« 『トンデモ日本史の真相』 原田実 (文芸社) | トップページ | 『新しい文化「フィギュア」の出現 ~プラモデルから美少女へ~』 (NHK ETV特集) »

2008.11.29

モーツァルト 『レクイエム ニ短調(弦楽四重奏編)』 クイケン弦楽四重奏団

MOZART, W.A.: Requiem in D minor
(arr. for string quartet by Peter Lichtenthal)
the Kuijken String Quartet
Sacc72121 れは美しい。もしかして原曲よりもいい?
 まずは、当時このような形でモツレクが演奏されていたというのが驚きでした。編曲したのは、モーツァルトの息子カールの友人だったというアマチュア音楽家にして医学博士、そして役人だったペーター・リヒテンタール(1780-1853)。この人、なかなか優れたセンスの持ち主ですね。
 あのあらゆる意味で大規模かつ重厚なレクイエムを弦楽四重奏で演奏しようというのも、考えてみればかなり思い切ったアイデアですよね。そして、無駄な音や足りない音が一つもないと言われる、いや本人もたしかそんなことを言っていたと思いますが、そういうモーツァルト作品から、どんどん引き算していくということは、少なくとも私のような凡人にはとてもこわくてできません。
 それをこういう次元で成し遂げたリヒテンタールという人、純粋に素晴らしいと思います。引き算的編曲の難しさというのは、言わば受験国語における要約作業みたいなもので(ちょっと違うか)、まずはその本質を捉えていなければなりませんし、最終的に一つの文章として完成されていなければなりませんから、かなりの技術を要すると思います。
 ただ、我々はモツレクを何度も聴いていますから、その記憶と重ねて空白を埋めるということをしているとも言えます。ですから、純粋にモーツァルトのカルテット曲として、初めて聴いたとしたら、どのように心に響くかは、ちょっとわかりません。うん、永遠にわからないかもしれませんね。
 ただ、この素晴らしい演奏の基本には、やはり原曲の「歌」があることはたしかです。クイケン・カルテットの皆さんは、当然この原曲を演奏、あるいは指揮したことがあるわけで、その音楽的構造や歌詞の世界を知り尽くしているわけですよね。その上でのこの編曲版の演奏ということですから、当然原曲的理解がその根底にあるはずです。
 そういう意味では、私もこの曲をこういう形で演奏してみたいと思いますね。歌と楽器の関係、あるいは楽器によって歌うことと語ることの意味を最近よく考えているので、とっても勉強になりそうに思うからです。
 あとはやはり言葉の問題ですね。言葉と音楽の関係は当然深いものがあるわけですが、逆にこうした純粋な器楽曲における言葉の問題は、演奏家にとってとっても厄介な問題なのです。たとえば、こういう本来言葉が中心の音楽から、その主役を取り去って演奏することによって、逆に純粋さ、ある意味では崇高な宗教的意味が表現されてしまうというジレンマというか、パラドックスが成立してしまうわけでして、それは素晴らしいことなのかどうか、実は微妙なわけですね。
 そう、それは演奏家にとっての厄介な問題というより、言葉による表現者にとっての厄介な問題と言うべきかもしれない。言葉があまりに饒舌で、語りすぎてしまうことは往々にしてあります。あるいは言葉が意味を限定しすぎてしまうこともある。そこに、たとえば日本古来の和歌や俳句のような引き算の表現の可能性も生まれてくるわけですが、そういう言葉という縁取りの外側の余白が持つ可能性というのは、洋の東西を問わず全ての芸術家を刺激し、悩ませてきたことなのでした。
 いずれにせよ、言葉で表現されるべきことを、言葉を離れて見直してみるというのは、ある意味人間がその衣服を脱ぎ捨てて自然の状態に帰ることですから、それは面白く、また恐ろしいことなのです。
 私はそういう勇気ある挑戦をした、リヒテンタールとクイケン弦楽四重奏団の皆さんに敬意を表したいと思います。
 誰か一緒に挑戦しませんか?私はヴィオラを弾きますので、ヴァイオリンとチェロで参加してくれる方、募集します。ま、実際は難しいこと考えずに響きを楽しみたいと思いますので。てか、技術的に弾けるかどうか微妙だな…。

 クイケン弦楽四重奏団
 ・第1ヴァイオリン:シギスワルト・クイケン
 ・第2ヴァイオリン:フランソワ・フェルナンデス
 ・ヴィオラ:マルレーン・ティエルス
 ・チェロ:ヴィーラント・クイケン

NMLで聴く

不二草紙に戻る

|

« 『トンデモ日本史の真相』 原田実 (文芸社) | トップページ | 『新しい文化「フィギュア」の出現 ~プラモデルから美少女へ~』 (NHK ETV特集) »

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

僕がファゴット吹きじゃなくて、チェロ弾きだったら、「はい、参加します!」って手を挙げたいところですね。弦楽器奏者には弦楽四重奏という膨大なレパートリーがあって羨ましいとは、いつも感じることです。

投稿: mf | 2008.12.03 23:11

mfさん、おはようございます。
そうですねえ、たしかにカルテットは膨大にあります。
でも、私ほとんどやったことがないんですよ。
古楽やバンドやってるからか、リズムセクション(チェンバロやドラムス)が入ってないと、なんだか弾けません(笑)。
ああ、そうそう、どうせ編曲ものですから、木管アンサンブルでやってみてはいかがですか。
それはそれで面白いと思いますよ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.12.04 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/43270634

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト 『レクイエム ニ短調(弦楽四重奏編)』 クイケン弦楽四重奏団:

« 『トンデモ日本史の真相』 原田実 (文芸社) | トップページ | 『新しい文化「フィギュア」の出現 ~プラモデルから美少女へ~』 (NHK ETV特集) »