« 『ウェブ時代の5つの定理 この言葉が未来を切り開く! 』 梅田望夫 (文藝春秋) | トップページ | 『親愛なるマリー・キュリー 女性科学者10人の研究する人生』 猿橋勝子(監修) (東京図書) »

2008.09.29

サラリーマンNEO season3 最終回(NHK)

 夜の最終回。今日帰宅後に録画を観ました。昨年も最終回について書いてますね。『サラリーマンNEO season2 最終回』→福田総理大臣NEO初回(?)です。あれ?福田さんのNEOはいつのまにか終わってしまいましたね、season1の途中で(笑)。
 昨年の記事にも書きましたが、NEOが終わると秋だなあと思います。今日はとにかく寒くてストーヴをつけてしまいました。最近仲が悪かった3匹の黒猫たちも、肩を寄せ合って寝ています。寒いと人間も含めて動物は仲よくなるんでしょうかね。
08saijyo さて、season3の最終回、まずは「就活一直線」でした。思えば昨年の最終回に登場した「昭和の生き残り型(西條浩一)」がこうして主役を取ったんですよね。私たち夫婦の目の付け所がよかったわけでしょうか。
 しかし、たしかにこういう昭和の体育会系文化というのは消えつつありますね。なんとなく淋しいかぎりです。スポーツの世界でさえも「根性」は排される傾向にあります。単なる勝ちを目指すのだったら、たしかに「根性」や「しごき」や「かわいがり」は必要ないでしょうが、失うものも多いような気がしますよ。特に西條さんの所属している柔道部の変貌ぶりには目を覆いたくなります。ま、日本柔道界自体がJUDOを目指しているようですから、末端の部活動が変るのも仕方ありませんが。
08ol 続いて「スケバン欧愛留」です。このコーナーはやられる男性陣に見どころがあります。今日はとうとう生瀬さんがやられました。もともとこういうやられ役、困った表情が得意な生瀬さんですからね、それはそれは見事なやられっぷりでした。
 そして、昭和の駄洒落の連発。これには苦笑した御仁も多くいるのでは。必ず職場にいますよね、そういう人。私は基本、駄洒落は言わないと心に誓っているんですが、どうも最近おやじキャラになってきたらしいので、あえて文化伝承のために駄洒落を使おうかなと思ってるところです。
08sexy 次は…出、出た!セクスィー常務!!こういう展開とは…。いやはや、セクスィー部長に上司がいたとは。いや、まずセクスィー部長のピンチにバッハのマタイ受難曲の終曲がかかった時点でイヤな予感がしたんですよ。キリストのピンチに父なる神が降臨か!?うむ、リアル草刈正雄を使うとは…NHKおそるべし。作られた沢村一樹セクスィー部長とは違い、素(ス)だぞ草刈!新キャラとして来年はレギュラーになるんでしょうか。それとも、ウルトラの父みたいな役柄なんでしょうか。
 それにしても、「セクスィーは生き方なり」とはよくぞ言ってくれました。今の世の中にかけているのは、こうしたセクスィー=ダンディズムだと思いますから。私もおやじキャラになってきたのを機にセクスィーを目指しましょう(笑)。
08nyao 清楚で品のある女性4人、原史奈さん、奥田恵梨華さん、中越典子さん、堀内敬子さんがビールで乾杯しているNYAO。最近私の中で奥田恵梨華さんの株が急騰しています。彼女は地味と言えば地味ですが、このNEOを通じて、いろいろな役柄をこなせるようになりましたね。番組が女優を育てるいい例だと思います。いつかも書いたように、ものすごい実力派の俳優さんたちに囲まれてますからね、収録一回一回がおそろしく勉強になるでしょう。これからの活躍にも期待します。がんばって下さい。
08ikeda さて、いよいよseason3最後のコント。「雨降る夜に」です。なんと言っても池田鉄洋さんの濃さが印象に残るコーナーでしたなあ。他のコントも含めて、比較的不幸せな役柄が多かったけれど、なんとなく共感できるキャラを演じるんですよね。ただ叫んでるだけに見えるかもしれませんが、彼の演技や存在感にはなんとなく淋しさが漂っていていい。
 ところで、最近気づいたんですが、私の大好きなレミオロメンの「3月9日」のPVに、池田さん出てるんですよね。それもとってもハッピーな新郎役として(笑)。なんか改めて観ると笑えますね。あの雰囲気の中で池田さんの新郎ですからねえ。ナイス・キャスティングなのか…微妙だな(笑)。妙子さんと結婚したのかな。無事サラリーマンになれたのか、それともミュージシャンになったのか(笑)。どこに出てるか、探してみて下さい。ちらっちらっとしか映ってませんけど、なんか存在感あります。

 ああ、秋だな。長い冬が来るな。受験のシーズンだなあ。そして卒業の春が来る…頑張ろ。

サラリーマンNEO公式

不二草紙に戻る

|

« 『ウェブ時代の5つの定理 この言葉が未来を切り開く! 』 梅田望夫 (文藝春秋) | トップページ | 『親愛なるマリー・キュリー 女性科学者10人の研究する人生』 猿橋勝子(監修) (東京図書) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>あえて文化伝承のために駄洒落を使おうかなと思ってるところです。

友人に駄洒落の好きな男がいるのですが、そのせいで家族を含む周囲の人間に四六時中蔑まれています。(何故、駄洒落はこれほど疎まれるのでしょう?)
ところが、当人曰く「駄洒落を言った後の反応(特に婦女の冷たい視線)が堪らない。」のだそうで、自分としては“してやったり”なんだそうです。
深いです。深いです。

投稿: LUKE | 2008.09.30 23:57

LUKEさん、おはようございます。
なるほど!それは深いわ。
そうかあ…そういうスタンスですね。
私にはそんな勇気は…ないかなあ。
とりあえず女子高生の前でやると、まじで嫌われちゃうのでやめときます(笑)

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.10.02 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/42639743

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンNEO season3 最終回(NHK):

« 『ウェブ時代の5つの定理 この言葉が未来を切り開く! 』 梅田望夫 (文藝春秋) | トップページ | 『親愛なるマリー・キュリー 女性科学者10人の研究する人生』 猿橋勝子(監修) (東京図書) »