« 『蒲団』 田山花袋 (先生と生徒の微妙な関係) | トップページ | 『太陽』 アレクサンドル・ソクーロフ監督作品 »

2007.12.22

天皇誕生日イヴ…「神の子」多数降臨!!

 今日はイヴですよね、イヴ。えっ?イヴは24日じゃないかって?いやいや今日でしょ、普通に考えて。外来の神(の子)の誕生前夜を祝う前に、国内の神(の子)の誕生前夜を祝うべきでしょう。
 本当に面白い国ですね、日本は。そういう能天気なところこそ世界に誇るべき日本人の特質です。品格です。原理主義に陥らないための最大の防御はこれです。ある意味攻撃こそ最大の防御(ちょっと違うか)。
 そんなわけで、本日、我が家ではちゃんと古来のイヴの習慣に従ってイベントをこなしました(ホントか?)。すごいスケジュールでしたよ。
Shop_mark_tokyo 朝、日本の象徴富士山を出発いたしまして、まずは東京は浜松町にあります、もののけの館「ポケモンセンター」へ。ここは、かつてはまつろわぬモノ(蛮族の神の子)であったポケモンたちが、大和民族によって飼いならされ、集められている場所であります。まずはそこで娘二人がそれぞれ一種類ずつポケモンをゲット!これで彼女らの魂も鎮められまして、その後の予定がスムーズに進むはずです。
 ところで、言うまでもなく「ポケモン」とは「ポケットモンスター」の略ですけど、「モンスター」の「mon-」という冠部は、これは日本語の「もの」と同源に違いありません。これはトンデモ説ではなくて、おそらくまじめに正しいと思います。太平洋の島々に伝わる「マナ(霊魂)」、旧約聖書に出てくる「マナ(食べ物…元々は『これはなに?』という意味のヘブライ語)」も同源ぽいですね。私のモノ・コト論でいう「外部・不随意・未知」を表しているわけです。このあたりについては、いつかゆっくりと。
Oomori39 さてさて、そんなモノノケどもをゲットしたその次は、ウチの神さま、すなわちカミさんの機嫌を取るため、つまり彼女の荒ぶる腐女子魂を鎮めるために大森へ。ここには八郎神社の神の子(?)桜庭和志さんの新しい道場があります。実はまだオープンしていないんですが、どうしても行ってみたいということなので、連れていってあげました。大森は以前私が住んでいたところです(拉致被害者の横田めぐみさんと一緒に遊んでいたんです…同じ寮に住む同い年だったんで…)。道場は完成していませんが、おおみそかの船木戦のために彼はそこでトレーニングを開始しています。しかし、行ってみるともぬけの空。誰もいませんでした。しかし、もうその聖地にいるだけで、ウチの単純な神様は上機嫌。これでよしと。
Meijijingu さてお次は原宿へ移動です。なんか十数年ぶりだな原宿に降り立つの。おお、ゴスロリがいるぞ!そしてそのゴスロリ軍団の先には明治神宮が。なんというコントラスト。私、自分の七五三以来ですよ、明治神宮をお参りするの。子どもたちはゲットしたポケモンを片手に参拝。天皇陛下のひいおじいちゃんがいるんだよ、と教えましたが、そんなことはどうでもいいようでして、なんだかポケモンの人形にも柏手を打たせています(笑)。まあいいでしょう。相変わらず結婚式もたくさんやってました。明治神宮に誰が祀られてるかなんてあんまり考えてないんでしょうね。まあそれもいいことです。参拝者の半数以上は外国人でした。おそらく台湾の方が多いのでは。それもまあいいか。お土産に教育勅語の巻紙でも買って帰ろうかと思いましたが、仕事柄面倒なことになるのも面倒なのでやめました。
 そして、ついに我々は最大の目的地国立代々木競技場へと向かったのでありました。そう、ここで「天皇杯全日本レスリング選手権大会」の二日目が行われるのであります。プロレスマニア、格闘技マニアであるウチの家族ではありますが、その基本となるアマレスの試合を観るのは初めてです。ウチの職場の(教え子でもある)後輩が、ちょっとレスリング界に詳しくてですねえ、一度大会を観るべきだとかねがね私に言っていたんですよ。それが今日実現する。ドキドキワクワク。
Yoyogi2 会場である国立代々木競技場(第二体育館)は言うまでもなく、神の子「丹下健三」の設計による神殿(?)であります。実は初めて入りました。第二の方は。ちなみに第一では、ある意味神「チャゲ&飛鳥」がコンサートをしていました。信者が多数列を成しておりました。やはり古めの神ということで、信者も年季が入っているような(笑)。
Tennouhai さてさて、アマレスです。うわぁ、思ったより近い。入場テーマや選手のコールなど、かなりプロレスチックです。三沢のテーマやプライドのテーマで入場してくる選手がいたりして、私たち家族は大笑い。楽しいぞ。試合中も実況で解説がつくので初心者にもルールがわかります。さすが昔からプロアマの交流の深いレスリング界ですね。
 私たちは各階級の決勝だけ観ました。なんとなく「自衛隊体育学校」応援団の隣に陣取りましてね。試合内容は、グレコローマン、フリー、女子と、それぞれ個性が全く違っていて面白い。プロレス的、総合格闘技的な視点から観ても、ああこういう動きはここに原点があるのかという感じで興味深い。これからプロレスや格闘技を観るにしても、やっぱりこうやって基本や原点を知るということは非常に大切だと思いました。また、今活躍しているあの選手やあの選手、往年の名レスラーの多くが、こういう競技をこうしてやっていたんだな、という純粋な感慨もありました。
Kaori やっぱり伊調馨の圧倒的存在感と強さが印象に残りましたね。考えてみれば世界一強い人(オリンピック金メダリスト)の試合を無料で観ることができるわけですからね。ぜいたくな話です。男子も高校生の活きのいい選手がいたりして、新しい「神の子」の登場を予感させました。もっと観る目をつけたら、これは結構はまるかもしれませんねえ。
Miyuu ところで!試合終了後、帰ろうと思って移動していたら、本当の「神の子」に偶然出くわしました。KIDが「神の子」なんですから、そのお姉ちゃんももちろん「神の子」ですよねえ。そう、テレビ解説していた山本美憂さんが目の前に…う、美しい…!女神降臨!あまりの突然の出来事に私固まってしまいなんにもできませんでした。ああ、タックルくらい…いやいや握手くらいすればよかった…。なんかオーラがすごかったっす。体は思ったより小さかったのですが、発する光が神々しかった…。
 とっても長くなって申し訳ないのですが、実はもう一人、神の子のイベントがあったんです。でも、そちらには行けませんでした。先日ガンから復帰した小橋建太のサイン会です。並べばサイン&握手してもらえたと思いますけど、子ども連れでしたし、寒かったので。残念です。でも、ホント充実したイヴでした。多くの神の子に感謝。

不二草紙に戻る

|

« 『蒲団』 田山花袋 (先生と生徒の微妙な関係) | トップページ | 『太陽』 アレクサンドル・ソクーロフ監督作品 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

モノ・コト論」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

前略 薀恥庵御亭主 様
富士山ですね。不二山・・・不尽山ですね。
なんといっても・・・「霊峰」様です。
それこそ「マナ」かな。笑
「マナ」・・・呪術・・・マジック。
「痛いの・・痛いの・・・飛んでゆけぇぇぇ」
も一種の「マナ」・・・呪術ですね。
「木花開耶姫命」様・・・・尊いことであります。
自分が若い頃・・・富士山の山小屋のトイレは
垂れ流しでした。現在はどうなのでしょうか?。
水が無いのですから仕方ないのでしょうね。
まぁぁぁ・・・しかし こんなことで
将来 世界遺産になれるのでしょうか?
当時 トイレットペーパーが
山肌に揺らめいておりました。苦笑
「富士山に咲く 白い藤」ですね。泣
ほんとうに・・・ほんとうに・・・
「霊峰」様にたいして 申し訳ないことであります。
しかし・・・・えぇぇぇ山小屋での
「カレーライス」が とても とても
美味しかったことだけは記憶にあります。笑
まったく不信心なことであります。けれども
「御来光」だけは・・・拝まさせていただきました。
うぅぅぅん・・・本当に・・・
ゴミ問題は・・・どこの場所でも深刻ですね。
「富士山に登らぬ馬鹿
         二度登る馬鹿」
という言葉があるそうですが・・・・・
確かに酸素不足で肉体的にも精神的にも
キツイ部分がありますね。
それでも・・・「自分のゴミ」を・・・
きちんと・・・麓まで持って帰って
処分した人には きっと万倍の功徳を
「霊峰富士山」様から授かることで
ありましょう。   合唱おじさん 拝


投稿: 合唱おじさん | 2007.12.23 14:32

今、地元では世界遺産登録へ向けていろいろな活動が始まっています。
私なんか、富士山の森を切り開いてそこに住み、文明的な生活をしているわけで、もしかするとゴミを捨てる人よりひどいことをしているのかもしれません。
せめて、感謝の気持ちを忘れないようにと思うのですが、なかなかそれも叶いません。
ただ、ものすごいパワーを感じることは確かです。
まさにマナですね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.12.24 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/17450396

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇誕生日イヴ…「神の子」多数降臨!!:

« 『蒲団』 田山花袋 (先生と生徒の微妙な関係) | トップページ | 『太陽』 アレクサンドル・ソクーロフ監督作品 »