« 『北斎と広重 ふたりの冨嶽三十六景』 (山梨県立博物館) | トップページ | 『21世紀を夢見た日々〜日本SFの50年〜』(NHK ETV特集) »

2007.10.22

松田聖子 『Seiko Matsuda Concert Tour 2007 Baby’s breath』 (DVD)

↓いい笑顔ですねえ。
Msbb え〜、どちら様がわかりませんが、こちらのブログ経由でウン十万円のお買い物をドカンとしてくださった方がいらっしゃいまして、そのアフィリエイトのポイントで、これ(+何冊かの本)を購入させていただきました。ホントにありがとうございました。
 というわけで、なんとなく申し訳ないような気もするのですが、誰かからのプレゼントだということで、ありがたく頂戴いたします。拝。
 もうあれから4ヶ月以上ですか。なんかあっという間でした。今日このDVDを家族で観ながら、あの感動をよみがえらせるとともに、あらためて聖子様と彼女を支える皆さんの素晴らしいを痛感いたしました。拝。
 私にとっての初聖子様ライヴが、こうして立派な作品となって残るというのは、本当にラッキーで幸せなことですね。私たちの席はけっこう前の方でしたから、まあよく見れば自分も映りこんでるんでしょうけど、まあそれにしてもお客様の皆さんもすごいですねえ。いやあ、あの会場の平均年齢は何歳だったんだろう。当日は私も興奮していて、あんまり周囲を観察していなかったんですけどね、こうして映像で観ますと、かなりすごいことになってます。やっぱりこれは宗教的儀式だわ。「痛い」の一歩手前、いやその領域にかなり入ってるかな…なんて、自分もしっかり参加してたんですが(笑)。
 内容的には当日の様子を報告した一連の記事をご覧下さいませ。一部アクシデント的なところはカットされていましたが、あのトリプルアンコールも含めまして、当日のあの感動的な雰囲気はよく伝わってくる作品となっています。MCもたっぷり収録されていまして、楽曲披露時以外のあのマッタリした空気も楽しめます。
 今回こうして冷静に鑑賞してみますとですね、やはり小倉さんのバンドの良さがよ〜く分かりますね。いちおう女性歌手(?)のバックバンドをやっている者として、これは勉強になりました。ああいう安定した、さりげに超絶テクな、しかししゃしゃり出ない、大人なバンド、いいですねえ。皆さんの人柄が伝わってくるような演奏です。かっこいいっす。
 えっと、ライヴで謎だったストリングスの件ですが、DVDで見てもどうやって音を拾っているのか分かりません。どなたか関係者の方、教えてください。指向性の高いマイクが吊ってあるのかなあ。当日もそうでしたが、このDVDでも、とってもきれいに拾われているんですが…。
 それにしましても、改めて驚きなのは、ツアーの初日をこうして作品化してしまうことですね。そのへんの発想自体、ほかのミュージシャンじゃああり得ません。しかし結果として、これは正解だったと思います。初日は本当に何が起きるか分からない、いやアクシデントとかそういう意味ではなくて、聖子様がどんな服装で登場するのか、どんなセットなのか、曲は何をやるのか、全て分からないわけで、まさに神降臨の現場に立ち会えるわけですからね、観客の興奮も独特なものがあるわけです。全ての時間が新鮮で神聖な期待と感動なんですよね。
 ライヴは行くならツアー中盤にさしかかる頃がいいとか、いやファイナルがいいとか、よく言われますけど、初日ならでは良さというのがあるということが今回分かりました。慣れるとか、こなれるとか、そういう次元じゃないですし、神になれば。逆に神様にさえもあるであろう「初めて」の緊張感というのは味わい深いものなのかもしれませんね。
 とにかく、こうしたいろいろな意味での奇跡的な瞬間がふんだんに収録されたこのDVD、とってもいい出来だと思いますので、もし興味を持たれた方はご覧になってみてくださいませ。
 最後にもう一度、このDVDを恵んでくださった方、本当に感謝いたします。あなたは神です!…えっ?もしかしてご本人様?!(なわけない…でも、あんなお買い物をドカンとしちゃうなんて…いやいや、まさか)

Amazon Seiko Matsuda Concert Tour 2007 Baby’s breath

不二草紙に戻る

|

« 『北斎と広重 ふたりの冨嶽三十六景』 (山梨県立博物館) | トップページ | 『21世紀を夢見た日々〜日本SFの50年〜』(NHK ETV特集) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

庵主さん、こんにちは!
DVD記事をありがとうございます。
アリーナの感動が甦ってジーンとします。
私たちも初日撮影は初めての経験でした。
大胆さが彼女らしくて気持ちよかったです。
小倉さんバンドは本当に安定していて安心できます。

ディナーショーですが、姉はなぜか宇都宮ではなく、
沖縄に遠征することになりました(笑;
聖子ちゃん自身24年ぶりだとか。(あの事件以来)
ディナーショーの初日、新曲発売の前日ということで
色々と楽しみのようです。

投稿: くぅた | 2007.10.27 11:29

くぅたさん、こんにちは。
素晴らしい体験をさせていただき、
本当にありがとうございまた。
あらためましてお礼申し上げます。
DVDで復習しますと、またいろいろと勉強になりますね。
また違う角度から神っぷりを堪能しています。
お姉さま、熱いですねえ!!沖縄ですか!
いやあ、素晴らしい。
お姉さまもすでに神の領域ですね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.10.27 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/16846083

この記事へのトラックバック一覧です: 松田聖子 『Seiko Matsuda Concert Tour 2007 Baby’s breath』 (DVD):

« 『北斎と広重 ふたりの冨嶽三十六景』 (山梨県立博物館) | トップページ | 『21世紀を夢見た日々〜日本SFの50年〜』(NHK ETV特集) »