« 横浜高校に惜敗!(春季高校野球関東地区大会) | トップページ | エックスバイク »

2008.05.18

BUMP OF CHICKEN ライヴ at さいたまスーパーアリーナ

2008 BUMP OF CHICKEN TOUR ホームシック&シップ衛星
080518b ンプのライヴに初参戦。一発で彼らの偉大さと魅力に打たれました。神ライヴでした。
 聴く方もやる方も、いろいろなジャンルのライヴを体験してきましたが、あの一種独特なムードは、正直予想以上というか、未体験ゾーンでしたね。おそらくあの会場のほとんどの人が不思議な興奮と陶酔の渦に呑まれていたと思いますけど、まあそこはある意味いつも冷静な(?)ワタクシのことであります…というか、単にそこまでコアなファンでなく、また年寄りだからかな…、皆さんとは多少違ったレポートができるのでは。
 まず一言。やっぱり彼らの音楽はゴスペルでした。以前こちらで語ったように、彼らの言葉と音楽は福音である…いや、彼らの存在自体がファンにとってはまさに励ましであり、癒しであると思いました。あるいは言い方としては不適切かもしれませんけれど、これは一種の宗教的関係だなと感じました。もちろん、私はそれが悪いことだと思いませんよ。本来の音楽の力、言葉の力とはそういうものであるべきだからです。
 私、さいたまスーパーアリーナは松田聖子の命降臨ライヴ以来なんですが、あの時感じた宗教性とはまた違った宗教性ですね。なんというかなあ、より身近な神なのかなあ、より共依存性が高かったような気もします。聖子さまとファンの関係にも、もちろん支え合い的な雰囲気はありますけど、より現実感のある言葉を通じての接続というのかな、バンプとファンの間には、かなり太くて短い回路を感じました。
 客層は幅広かったと思います。予想以上に男性が多く、また自分があるいは最年長なのではと思って会場入りしましたけれど、実際「負けたな」と思えるおじさんおばさん(特におじさん)もチラホラと。他のバンドのライヴとは明らかに違う雰囲気でした。なんとなく顔つきやファッションなんかもある種の傾向があるような(笑)。
 私は400レベル(チャマ的には3階になるのかな…笑)でしたから、スタンディングであるアリーナの様子をはじめ、全体をよく見渡すことができました。会場の全ての人が、とにかくバンプと同じ空間にいることを体全体で感じ、彼らの言葉と音楽を一粒残さず味わおうとしている雰囲気でしたね。アリーナを中心に、それなりにロックのコンサートという雰囲気もあった。けれども、その集中力というかですねえ、特にバラード曲での、あの直立緊張状態は普通じゃなかったなあ。祈りの形ですよ、あれは。
 実際、藤原くんは変え歌詞、変えメロディーを頻繁に行います。そこに耳を澄ましていなければならない。そういう集中力というのもあるのでしょう。そういう意味でも、今回はバンプは実にライヴ・バンドだなあと思いましたね。演奏技術も意外なほど(失礼)高かった。特に藤原くんってやっぱりギタリストだなあと感じました。さすが、藤井一彦さんの申し子ですな。正直、地味な増川くんよりもギタリストしていたかもしれません。
 演出的にも全くの必要最小限で、あの広い会場でも、とにかく音楽勝負、余計なことよりもひたすら音楽による一体感を追求していました。何かとエンターテインメントになりがちな(それもそれで価値がありますが…例えば昨年の関ジャニ∞など)ライヴが多くなっている中、彼らのストレートな気持ちというのは実に純粋に、そして崇高に感じられました。
 音楽的には、繰り返しになりますが、ゴスペルだなと。バックボーンがカントリーやブルーグラスであるのは一聴瞭然。スリーコードを主体として、そして特にサブドミナント指向が強いので、それは当然の印象です。終止もいわゆるアーメン終止な曲が多数あるので、それはもうほとんど賛美歌に近く感じられます。そこにあの歌詞、そしてライヴならではの節回しは、これはもうR&B風ですからね、もう完全にWhiteとBlackの融合、すなわちゴスペルですよ(象徴的だったのは「花の名」でしょうか)。さらにクリーンなギターサウンド、無駄や派手さのないアレンジなどもまた、そちら風な味わいを醸します。いいんじゃないですか。こういう形で世界の伝統音楽を継承するというのは。
 さて、藤原くん以外のメンバーのキャラというのは、今回初めて知ることができたわけですね。増川くんはさっき書いたようにとにかくギタリストにしては地味で大人しいなと。ベースの直井くんは…うん、ああいう人、絶対必要だな。あのバンドにとって彼は非常に重要なポジションを担当してますね。音楽的にというよりも、社会的にね。ああいう社会性がなかったら、このバンドは…笑。ドラムの升くんは私の好みのタイプ(笑)なんですけど、あいかわらず社長然としていて、全体を静かに安定感たっぷりで支えていました。ある意味、かの会場全体を見えない力で取りまとめていたのかもしれない。社長じゃくて名誉会長って感じ(?)。
 まあ、ほかにもいろいろと書きたいことがありますが、あんまり知ったかぶって語りますとマニアの方(生徒)に怒られるので、このへんにしておきます。最後にセットリストを。たぶん合ってます。ワタクシ的には生ギルドが聴けたのと、あとほぼ新曲だったプレゼントを聴けたのが収穫かと。

01. 星の鳥
02. メーデー
03. 才悩人応援歌
04. ラフ・メイカー
05. アルエ
06. ハンマーソングと痛みの塔
07. ひとりごと
08. ギルド
09. 花の名
10. arrows
11. 飴玉の唄
12. 真っ赤な空を見ただろうか
13. かさぶたぶたぶ
14. ダイヤモンド
15. 天体観測
16. supernova
17. 星の鳥reprise
18. カルマ
19. flyby

EC1. プレゼント
EC2. グロレボ
EC3. ガラスのブルース(ノーマルver)

 あっ、あとテレビの撮影が入っていました。本格的にたくさんのカメラを入れてましたので、DVDかなとも思いましたけど、どうもNHKのスーパーライブらしい。きっと夏にやるのでしょう(…7月25日でした!)。
 最後に愚痴を一つね。音悪すぎました。低音出し過ぎ、響き過ぎ。せっかくの歌詞が聴きとれない。残念。

ps ひまがあったら、プレゼントの歌詞を上げます(今、数人で復元中)。
 数人の記憶をパズルのように組み合わせておりますが、正直難航してます(笑)。いちおう私国語のセンセイなので、ストーリー的に記憶していたつもりなんですが、参戦した生徒たちの話を聞くうちにどんどん混乱してきました(ある程度メモったんですけど)。
 こんな調子じゃ、発売まで待った方がいいかもしれませんね。でも、ちょっとだけ、絶対自信があるところだけは載せちゃいましょう。既存の部分は省略。かな〜〜り虫喰い状態っす。
(6/18追記 発売後、答合わせしてみました。〈 〉内が正解…30点くらいかな。人間の記憶というのは案外いい加減で、案外正しいということですな)

 そこ〈世界〉にいない気がした夜があって
 自分がいない気〈気分〉にひたった朝があって
 目を〈は〉閉じて…(?)
 口を〈も〉閉じれば…(?)
 …作った感情だって今〈頑丈な扉〉
 この世で一番高い〈固い〉壁で囲った〈囲んだ〉部屋
 …(両)耳が待つのは
  この世で一番軟らかい動き〈ノック〉の音(?)

 (サビ)きっと今もまだふるえながら笑おうとしない〈笑おうとして泣いて〉(?)
 …今日も〈音のない声で〉助けを呼ぶ…それは正しい(かなしい?)姿

 (中間部)…笑ってごらん〈←なし〉
 壁だけでいい所にわざわざ扉作った(?)
 嫌いは〈だ〉全部好きなのに
 (間奏)
 ええと、うん
 大丈夫、君はまだ君自身をちゃんと見てあげてないだけ
 誰だってそうさ、君一人じゃない
 ひどくはずかしいことで
 でも…(?)
 ぼくだってね…誰にも足りない〈頼めない〉ことで

 まあいいや
 少なくとも…

 (全然違ったら笑えるな…あんまりあてにしないでくださいね) 


追伸 もひとつオマケに。今日は新宿でバロック・アンサンブルの練習ののち、たまアリに向かったのですが、ウチのバンド(?)もバンプも、チューニングはA=415ですので、調性的な違和感はありませんでした。意外なところで我々はつながっている!?

不二草紙に戻る

|

« 横浜高校に惜敗!(春季高校野球関東地区大会) | トップページ | エックスバイク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

会場内で写メはだめですよ(^^)

投稿: 。 | 2008.05.19 13:49

ご指摘ありがとうございます。違うものに差し替えますね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.05.19 16:46

先日はどうもありがとうございました!
数年ぶりのBUMPワンマンライブ、
ものすごい楽しかったです(笑)
セットリストコピペさせてもらいますm(__)m
では次回、フジファブリックで☆

投稿: ユキ | 2008.05.22 10:17

ユキねえさん、どうもです。
この度は本当に誘ってくれてありがとう。
素晴らしい経験ができましたよ。
私もすっかりBUMPに魅せられてしまいました。
もうちょっと深入りしてみようかなと思います。
とりあえず藤原くんの詩を勉強して、授業の教材にしてみます。
そうそう、この前はフジファブリックで授業したんですよ。
来週も楽しみですね。
頑張って仕事しましょう(笑)

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.05.22 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/41253232

この記事へのトラックバック一覧です: BUMP OF CHICKEN ライヴ at さいたまスーパーアリーナ:

» 【bump】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
bump に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [続きを読む]

受信: 2008.05.19 12:23

« 横浜高校に惜敗!(春季高校野球関東地区大会) | トップページ | エックスバイク »