« 『アルビノーニ 協奏曲集 作品10』(イ・ソリスティ・ヴェネティ) | トップページ | むすぶ »

2009.02.15

『笑劇開演 小林賢太郎テレビ』(NHK BS-hi)

1 いに興味はあります。嫌いではありません。仕事柄けっこう使います。しかし、難しい。笑いとはなんなのか。答が一つではないような気もします。たとえば、今日「麻生総理の支持率が9.7%」というニュースがありましたが、ほとんどの人が笑ってしまったことでしょう。どこが笑いのツボなのか。ちなみに、それを伝えるアナウンサーは笑っていませんでした。
 ラーメンズについては、以前2回書いています。
第11回定期公演「CHERRY BLOSSOM FRONT 345」
第16回公演 『TEXT』
 今の私の脳ミソで語れることは、そこに全て書いてありますね。この番組でも同じ印象を持ちました。
 ただ、芸ではないドキュメンタリーの部分には、新しい発見がありました。
 まず、彼が言語化せずに絵で構想を練ること。言語、言葉にすると、もうその時点で制約が生まれると。なるほど。そのとおりです。言語とはルールであり、フィクションですからね。意味が固定してしまう。それも社会的な意味が固定されてしまうわけで、おそらく「笑い」の要素たる、パラダイムの崩壊と再構築は難しくなりますね。もちろん彼は、それを逆手にとって「TEXT」のようなメタな作品を作り上げているわけですが。
 絵というか、右脳のイメージというのは、これは実に個人的なものです。そう、言語は「コト」ですが、イメージはまだ半分「モノ」なんですね。「モノ」は不随意ではありますが、生々流転し、無常なる存在ですから、だからこそ、我々の常識やルールを崩してくれる。そこが笑いという快感に結びついていく。
 前にも触れましたが、「笑い」には経験をベースにした、「予想どおり」と「予想外」の両方が必要なんですね。まあ、ワタクシ流に言えば、「コト」と「モノ」のアンサンブルですよ。反復と変奏。お約束とまさか。つまり、左脳と右脳が絶妙なバランスでアンサンブルするのが、小林さんの語った「面白さ」だと思うんですね。そう、昨日まで続けざまにいくつか語りましたけど、いわゆる芸術や芸能、スポーツが生み出す「快感=面白さ」とは、そういう部分に依拠しているような気がするんです。
2 それを小林さんは見事にイメージして、そして具現化してくれる。右脳で思いついて、左脳で表現してくれる。その過程を我々は追体験しているんじゃないでしょうかね。
 あと、面白いなと思ったのは、小林さんが「人を笑わせることに対する憧れ」を持ち続けているということです。天才と呼ばれる彼がそう言うのが新鮮でした。この「憧れ」って、この前のダンスの記事に書いた、その行為自体への「愛」っていうやつでしょう。基本的な「愛」が、小林さんには充実しているんですよ。
 ちょっと、というか、だいぶ話がそれます。今日、生徒と、たまたま、アンサイクロペディアの「風が吹けば桶屋が儲かる」の項を見ました。とても全部読み切れないので、ざっと見ただけです。そこにも笑いの本質が感じられましたね。最初は笑えたんですけど、だんだん飽きてきた。パターン化してきたり、あるいは、狙いが感じられるようになってきたり、どんどん鮮度が落ちてくる。とても2500も読めません。そこで、ぐっと下の方まで飛んでみて、そうしたら、再び大笑いしてしまった。そう、「簡易版・・・というより真理」という項目です。

風が吹く
寒くなる
風呂が普及する
桶屋が儲かる

 これも、いきなりこれだけが提示されても笑わなかったかもしれない。グダグダ2500も無意味な羅列があって、そして一気にここに収束するおかしさでしょうかね。こんなところにも、「笑い」の本質が見えたような気がしました。

不二草紙に戻る

|

« 『アルビノーニ 協奏曲集 作品10』(イ・ソリスティ・ヴェネティ) | トップページ | むすぶ »

モノ・コト論」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

前略 薀恥庵御亭主 様
毎度の駄文で御迷惑 御掛け致しております。
「笑い」は人生哲学ですね。笑
「笑い」は本当に奥が不快×深い◎です。
えぇぇぇぇ・・・
今日(こんにち)では様々な芸人の御方様方が
誤活躍× 御活躍◎されておられますが
愚僧の個人的な想(おも)いでは
「笑い」は「悲哀」だと感じております。
そして「我慢」「人情」「知性」と
続いている様です。笑
そうなりますと・・・・やはり
「笑い」の原点は「人生経験」。
それも悲惨な経験や差別的待遇や
大きな挫折や愛する人との別れなど。
まさに「笑い」は「人生」そのものです。?
うぅぅぅぅん。
愚僧が尊敬する芸人様方を考えますと
「笑い」を極めた一流方ほど・・・・
常識では考えられないような悲惨な・・・
酷い体験を受けておられます。笑
「人間 どれだけ・・・
 泣いたかで 笑いの厚みが鱒×増す◎」
のかもしれません。合唱おじさん 百拝

投稿: 合唱おじさん | 2009.02.17 07:14

合唱おじさん様、いつもありがとうございます。
なるほど、「笑い」は「悲哀」ですね。
優れた芸人さんは、皆、悲哀を笑いに昇華しておられます。
そういう裏表の関係は面白いですね。
悲喜も不二一如なのでしょう。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.02.17 17:09

前略 薀恥庵御亭主 様
御亭主様の申される通りだと凶漢×経巻×
共感◎致しております。
愚僧が学生時代・・・
インド哲学で「梵我一如」を学んだとき
赤塚不二夫様は「ブラフマン」であり
「天才バカボン」は不二一元論文の
最高峰であると確信致しました。←「天災莫迦僧」ですね。笑
想像も出来ないような苦境を乗り越えたとき
「最高の笑い」が生まれるのでありましょう。笑
しかし「ツクヅク自分は馬鹿」だなぁぁぁぁぁ・・・
と思う今日この頃ではあります。苦笑
合唱おじさん   頓首百拝

投稿: 合唱おじさん | 2009.02.18 10:00

合唱おじさん様、おはようございます。
ワタクシも「天才バカボン」は不二一元論の最高峰だと思います。
まじめにそう思っていますし、子供たちに毎日のように見せているのも、実はそういう意味です。
本当に深いですね。救いです。
神です。仏です。
私も馬鹿でいたいなあ。
人間やめて馬鹿になりたいですね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.02.19 08:34

前略 薀恥庵御亭主 様
いやぁぁぁ・・・本当に
ゆっくりと御亭主様の御文章を
拝読でき「しあわせ」であります。
御亭主様のこの日常の語録・・・
本当に貴重であります。
とても内容が豊かで濃くて
楽しくて面白いのです。
とても「大切な物語」であります。
愚僧にとりましては・・・
まさに「断腸亭日乗」の世界です。
「薀恥庵日乗」として後世に
語り継がれてまいりましょう。
笑いといえば・・・・
「永井荷風」様も・・・若かりし頃
朝寝房夢羅久・・・違う・・
「六代目朝寝坊むらく様」に弟子入り
なされ落語家になっておられます。
愚僧のなかでは・・・・
腸×超◎大偉人で在らせられます。笑
うぅぅぅぅん。やっぱり・・・
「笑うってことは素晴らしい」
笑いによって・・・多くの人々が
「しあわせ」になれます。
「笑いは人生の宝」
「不二草紙 万歳」
薀恥庵御亭主様の益々の御活躍を愚僧
こころより御祈念致しております。
合唱おじさん     頓首百拝

投稿: 合唱おじさん | 2009.02.25 21:37

合唱おじさん様、どうもありがとうございます。
過分なおほめの言葉にたじろいでしまいます(笑)。
本当につまらぬ独り言にしかすぎないのです。
でも、どなたかに読んでいただいているというご縁をいただいて、
言葉が勝手に生まれてくるのも事実です。
ありがたや。
自分一人では絶対に絶対に毎日文章なんて書けません。
皆様のお力あっての不二草紙です。
私も精進しなくてはいけませんね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2009.02.26 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/44078570

この記事へのトラックバック一覧です: 『笑劇開演 小林賢太郎テレビ』(NHK BS-hi):

» NHK bs 小林賢太郎 [youtube最新動画ニュース★]
ラーメンズ 小林賢太郎プロデュース公演 KKP#5 TAKEOFF ライト三兄弟(DVD) ◆20%OFF!商品価格:2,799円レビュー平均:4.5劇的笑動小林賢太郎TVを観る<NHKの番宣より> コントユニット「ラーメンズ」の作家兼演者、小林賢太郎さん。 公演のチケットは毎回即日完売する、カリスマお笑いパフォーマーです。 番組では、小林さん自らデザインしたセットに立ち、自ら書いた台本を自らが演じる" ...(続きを読む) 『小林... [続きを読む]

受信: 2009.02.17 16:08

« 『アルビノーニ 協奏曲集 作品10』(イ・ソリスティ・ヴェネティ) | トップページ | むすぶ »