« 『スポーツニュースは恐い―刷り込まれる〈日本人〉』 森田浩之 (日本放送出版協会) | トップページ | 『ブッダ―大人になる道』 アルボムッレ スマナサーラ (ちくまプリマー親書) »

2008.02.01

グールドのカンタータ第54番 (バッハ)

54 お〜!これは!!見どころ聴きどころ満載の映像です。なんだか妙に感激してしまいました。グレン・グールドによるバッハのカンタータ54番です。1962年の映像。
 こういうのをこうして観ることができる時代になったんですね。やっぱり嬉しい。これって廃盤になった日本版LDの映像ですよね。超お宝だな、こりゃ。
 それにしても、すごい演奏ですね。もう解説は抜きです。とにかく観てください(DivXをご覧になれない方はプラグインをインストールしてください。あるいはYouTubeでどうぞ。画質音質とも劣りますが)。
 私は素晴らしいバッハだと思いますよ。バッハの音楽(最初の和音からして…)、グールドの指揮、そしてハープシピアノ(!)、オバーリンのカウンター・テナー…今では到底考えられません。

 どうですか?私最初は笑っちゃおうと思ったんですけど、全然笑えませんでした。泣いちゃいました(笑)。
 もちろん曲のすごさというのもあります。グールド自身が語っているように7度で始めるのは反則でしょう。その後もすごい和声が続きます。これは「罪」の象徴なのか、それとも「抗う」象徴なのか。まあとにかく人類が生んだ「すごい」音楽の一つであることは確か。
 グールドの指揮もハープシピアノも「なんじゃこりゃあ」ですよね。グールドがやれば何でも許されると私は思ってますが、このパフォーマンスは間違いなく「グールド」というジャンルを代表するものでしょう。神がかってます。最終楽章ではもう指揮するのを忘れてフーガを弾きまくってる(笑)。かっこいい!!バッハも実はこんな感じだったんじゃないですか?
 ラッセル・オバーリンのカウンター・テナーも、いわゆる今のカウンター・テナーとはずいぶん違いますがなかなかいいですよね。一部では伝説の…と言われてるようですけど、たしかにこの表現力と存在感はすごい。
 …と、「すごい」「すごい」を連発してますね、私。でも、ホントすごいとしかいいようがない。言葉で表せない名演だと思います。Stage6では、この映像をダウンロードできますのでぜひ御手元にお納め下さい。いつ消えちゃうかわかりませんからね。

不二草紙に戻る

|

« 『スポーツニュースは恐い―刷り込まれる〈日本人〉』 森田浩之 (日本放送出版協会) | トップページ | 『ブッダ―大人になる道』 アルボムッレ スマナサーラ (ちくまプリマー親書) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

グールドのご紹介ありがとうございました。
とっても幸せに拝見(拝聴・・?)させていただきました。
伝説のラッセル・オバーリンと大天才グールドの共演、凄かったです!!
先日ちょうど友人から借りたグールドのベートーベンのCDを聴いて、以前演奏を聴いたファジル・サイとはまったく違う音色に驚かされたばかりでした。

グールドの映像は後半スタジオ演奏のみになったこともあって、目にしたことがありませんでした。
ほんと感激です!

投稿: komichi | 2008.02.02 23:46

komichiさん、こんばんは。
いかがでしたか?
私、もう10回以上観てしまいました。
つくづくすごい人でしたね。
もう、様式とか解釈とか、そういうことを完全に超えた世界です。
彼自身の残したものは、音楽というジャンルも超えてますし。
ハープシピアノなんて他の人がやったら噴飯ものですが、
彼がやるとカッコいいのはなんでなのかなあ…。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.02.03 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/17925967

この記事へのトラックバック一覧です: グールドのカンタータ第54番 (バッハ):

« 『スポーツニュースは恐い―刷り込まれる〈日本人〉』 森田浩之 (日本放送出版協会) | トップページ | 『ブッダ―大人になる道』 アルボムッレ スマナサーラ (ちくまプリマー親書) »