« 『かがり美少女イラストコンテスト』(秋田県雄勝郡羽後町) | トップページ | 『快楽なくして何が人生』 団鬼六 (幻冬舎新書) »

2008.03.18

Monday満ちる 『My Ever Changing Moods』

51tbpdgcvdl_aa240_ うわぁ!これはいいアルバムだ!曲もアレンジも演奏もツボですぞ。
 日本が誇るジャズ・ジャイアント秋吉敏子さんの娘さんであるMonday満ちるさん。今までも彼女のアルバムは時々聴いてきましたが、どちらかというとエレクトリック寄りのアシッド・ジャズということで、どこか私としては入りきれないところがありました。
 しかし、このアルバムは完全アコースティックですし、レコーディングもライヴ形式。そして、楽曲は80年代ポップスが中心ですからね、耳に馴染みますよ。名曲はどんなふうにアレンジされても魅力的ですねえ。まず曲目から紹介しましょう。

01.Walking In Your Footsteps(ポリス)
02.True Colors(シンディ・ローパー)
03.Call Me(ブロンディ)
04.Vera Cruz(ミルトン・ナシメント)
05.Journey to the Light(ブレインストーム)
06.Remind Me(パトリース・ラッシェン)
07.I'm Gonna Love You(バリー・ホワイト)
08.Just Be Good To Me(SOSバンド)
09.Aldeia de Ogum(ジョイス)
10.Mi Vida(ダイアン・リーブス)
11.My Ever Changing Moods(スタイル・カウンシル)

 昨日の記事にも登場しましたが、私たちの歌謡曲バンドも70年代80年代の名曲を扱いますよね。我々も今やバロック音楽やジャズなどいろいろな分野を専門としていますけど、実は子どもの頃や青春時代に聴いたあの曲たちの影響が強いんです。いやとにかく好きなんですね。
 Monday満ちるさんもおそらく同じような感覚でこのアルバムを制作したんだと思いますよ。また、演奏しているミュージシャンたちもおそらく同じような気持ちなのではないでしょうか。実に楽しそうです。そうそう、楽器隊がすごいですよ。紹介します。

Antonio Sanchez(ドラムス)
Scott Colley(アコースティック・ベース)
Fima Ephron(エレクトリック・ベース)
Jon Benitez(エレクトリック・ベース/アコースティック・ベース)
Daniel Sadownick(パーカッション)
Henry Hey(キーボード)
Adam Rogers(ギター)
Alex Sipiagin(ホーン・アレンジとトランペット/フリューゲルホーン)
Donny McCaslin(サックス&フルート)

 この中で印象に残るのは、やはりサンチェスでしょうか。ちょうどこの前チック・コリア・トリオのところで書きましたように、彼の幅の広さというか、人間性の豊かさを感じる演奏です。あとはアダム・ロジャースのギターでしょうかね。派手さはありませが、見事なスパイスになってます。こういうギター弾けたらいいなあ…。
 あっ、ちなみにアレックス・シピアギンは満ちるさんの旦那さんですね。満ちるさんにはシピアギンさんとの間に息子さんが一人いるんですけど、彼に「ビートルズやスティービー・ワンダーといったベーシックな音楽は聴かせてあげたいと思います」と語るこちらの「子どもたちに聴かせたい、伝えたい10曲」というインタビューが興味深いですよ。挙げられている10曲…うわぁ、いいなあ。濃いなあ。私もけっこう共感する曲が並んでます。こういうお母さんってのもすごいな。きっと息子さんもミュージシャンになるんだろうなあ。

Amazon My Ever Changing Moods

不二草紙に戻る

|

« 『かがり美少女イラストコンテスト』(秋田県雄勝郡羽後町) | トップページ | 『快楽なくして何が人生』 団鬼六 (幻冬舎新書) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 多感な時期に影響を受けた当時の音楽からは、一生逃れられないのではないかと、特に最近強く思います。一概に悪いことではないと思いますが、その刷り込みが邪魔になることも。「昔の音楽は良かった。」なんて言いたくはないのですが、最近感受性が鈍くなってきたのか、新しい音楽を中々受け入れることが出来なくてですね、しばらく経ってから曲の良さに気づいたりする事が悔しいのですよ。

 10 曲選べと言われたら.....無理っす!(T_T)

投稿: LUKE | 2008.03.19 18:10

LUKEさん、おはようございます。
いや本当に「昔の音楽は良かった」ですよ。
今の若者も実はそう思ってますから。
高校生なんかも親の影響で古い曲をよく知っています。
カラオケなんかでもそっちを歌う子も多いんですよ。
で、今ヒットしてるあの曲が数十年後にお前らの子どもに唄われるか?
って聞くと、ないないって言います。
今の子たち(ウチなんかもそうですが)案外古い名曲が刷り込まれてるんですよね。
それにしても、たしかに10曲はきついですかね。
アルバム10枚でもきついのにね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.03.20 05:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/40290037

この記事へのトラックバック一覧です: Monday満ちる 『My Ever Changing Moods』:

« 『かがり美少女イラストコンテスト』(秋田県雄勝郡羽後町) | トップページ | 『快楽なくして何が人生』 団鬼六 (幻冬舎新書) »