« スノーブレード(ソフトブーツ仕様) | トップページ | 厚い思い? »

2008.02.18

『イングランド、我が祖国〜パーセルの生涯』(英チャンネル4)

England, My England - The Story of Henry Purcell
England_my_england_purcell 先日のトキワ荘の青春と同じビデオに録画されていたもの。10年以上ぶりに観ました。ちなみにあと2本映画が入ってました。「Undo」と「ロマンス」…なんだか独身時代が懐かしいな(笑)。
 さて、このテレビ映画ご存知ですか?イギリス・バロックの天才作曲家、私も大好きなヘンリー・パーセルの生涯を描いた作品です。全編に彼の音楽が鳴り続け、まるでそれ自体がオペラのような作りになっています。たぶん96年にNHKで放映されたものだと思います。
 パーセルの生涯を描くということは、彼の仕えたチャールズ2世やメアリー女王、そして当時の複雑なイギリスの状況を描くことになります。ある意味そちらの方がメインと言えるかもしれません。私は世界史、特に英国史には全く暗いので、どの程度歴史的に正しい脚本になっているかわかりませんが、全体的に皮肉をこめた諧謔的な明るさと、死への暗さのようなコントラストが感じ取られ、そういう意味でもバロック的と言えるような気がしました。意識したのかな。
 そして、なんと言っても見ものなのは、衣装やセットの豪華さですね。けっこうお金かかってると思いますよ。また、「観る」という意味では当時のダンス・シーンや楽団の演奏シーンですね。かなりリアルです。
 それもそのはず。音楽はかのジョン・エリオット・ガーディナーが担当してるんです。ですから、オケは当然イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、合唱はモンテベルディ合唱団です。そして、小編成の合奏(ガンバ・コンソートなど)はフレット・ワークです。
 当時、この番組のサントラ盤CDが発売されたようですね。ガーディナーもかなり本気で取り組んだようです。現代のバロックの名手たちが、ちゃんとカツラをかぶって演奏しているっていうのもなかなかいいですね。私もこれからの演奏会はこれで行こうかな。なにしろ今スキンヘッドなので、あまりに非バロック的、非ヨーロッパ的、非キリスト教です(笑)。
 ああ、そうそうネットで検索したら、こんな素晴らしい曲目リストを作ってくれた方がいらっしゃいました。GJ!ほかにはほとんど記事がないので、あんまり観た人がいないのかなあ。日本ではもちろんDVDとかになってませんし。ちなみに本国では昨年ようやくDVD化されたようです。
 あまりに音楽が素晴らしいので、ついついストーリーに没入できなくなってしまうんですが、ちょっと冷静に観ますと、なんともこの時代のイングランドというのも大変だなあと思いますね。フランスやオランダとは仲が悪そうだし、国内では疫病や火事や陰謀や新教旧教の争いやら、内憂外患も内憂外患。鎖国してた当時の日本はまあ平和だわな。
 ところで、というか、肝腎のパーセルについてですけど、やっぱり天才ですね。ある意味では彼もバッハと同様に「パーセル」というジャンルを作ってしまったのかもしれません。倍くらい長生きしてくれればなあ。いったいどういう音楽を作ったことか…。モーツァルトと同様に早く大成しすぎたんでしょうかね。天才のサガでしょうか。
 エンドクレジットの中に「ウェンディー・カーロス」の名前があったので、「え?」と思って見直してみたら、どうも、現代にもパーセルは生き続けているということを言いたかったようですね。つまり、「時計じかけのオレンジ」におけるシンセサイザー版「メアリー女王のための葬送行進曲」のことですね。なるほど、たしかに。

Amazon England, My England

不二草紙に戻る

|

« スノーブレード(ソフトブーツ仕様) | トップページ | 厚い思い? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

 このリストの作者の方、ニフティの古楽オフでご一緒したことがありますよ。DVD欲しいなあ。

投稿: 貧乏伯爵 | 2008.02.20 22:15

伯爵さま、今度とりあえずウチのを焼いて持っていきますよ。
あんまりキレイではありませんが。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.02.21 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/40177332

この記事へのトラックバック一覧です: 『イングランド、我が祖国〜パーセルの生涯』(英チャンネル4):

« スノーブレード(ソフトブーツ仕様) | トップページ | 厚い思い? »