« 『新しい文化「フィギュア」の出現 ~プラモデルから美少女へ~』 (NHK ETV特集) | トップページ | 『数学ガール 上』 結城浩 (著),日坂水柯 (イラスト)  (メディアファクトリー) »

2008.12.01

『桜えびかりんとう』 (小倉食品株式会社)

Img10413703238 岡からのお土産です。親父が買ってきてくれました。ほかにも生桜えびなども。桜えびについては、こちらに書きましたので繰り返しません。世界でも駿河湾でしか獲れない珍味です。
 で、今回新たにヒットだったのは、この「桜えびかりんとう」。なんでも今年の春に発売されたばかりだそうで、発売後はずいぶんと人気になっているようです。テレビでも紹介されたとか。
 まず袋を開けますと、なんとも言えないあの桜えび独特の香りがしてきます。しかし、見えるのは、まあ普通のかりんとうです。黒糖ではないので色は薄めですけど、決して桜色とかではない。
 そうしますと、頭は混乱しますね。嗅覚からは桜えびの味が想像されますし、視覚からは甘いかりんとうの味が想像されますから、味覚の予覚はかなり微妙なものになってしまいます。今まで体験したことのない味を味わうというのは、一つの楽しみでありますが、そのエレメントに関してそれぞれの味の記憶がありますと、うまいこと統合されず、こうしてあまり芳しくない予想が成立してしまうことがよくあります。
 そうそう、ちょっと離れますけど、たとえば最近全国デビューしたらしい超局所的グルメである「青森ラーメン」なんかもその例でしょう。なにしろ、スープは「味噌カレー牛乳味」だそうですから。それぞれのイメージはありますけど、混ざるとどうなるのかは、正直未知なる世界。不安の方が先立ってしまいますね。まあ、こちらで食べた「豆乳カレーラーメン」から想像するに、けっこうおいしそうですけどね。
Img10293724503 でも、やっぱり桜えびとかりんとうはなあ…似た組み合わせもあんまり体験したことないし…などと、多少不安に思いながら、さっそく口にしてみました。
 うん!これはおいしい!!
 まず、思ったより甘くない。そして、微かな甘さの中から滲み出てくるあの桜えびの香ばしい味わい。また、生地を牛乳で練ってあるということで、噛めば噛むほどにまた柔らかな味わいが深まります。
 天日干しした極上の桜えびを粉末にして、練り込んだり、あるいはコーティングしているようですね。開発者の方によりますと、小麦粉のグルテンが桜えびパウダーとうまく混ざらず苦労したとか。
 意外だったのは、スイーツ系でありながら、日本酒にも合うということです。特に辛口のお酒とは不思議なハーモニーを醸し出します。意外な出会いですねえ。
 桜えびのせんべいや、フライ系スナックは今までもありました。そう、どうしても発想が「しょっぱい」系に行ってしまいますよね。私も、甘く仕上げるという発想はありませんでした。考えてみれば、もともと海産物って甘く煮込んだりされてきましたよね。海産物には海独特の塩分が含まれるわけですが、その塩や、旨味成分のアミノ酸自体が、本来甘みと相互依存的に使われてきたわけですからね。そのバランスさえしっかりしていればおいしくなるのは当然と言えば当然なのかもしれません。
 こういう新しい発想での商品開発というのは楽しいですね。世界の桜えびをもっと知ってもらうために、さらなる新製品の開発を期待しちゃいます。


桜えびかりんとう1袋
桜えびかりんとう5袋セット

小倉食品株式会社

不二草紙に戻る

|

« 『新しい文化「フィギュア」の出現 ~プラモデルから美少女へ~』 (NHK ETV特集) | トップページ | 『数学ガール 上』 結城浩 (著),日坂水柯 (イラスト)  (メディアファクトリー) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/43287982

この記事へのトラックバック一覧です: 『桜えびかりんとう』 (小倉食品株式会社):

« 『新しい文化「フィギュア」の出現 ~プラモデルから美少女へ~』 (NHK ETV特集) | トップページ | 『数学ガール 上』 結城浩 (著),日坂水柯 (イラスト)  (メディアファクトリー) »