« 明けましておめでとうございます | トップページ | ザ・ジェンツ 『舟唄』 »

2008.01.02

UDC-5M(Uniden)購入

↓この写真はケータイで撮りました
 Udc5mこちらで紹介したユニデンのデジカメ「UDC-5M」を買いました。メインカメラだった名機サンヨーMZ3がいよいよ調子悪くなってしまいまして、またこのユニデンの名機もそのうちに製造中止になりそうですし、Amazonのポイントがかなりたまっていたので、年末年始用に思い切って購入いたしました。eneloopと充電器含めて、実質今回の出費は4000円くらいでした。
 まず結論。買って大正解です。はっきり言って想像以上に私の趣味に合っていました。これは皆さんも1台購入しておくといいのではないでしょうか。2台目としても最高の製品でしょう。
 色はグッドデザイン賞を獲ったホワイト&ゴールドにしました。まず、その色使いがいいですねえ。全体のデザインとともに非常に個性的です。絶妙な厚さと重さが手になじみます。最近のデジカメは薄すぎて本当にホールドしにくいんですよ。仕事で使っている某社の売れ線デジカメなんか、構えにくすぎてイライラしてしまいます。手ブレはするし、これは自分のクセなんですけど、そのデジカメで撮るといつも右に傾いた絵になってしまいます。片手では非常に不安定なので、結局両手で一生懸命持つ(つまむ)はめになるんですよね。
 このUDC-5Mは乾電池仕様ですので、その電池ケース部分の厚みがちょうどいいホールド感を生み出しています。まあ、昔のデジカメはみんなそうでしたよね。あと、一見安っぽく見える全体の樹脂感がですねえ、これがまた絶妙な感触でして、右手片手で撮影しても安心です。あらためて某社のデジカメを片手で持ってみましたが、ほとんどブレますね。UDC-5Mの場合は両手で持つ時も、右の中指を謎のすべり止め部分にピッタリくっつけますと、大変安定します。気持ち的に安心して撮影できるというのはいいですね。
 起動も実質2秒。連写モードはありませんが、撮影、再生ともレスポンスがいいので(MZ3なみ)ストレスはありません。これも某社のだとほんとイライラするんですよ。あっそうそう、私は実際の撮影の際には5Mではなく3M(300万画素)にスペックダウンして使っています(5M、3M、1M、0.3Mが選べます)。これは、私のポリシーというか、実際上の必要性からそうしてるんです。普通のL判プリントでは300万画素でも充分すぎますし、A4にプリントするなんてことは一生に一回あるかどうかでしょう。そして、ファイルサイズは小さいに越したことありませんよね。ちなみに5Mと3Mだとファイルサイズは倍近く違います。いつも書いてるように、700万画素とか1Gとか、もう絶対にオーバースペックです。私たちはプロのカメラマンじゃないんですから。
 もちろん、デジタルズームのことを考えたり、のちのち画像処理することなんかを考えれば、画素数は多いに越したことはありません。しかし、一般人がインスタントカメラの感覚で撮る写真に何を求めろというのでしょう。ちなみに、いずれハイビジョンの大画面で観るようになるだろう、という人もいますが、フルスペックハイビジョンでも、せいぜい200万画素程度ですからね。それ以上の画素数は、やはり意味がありません。
 さて、UDC-5Mですが、画質の良さ(質感)にも驚きました。色調やコントラストの感じも私好みでして、これも某社のものではいかにも作り物という感じがしてイヤだったんですが、UDC-5Mは自然な感じでよろしい。オートホワイトバランスもいいですねえ。MZ3や某社の売れ線デジカメは白熱灯の下での色合いがちょっと赤すぎたんですよ。ウチは照明が全部白熱灯だものですから、どうも家の中で撮った写真が不自然でいかんかったのです。それがこのユニデンは見事に自然。基本ストロボを使わない私としては、これは嬉しかった。ISO800相当の感度も、この値段のデジカメとしては充分です。
 操作もシンプルで、たしかに説明書の必要がありません。マニュアルモードはほとんどないに等しいわけですが、たくさんあるシーンモードをうまく使い分ければ、それなりに思い通りの写真が撮れそうです。
 あとですねえ、これは私が変なんでしょうけど、動画に音声がないというのがいい!これは再発見でした。つまり昔の8ミリなんですよね。私はwebモード(320×240ピクセル/15fps)で撮りますから、ホント昔の8ミリ風な画質でいいですよ〜。音声がないということがこんなに魅力だとはねえ。たしかに普通の動画だったらビデオカメラで撮ればいいわけですしね。音を自分の想像力で補うというのがこんなに面白いとはなあ。ま、マニアックな私ならではの特殊な感覚なんでしょうが。
 そして、今回実際に使ってみてあらためて感心したのは、バッテリーの持ちの良さです。私はeneloopを購入して使っています。eneloopを買ってきたまんま充電せずに使っていて、今250枚ほど撮影してみました(再生も頻繁にしてます)が、まだ電池マークが出ません。説明書には550枚撮れるとありますが、たしかにフル充電ならそれも可能でしょうね。これは素晴らしい。いざという時のために普通のアルカリ単三電池をケースに入れて持ち歩いていますので、本当にストレスレスです。最高!

Amazon UDC-5M

★新価格★◆2006年グッドデザイン賞受賞:送料・代引手数料無料:9,800円◆500万画素デジカメUDC-5M

不二草紙に戻る

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | ザ・ジェンツ 『舟唄』 »

もの」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

______________
このご連絡は当社個人情報保護方針(弊社サイトに掲載)に則り、
下記モノフェローズ制度のご説明を目的として行っております。
問題がありましたら、個人情報、苦情相談窓口責任者
へお寄せいただきますようお願いいたします。
(万一弊社からの連絡が重複しておりましたら、ご容赦ください)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こんにちは。私は「みんなのポスト」という家電とゲームレビューサイトを
運営しておりますWillVii株式会社の藤井と申します。
弊社のモノフェローズサービスでレビューをお書きいただけるブロガー様を
探していたところ、こちらの記事を拝見させていただくことになりました。
(サービス詳細:http://www.minpos.com/info/monofellows.html)
もし弊社サービスにご興味をお持ち頂けるようでしたら、
弊社アドレスまでご連絡願えませんでしょうか?
なにとぞご検討のほどよろしくお願いします。
__________
WillVii株式会社
みんぽすモノフェローズ事務局 藤井
E-mail: jp-mofe@minpos.jp

投稿: WillVii株式会社 | 2009.01.20 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/17562600

この記事へのトラックバック一覧です: UDC-5M(Uniden)購入:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | ザ・ジェンツ 『舟唄』 »