« “Wonderful&Beautiful”レミオロメン TOUR 2008 at 山梨県民文化ホール | トップページ | 『計算力が強くなるインド式すごい算数ドリル』 赤尾芳男 (池田書店) »

2008.03.12

縦書き文庫

 国語の教師だからでしょうかね、いや、単に日本人だからでしょう、とにかく私は縦書きが好きです。本当ならこのブログも縦書きで執筆・公開したいところです。しかし、インターネット・ブラウザ上で縦書き表示をするというのは案外困難でして、今までも先達のお知恵を拝借していろいろやってみましたが、ブログという形ではどうにもうまく行きませんでした。このような素晴らしいサービスもあるにはあるんですけどね、まだ一般ユーザーには提供されていません。残念。
 最近全くの放置状態になっている本体「不二草紙」は、縦書きが基本になっています。これはFreeway Expressというソフトを使って作っておりまして、テキスト入力したものを縦書きの画像に変換してくれる機能を利用しています。なお、そのコンテンツの中の「随想駅伝」…たすきが途絶えております(汗)…はpdfで縦書きにしています。画像の場合はファイルが大きくなりますしコピペもできません。検索にももちろんひっかかりませんね。pdfもプラグインが必要だったり、読み込みに時間がかかったりして、なんとなく不自由。両方ともきれいなのはいいのですが、手軽さに欠けます。
 そんな状況の中で、最近注目していたのが、こちら縦書き文庫さんです。基本的にHTMLによる縦書きを実現してくれていまして、ブログへの貼り付けにも対応しています。さっそく登録して使ってみましたところ、なかなか便利でしたのでここに紹介しておきます。
 本来は自分の文芸作品を公開して読んでもらったり、青空文庫収蔵の作品をブラウザ上で手軽に縦書きで読んだりすることを目的に開発したものですから、このような使い方は邪道なのかもしれませんが、ブログ上で手軽に縦書きを実現したいと考える人々にとっては、まさに「神業(かみわざ)」的なサービスの登場と言えるのではないでしょうか。ありがたや。
 まず試験的に不二草紙の随想駅伝の一つを縦書きにして貼り付けてみますね。吉井和哉さん関係でよく引用している「大切(←クリックするとpdfが開きます)」です。

 どうですか?なかなかですね。全画面への切り替えもできますし、フォントなどの調整も可能です。HTML方式で生じる、「っ」のような小さい字の不自然な配置はいたしかたないとして(Windowsではその問題も解決してるようですね)、その他は非常によくできていると思います。
 まだ開発中ということですから、これからどんどん改良されていくことでしょう。
 全世界のブログの3分の1以上が日本語で書かれているとか。この際、思いっきり縦書きブログを増やして、世界に縦書きを広めましょうか…無理無理。

不二草紙に戻る

|

« “Wonderful&Beautiful”レミオロメン TOUR 2008 at 山梨県民文化ホール | トップページ | 『計算力が強くなるインド式すごい算数ドリル』 赤尾芳男 (池田書店) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

コメント

特別なソフトや専用のサービスを使わなくても、ブログを縦書きにすることはできますよ。しかも、その方法はとても簡単です。

大切なことは、「縦書きにしよう」と思ったら、それを実行できる行動力ですね。どんなに簡単なことでも、行動しようという気持ちがなければ実現できません。

投稿: アポロ | 2008.03.14 15:45

アポロさん、コメントありがとうございました。
残念ながら当方はMac使いのため、IEでもそちらのブログは横書きになってしまいました。
しかし、興味深く記事を拝見しましたよ。
ただ、現状では私にはその行動力はわいてきません。
もちろん時間がないという以前に根性がないのだと思います。
実はそこまでのこだわりがないのかも…。
それこそほかに実行すべき「大切」なことがいろいろとありますし(笑)

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.03.14 17:07

 私も日本語の横書き反対派でございます。読んで頭に入りにくいんですよ横書きの日本語は。(T_T)(←とはいえ、せっかく培ってきた顔文字文化を諦めるのもつらい話ですが。)
 ま、PC(MAC を含む)そのものが横書きを基本としたユーザー・インターフェイスですし、その影響は当然ブラウザや、果てはブログの基本レイアウトにまで及んでいますので、ブログ本文のみ縦書きにした所で、肝心のメニューが横書きのまま残されたりしますと、さながら大型爆撃機に竹槍で挑むような虚しさも無きにしも非ず。で、結局諦めたんです、過去、私も縦書きのブログを...。orz(←横書きも悪くないですな。笑)

投稿: LUKE | 2008.03.14 23:15

LUKEさん、おはようございます。
そうですね。私も全く同感です。
私なんか仕事柄縦書きばっかりなので、
たまには横もいいかなって、このブログを通じて思うようになりました。
違う自分、ちょっと世界に開いた自分というような気もします。
読むだけでなく、書く時も縦書きと横書きでは全然違う自分になる(つまり違う文章になる)のは面白いですね。
そうそう、たまにこのブログの記事を縦書きにして読むことがあるんですけど、なんか変なんですよ。
特にorzとかバカみたいになっちゃいますよ(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.03.15 06:51

>読むだけでなく、書く時も縦書きと横書きでは全然違う自分になる(つまり違う文章になる)のは面白いですね。

 ほう! 言われてみるまで気が付きませんでした。
 私はブログや掲示板の書き込みでは意識的に文体を書き分けています(色々あるのですが、一番の理由は個人を特定されないためです。)が、確かに自分の縦書きの文章を確認してみると、結構抽象的だったり妄想的だったりしていますね。なるほど面白い。

投稿: LUKE | 2008.03.15 21:54

LUKEさん、そうなんですよ。
私は自分でもびっくりするほど、横書きと縦書きでキャラが変わります。
もちろん2ちゃんに書き込んだりする時も別人ですが(笑)
どれが本当の自分なのか、自分でもわかりません。
たぶん全部自分なんでしょうね。面白いもんです。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.03.16 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/40481558

この記事へのトラックバック一覧です: 縦書き文庫:

« “Wonderful&Beautiful”レミオロメン TOUR 2008 at 山梨県民文化ホール | トップページ | 『計算力が強くなるインド式すごい算数ドリル』 赤尾芳男 (池田書店) »