« 実家のヘンなモノ | トップページ | 借り物卓球 »

2009.03.20

レミオロメン 『TOUR 2009 “風のクロマ”』@静岡エコパアリーナ

1 しぶりにレミオロメンのライヴに行ってきました。私は夏の山中湖以来です。風のクロマツアーの山梨凱旋にも行きたかったのですが、なにしろクラスの生徒が受験真っ只中ということもあって、さすがに自重しました。いちおうみんな満足する進路が決定したので、私もお墓参りのついでに(!)まったりと楽しんできました。
 いやあ、本当にまったりしてたなあ。彼らに言わせると「ほっこり(もっこり)」らしいのですが、それにしても、静岡の皆さん、ものすごく静かでしたね。盛り上がらないとか、そういうことではなく、皆じっくりしみじみ聴いている感じで、無用な手拍子などもなく、私も、同行したカミさんも、今までになく落ち着いて彼らのパフォーマンスを味わうことができました。
 アルバム「風のクロマ」もすっかり染みつき、そして、「レミオベスト」で彼らの歩みを味わったタイミングでのこのライヴ。私(とカミさん)にとっては、そういう意味でも、今までになくしみじみとしたものになりました。
 エコパアリーナに来るのは初めてです。箱としての大きさもちょうどいい感じですし、アリーナ(体育館)にありがちな無駄な反響も比較的少なく、いい音で聴くことができ満足でした。
 ツアーも中盤を過ぎ、武道館での2daysを終えた後ということもあるんでしょうか、演奏自体はかなり安定感があって、安心して聴いていることができました。サポート・キーボードの皆川さんはもちろん(ちなみに野太い声で「皆川〜!」とコールしたのはワタクシです…笑)、今回初サポートとなった名ギタリスト河口修二さんも、すっかり3人の音に溶け込んで、いいアンサンブルを聴かせてくれましたね。さりげない、しかし確実なサポートあっての名演であると思います。
 藤巻くんの声にも、本来の艶っぽさがある上に、高音域の伸びもいつになく(失礼)美しく、以前のライヴに比べると圧倒的にコンディションの良さを感じましたね。今まではこっちがドキドキすることも多かったので(笑)。いい意味で力が抜けていたのは、武道館を終えた安堵感と、静岡のまったりムードのおかげでしょうか。
 神宮司くんのドラムスも、彼らしくていいんじゃないですか。彼はあのキャラが健在であればよし。ま、彼もいよいよ大人にならなきゃいけないんですけどね(笑)。
 さてさて、今回は西スタンドの比較的ステージに近い場所でしたので、特に前田啓介くんのベースに注目して鑑賞してきました。今までも何回も書いてきましたけど、私は彼のベースをとっても高く評価してるんですよ。
 今日のライヴでは、6曲か7曲、ピックを使って演奏していましたね。そのピッキングが非常に正確で感心いたしました。プロの方に対して失礼だと思いますが、本当にうまい。いや、実はプロでもですねえ、ライヴになると、急に雑になる人が多いんですよ。特に、前田くんのパッセージはオクターヴの跳躍とか、けっこうピッキング的には難しい場合が多いんです。今日も何曲か意外な曲でピックを使ってましたね。これはフィンガーだろうと思っていた曲でピックを使っていた。難しそうに見えましたが、完璧に弾いていましたね。
 タイトなリズムを刻む時にはピックを使い、独特のグルーヴ感を出したい時にはフィンガー・ピッキングという感じでしょうか。バンドはベースだなあ、と改めて実感。曲のイメージは実はベースが作っているんですね。
 レミオは、比較的ギターが動かないバンドなので、その分、前田君が高音域を効果的に使って、いろいろとオカズを入れています。ですから、左手的にもかなり難しいことをやっているのですが、こちらも安定していますね。コード的な押さえをしなくていけないシーンがたくさんあるんです。それを実に的確にこなしていました。すごい。
 そうしたテクニックや、ライヴ用のオリジナルなパッセージ(おそらくアドリブを含む)を聴いているだけでも、全然飽きませんでした。ま、そんな聴き方してる人いないと思いますけど。せっかくですから、私は勉強させていただきました。ありがとうございます。
 あと、バンド全体としては、本当にコーラスがうまくなりましたね。皆川さんや河口さんも含めて、とってもキレイな響きを作っていました。藤巻君もだいぶ楽になるでしょう。
 楽曲で印象に残ったのは、そうだなあ…まずは比較的新しい曲、「夢の蕾」と「Sakura」でしょうかね。これって改めて聴いてみますと、なかなかの名曲ですねえ。長調の曲の中で、やや不安定な短調への連続的な転調を織り交ぜ、なんとも言えない浮揚感や切なさを表現してますね。自然な歌詞とあいまって、心に深く残る楽曲になっていると思います。
 そうそう、この2曲、ウチの娘の小学校の卒業式で、両方とも使われたそうです。去年までは「3月9日」だったそうですが。新たな旅立ちソングの誕生ということでしょうか。
 そういう意味では、あのオリンピックソング「もっと遠くへ」も、皆川さんのピアノヴァージョンで聴くと、純粋にいい曲だなあと思いましたね。CDなどで聴くと、どうも大仰な印象になってしまうんですけど、こうしてシンプルなサウンドで聴くといいですよ。
 そういう意味では、私の大好きな「アイランド」をああいう形で聴けたのも良かった。名曲中の名曲ですねえ。いろいろな葛藤を乗り越えて、制作当初とは全く違った意味合いをもって演奏しきっていたと感じました。1ヶ所、コード進行を単純化してあったように聞こえたのですが、あれは脱コバタケという意味なのでしょうか。いかにもコバタケ節というところだったので。
 と、いろいろと講釈を述べてしまいましたが、いやそんなことより何より、いつもながらの温かい時間と空間を味わわせてくれた彼らに感謝したいと思います。まさに春はレミオの季節。これから、山梨は梅と桜と桃と菜の花の饗宴のシーズンを迎えます。車の中で彼らの曲を聴く機会も増えそうですね。 また、近い内に彼らの故郷を訪ねてみたいと思います。いろいろな意味で「春」だなあ…しみじみ、そう感じたライヴでした。

不二草紙に戻る

|

« 実家のヘンなモノ | トップページ | 借り物卓球 »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。自分もエコパ行きましたよ。

ベース本当にうまかったですね。動きまくってたし。全体の演奏も安定感あって良かったですね。

投稿: ima♂ | 2009.03.26 00:51

ima♂さん、コメントありがとうございました。
エコパ、いいライヴでしたね。
今までのレミオのライヴの中でも、最も落ち着いて聴けました。
今回は本当に演奏のクオリティーが高かったと思いますよ。
みんなとってもていねいに聴かせようとしていました。
彼らの音楽は歌詞もとても重要ですので、ああいうふうにお客さんがじっくり聴くのもありですね。
私みたいな年寄り(笑)には特にね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.03.26 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/44416485

この記事へのトラックバック一覧です: レミオロメン 『TOUR 2009 “風のクロマ”』@静岡エコパアリーナ:

« 実家のヘンなモノ | トップページ | 借り物卓球 »