« 姉妹校訪問…ネオテニー再確認 | トップページ | 無事帰国…日豪しごと事情 »

2007.11.16

牧場体験とフリーマントル…二つの忌まわしい記憶

071116 今日はオーストラリアでの最終日。郊外の牧場と港町フリーマントルに行ってきました。生徒たちにとっては美しい草原とインド洋に魅せられ、楽しい思い出ができた一日だったと思います。
 私はと言いますと、日豪の間におけるちょっと暗く悲しい記憶がよみがえる一日でした。実際はそこまで深く考えたわけではありませんが、脳裏をかすめたことが…けっこう重かったなあ。
 郊外の牧場に向かう途中、現地のガイドさんもおっしゃってましたが、実はあのオウム真理教が、西オーストラリアである事件を起こしていたんですよね。私はあの一連の事件については人一倍身近に感じていましたので(いや、別に信者だったわけではありませんよ。よく間違われましたけど。何度も職質受けたし…笑)、この広大な平野を見ると、あのことを思い出さずにはいられません。
 そう、オウムは西オーストラリアの砂漠地帯に土地を買って、いろいろと実験をしていたんですよね。実ははっきり分かっていないんですが、サリンの実験も羊相手にやっていたようですし、小型の強力爆弾の実験もしていたとか。核兵器だったというウワサさえあります。オウムの身内に被害も出たと聞いたこともあります。
 ガイドさんが言うには、オーストラリア人ものんきなので、妙な爆発の衝撃波や地震波を観測していながら、当時はちゃんと捜査をしなかったらしい。で、日本で一連のサリン騒動があってしばらくして、初めてオウムだったんでは、と騒ぎだしたそうです。ま、そんな調子であることを知った上でオウムはあそこを選んだんでしょうけど。
 なんともいやな話ですね。本当にひどい事件でした。富士山麓に住む者、あるいは新宗教を研究していた者としては、本当に辛い事件でした。ここに来てみて、ああこんなところにも悪しき爪痕が残っているのだなあと思い、再び暗い気持ちになってしまいました。
071115b さらにもう一つ。フリーマントルの丘の上にある慰霊碑での出来事。ここは大変風景の素晴らしいところでして、我々旅行団はバスでそこに乗りつけました。生徒たちには別に罪はないのですが、あまりの美しさと、いよいよオーストラリアとも今日でお別れだという思いからでしょうか、彼らはとってもはしゃいでいました。みんなで調子に乗って記念写真なんかを撮っていましたら、突然そこにいた現地の老翁が大声で怒り出しました。
 たまたま私がすぐ近くにいましたので、近寄って話を聞いてみると、彼は第二次世界大戦の海兵隊OBで、戦地に散った戦友の慰霊のために定期的に花を手向けにやってきているということでした。そう、そこはあくまでも戦死したオーストラリア兵のための慰霊の地なのでありました。
 そんな意識はおそらく先生方にもなかったと思いますよ。たまたま、私と私のクラスの生徒たちはこのドラマを授業で観ていましたから、当時オーストラリアと日本がボルネオなんかで戦っていたことを知っていましたから、すぐにピンときましたけれど、おそらく他の日本人は皆そんなこと知らないと思います。それこそ戦争マニアでもなければ一生知らないで終わるでしょう。私も偶然「最後の弾丸」を観たので知っていただけでして、比較的戦記物などを読んでいましたが、日豪の間にそんな過去があるなんて、それまで知りませんでしたから。
 私はあえて、彼に日本とオーストラリアが南洋のジャングルで戦ったことを話しました。当然彼はそれを知っていました。彼は、日本ではそのことについて何も教えないのかとも聞いてきました。残念ながらここにいるほとんど日本人はかの戦争についてよく知らない、原爆を落とされたくらいの認識しかないと説明しました。彼は悲しそうな顔をしました。私は、「生徒たちは何も知らない。私が代わりに謝る。でも何も知らない彼らが、この場所でピースサインをしてはしゃぐことは、ある意味今の平和を、今の日豪の関係を象徴しているとも考えられる。どうかそう考えて彼らを許してくれ」というようなことを拙い英語で一生懸命説明しました。彼は静かにうなずいて、「歴史を教えてやってくれ。そしてrespectの気持ちを忘れないように」と語りました。
 生徒たちはそんな二人の会話を知るべくもなく、豪州最後の風景を目に焼き付けてはしゃぎ続けていました。
 考えさせられる出会いでした。彼がいなければ私も普通にはしゃいでいたかもしれません。一人の日本人として、あるいは教育者の端くれとして、いったいどうすればよかったのでしょうか。あるいはこれからどうすればいいのでしょうか。その答えは当分出そうにありません。ただ、彼が言ったように「忘れてはいけない」ということだけは確かだと思います。

不二草紙に戻る

|

« 姉妹校訪問…ネオテニー再確認 | トップページ | 無事帰国…日豪しごと事情 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/17111575

この記事へのトラックバック一覧です: 牧場体験とフリーマントル…二つの忌まわしい記憶:

« 姉妹校訪問…ネオテニー再確認 | トップページ | 無事帰国…日豪しごと事情 »