの入門編でしたから、本当の「能」の一端に触れただけですけれど、何事も導入が大切です。そういう意味では充分な成果があったのではないでしょうか。私もこれだけ身近に舞や謡を体験するのは初めてです。大変勉強になりました。
 ちなみに、ワタクシごとですが、今回、恐れ多くも能デビューを果たしてしまいました。上の写真で右端に座っているのは、実はワタクシでございます。坊さん役ではありません(笑)。富士山にもゆかりの深い「小袖曽我」での母親役であります。まあ、5分ほど動かずそこにいるだけのことですが(笑)。
 しっかし、実際やってみまして驚きましたよ。ただ、あの姿勢で座っているだけで、見事に足をつりました(笑)。美しい姿勢を保つのは本当に難しい。はっきり言ってなめてました。場合によってはツレはああやって同じ姿勢を1時間も保っていなければなりません。これはさすがにハッタリではどうにもなりませんね。日々の心身の稽古が絶対に必要です。恐れ入りました。
 まあ、このような貴重な経験をさせていただき、ますます能に対する興味がわいてまいりました。近々彼女らの師匠の舞台も拝見できそうです。楽しみですね。
 能におけるカタのあり方や、様式美、記号性、そして反復と一回性、また、呼吸と空間、時間との関係などなど、本当に興味をそそります。そして、最近読み直してビンビン感じまくっている「花伝書」。これからの人生のヒントの宝庫であるような予感がしています。
 このような機会を与えてくれた教え子と、そしてそれを快く許してくださったお師匠様、また協力してくだった教え子と同期のTくん、本当にありがとうございました。次もまた楽しみです。

不二草紙に戻る

|

« お寺のコンサート〜宴会(縁会) | トップページ | 夏用帽子2点 »

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/44855472

この記事へのトラックバック一覧です: 能楽ワークショップ(能デビュー!?):

« お寺のコンサート〜宴会(縁会) | トップページ | 夏用帽子2点 »