« H2(ZOOM ハンディー・レコーダー) | トップページ | 『数学者はキノコ狩りの夢を見る〜ポアンカレ予想・100年の格闘〜』(NHKハイビジョン特集) »

2007.10.01

格安デジカメ UDC-5M(Uniden)

Udc5m
 物欲を刺激するもの第3弾。
 先日、最近のデジカメはダメだ!と宣言しましたが、実は一つだけ許せる製品があります。最近のとは言っても、もう1年以上前の製品ですが、いまだに十分魅力的です。
 この前値下げが敢行され、ついに1万円を切りました。そろそろ買いかもなあ。これもまた在庫限りってことでしょう。ほしいなあ。所有したいなあ。
 ユニデンだし、見た目もチープだし、実際安いし、これもいわゆるトイカメラだと思った方が多いと思います。しかし!実はちゃんとした(?)デジカメなんです。それもかなり評価が高い。画質も非常によろしいらしく、いろいろなところでほめられてます。もちろん値段とのバランスを考慮しての高評価でしょうけど、はっきり申して我々が日常使うデジカメの画質なんて、そんなレベルで十分ですからね。
 ユニデン…もうこの時点で私は「萌え」なんです。この前経営に関する本を紹介しました。ユニデンの経営方針はなかなかユニーク、というか理にかなっていまして、もう創業当時からグローバルが当たり前、ダイレクト販売でムダを排除、少数精鋭によるセル的開発と、小さな企業、比較的地味なイメージの企業ではありますが、確実に売り上げを伸ばしています。北米でのコードレス電話のシェア1位というのは、昔から有名ですね。ちなみにウチでもちょっと前までユニデンのコードレス使ってました。
 そんなユニデンが突然発売したデジカメがこれだったんですね。そして、いきなりグッドデザイン賞を獲ってしまった。たしかにどれも同じようなデザインになってしまったデジカメ界にとって、この質感は衝撃的でしたね。おもちゃっぽいけれど、微妙におもちゃにまではなっていない。ダサいとクールの境目をうまく行ったデザインです。そうとう自由な発想がないと出てこない造型とカラーリングです。
 私なんか、そういう個性的な外見だけでもうすっかりファンになってしまったんです。実物を一度見たことがありますが、案外小さいんですよ。その造型とサイズのアンバランスというか、予想を裏切る感覚が「ギャップ萌え」なんですよねえ。
 どうも中身はSANYOではないかという噂もある。デジカメの商標を持つサンヨーさんはそのデジカメからほぼ撤退ですし、そんな意味でもちょっとほしくなります(っていったいなんなんだ自分は…)。
 あと、これもいつも書いてますけど、乾電池仕様が一番いいんですよ。eneloop使えばそうとう長持ちするし安上がりだし。いざという時コンビニで買えるし。後継機種のUDC-7Mはねえ、デザインはいいんですが、充電池になってしまったので、私にとっては最初からボツです。
 まあ、皆さんにはどうでもいいのかもしれませんが、ちょっと人と違うデジカメ、それもある程度ちゃんと撮れるデジカメをご所望の方は、ぜひこいつを候補に入れてやって下さい。なにしろお店では売ってないので、知らない人は知らないまま人生を終えてしまうでしょうね。2台目のデジカメとして持っていてもいいのではないでしょうか。あるいは本当に初めての方にもおススメです。マニュアル読む必要がないほど使い勝手がよろしいようなので。

結局買いました!

Amazon UDC-5M

★新価格★◆2006年グッドデザイン賞受賞:送料・代引手数料無料:9,800円◆500万画素

UDC-5M公式

不二草紙に戻る

|

« H2(ZOOM ハンディー・レコーダー) | トップページ | 『数学者はキノコ狩りの夢を見る〜ポアンカレ予想・100年の格闘〜』(NHKハイビジョン特集) »

もの」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

私も現在デジカメを探しているところです。私にとって重要なのは光学ズームです。デジカメが活躍するのは、子供の運動会、ピアノの発表会、入学式、卒業式などですが、3倍だとちょっと。。。。デジタルズームだと画像が荒れるし。。。。あと重要なのは感度。夜間だけでなく、白熱灯下でも、結構ブレることがあって。毎度の事ですが、富士山蘊恥庵庵主のご意見を参考にしながら、毎土曜に入る電気屋さんの広告を見比べておりまする。

投稿: Stanesby | 2007.10.02 10:13

Stanesbyさん、こんばんは。
ズームは光学ですよね。
そうするときみまろズームですかね。
感度は絶対に大事です!
私はストロボ嫌いなので、とにかく明るいレンズと高感度は必須です。
TZ3はどうしてもレンズは暗めになってしまいますね。
高倍率と明るさの両立は難しいということでしょうか。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.10.02 18:20

Stanesby 様、初めまして。

ムラムラする話題なので横から失礼します。(^_^;)

高感度でズーム幅があって安いとなると、Fuji の FinePix S6000fd をオススメします。コンパクト・タイプでないのが残念なところですが。


庵主 様
>私はストロボ嫌いなので

それがですね、今時のカメラはフラッシュの調光も良くできているのですよ。古い感覚のままだと、現在の技術にビックリするはず。庵主様が新しい製品情報を良くご存知で仰っているなら、私の大きなお世話なのですが。(^_^;)

投稿: LUKE | 2007.10.02 22:11

LUKEさん、おはようございます。
そうですね、たしかにフラッシュはよくなりました。
昔は真っ白テカテカでしたね。
ただ、光源と撮影ポイントが一致するというのがどうも…。
まあこれは趣味の問題ですが。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.10.03 08:20

LUKE 様

アドバイスありがとうございます。何か高そうなカメラで、ちょっと手が出ないかなあと思いましたが、調べてみると意外に小型ポケットカメラと変わらない値段ですね。デジカメもシチュエーション次第で使い分ける事になるのでしょうか。。。。。迷うところです。

投稿: Stanesby | 2007.10.03 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/16588591

この記事へのトラックバック一覧です: 格安デジカメ UDC-5M(Uniden):

» トイカメラの特徴 [トイカメラのすすめ]
トイカメラとは、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなす、ロシアや中国などで生産された粗雑なつくりのカメラである。ところがつくりの粗雑さが原因で、なんとも味わい深い写真撮れるということで、その味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったマニア達のせいで、今日大いに市場が拡大されてきている。トイカメラの特徴としては、安価な素材で簡素化されて作られたものであるため、同じ種類の型であっても個性があり、写真の品質にもばらつきがあるため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写... [続きを読む]

受信: 2007.10.06 09:12

« H2(ZOOM ハンディー・レコーダー) | トップページ | 『数学者はキノコ狩りの夢を見る〜ポアンカレ予想・100年の格闘〜』(NHKハイビジョン特集) »