« 純米吟醸生酒『丁子屋』(富士高砂酒造) | トップページ | 『プロレス黄金期伝説の名勝負』 (別冊宝島スペシャル) »

2008.05.11

ゆとりありすぎ!?

Sany0074 ←click!
 真は去年撮ったものです。今日ふと思い出したので紹介しておきます。
 山中湖から篭坂峠を越えて、御殿場方面に向かって国道138号線を下っていますと、カーブの正面にこのシュールな看板が目に飛び込んできます。けっこうよく使う道なんですけど、通るたびに笑ってしまうというか、戦慄するというか、なんというか…。
 いや、気づくまで、おそらく百回単位でそこを通過し、何気なくこの絵も見てたんですよね。でも、それほど深く考えなかったのか、特に変だとも思わなかったのです。それが、ある瞬間からもうツボにはまってしまい、とても無視できなくなってしまいました。
 だって、どう考えても「安全運転」じゃないっすよ!(笑)。まず第一、運転してるのはどう見ても子どもでしょう!これがもし成人だったら、それはそれでコワイっすよ。
 さらに運転手も同乗者も、窓から顔を出して、というより身を乗り出して、そしてこっちに向かって手を振ってます。非常に危険な運転ですよね。暴走族の箱乗りに近い状態です。
 さらによく観察しますと、この運転手、妙に顔がでかい。これは運転中に顔を出したというより、最初からこの状態で運転していたと考える方が自然です。とても窓から出し入れできる大きさではありませんから。
 そして、その運転手の顔の大きさと、同乗者の顔の大きさの比が不思議なことになっている。遠近法を無視したおそろしい構図です。同乗者は助手席に乗っているんでしょうか?それとも、後部座席に座っているんでしょうか。それを考えると、こちらは運転中、心のゆとりは失われ、全く楽しくないドライブになってしまいます(笑)。もしかして、これはホラーなのでは…。
 この二人、いちおうシートベルト様の物体を体にからめているようです。そんなところは妙に律義なんですけど、しかし、やはり非常に危険な状況には変わりありません。
 いったい、御殿場警察署はいかなる意図をもってたのような看板を設置したのでしょう。だいいち、背後の木が生い茂って、字が読めなくなっています。「心のゆとり○ 楽しいドライブ」の○の部分はいったいなんという文字が入るのでしょう。「で」が一般的な可能性でありますが、いや、このシュールさから言って、そんなに単純なはずはない。少年的に「さ」かもしれないし、やや断定的に「だ」かもしれない。いや、彼らのことです、暴走族的に「じゃ」かもしれない…((((;゜Д゜)))。
 とにかくこいつら「心のゆとり」ありすぎじゃありませんか?一般の運転手たちを戦慄させ、たしかに自身は「楽しいドライブ」を実現しているかもしれない。しかし、とても安全運転とは言えませんな。
 皆さんも一度生でご覧下さい。このあたりには他にもシュールな看板や標語が散在しております。そういう意味ではたしかに「楽しい」のかもしれません。
 ちなみに看板の足に刻まれている文字は「贈 泰平サービス」です。

不二草紙に戻る

|

« 純米吟醸生酒『丁子屋』(富士高砂酒造) | トップページ | 『プロレス黄金期伝説の名勝負』 (別冊宝島スペシャル) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 かわいらしくて良いじゃないですか。(笑)私が何度この看板と遭遇してもサラッと流してしまうでしょう、きっとね。庵主様、なんだかゆとり無さ過ぎっす。(笑)面白いねぇ。

投稿: LUKE | 2008.05.13 01:36

LUKEさん、たしかにゆとりなさ過ぎです。
この前を通る時、妙に緊張します。
対向車線からこんな車が来たらどうしようって。
…とか言って、わざわざ車停めて写真撮ってるくらいですから(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.05.13 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/41177706

この記事へのトラックバック一覧です: ゆとりありすぎ!?:

« 純米吟醸生酒『丁子屋』(富士高砂酒造) | トップページ | 『プロレス黄金期伝説の名勝負』 (別冊宝島スペシャル) »