« 「心より物の時代」(自己より他者) | トップページ | 『TABLE FOR TWO』→『頭陀行』 »

2007.10.17

マトリョミン嬢来たる!

Mt5523 ああ、なんだかとっても忙しいのに、また「何か」がやって来たぞ。「モノ」が来た。うむ、これはたしかに「何か」だ。「モノ」だ。普通の人にはいろんな意味で理解できないでありましょう。
 先日、紹介した大人の科学〜テルミン(写真左)にすっかり魅了され、そして広告に載っていたこのロシア娘(写真右)に一目ぼれしてしまい、時間も金もないのについつい注文ボタンをクリックしてしまったのでありました。そして、今日、彼女がウチにやってきたのです。
 まったく何やってるんだか…と半分あきれつつ、しかしこの久々のドキドキはなんなんだろう。また新たな楽器に挑戦できるという喜び…とは違う。なんなんでしょうね。だいたい私はこれを楽器ととらえているのだろうか。
 とにかく電池を入れてみよう。そしてスイッチオン。お〜。たしかにテルミンじゃあ!さっそく右手を近づけてみると、ブ〜ウ〜ピ〜…まず猫が耳を立てる、そして娘たちは怖いと言う(顔が怖いらしい)、そしてカミさんは呆れ顔。うん、全てが想像通り、25年間のイメージトレーニング通りだ。
 というわけで、買っちゃいました。マトリョミン。もうどうしても欲しくて我慢できなかったんです。この前のあの付録テルミンでは正直満足できなかったんです。でも、10万円近くする本格的なテルミンは買えないし、数千円のキットではたぶん付録のとそんなにかわらないだろうし、ああ四半世紀に及ぶ私の夢は叶わないのかと思ったら、こいつと目が合ってしまった。ああ、マトリョーシカよ…あなたはなんでテルミンなの?
 さてさて、さっそく彼女に歌わせてみました。私、付録テルミンの記事のところで書いたように、絶対この楽器には自信があったんです。イメージの中ではもう完全に弾きこなしてたんですよ。で、実際弾いてみたら、ホントにもう弾けました。とりあえず5オクターヴの音階は2回目にして完璧(たぶん)。付録の弾き方DVDはさっと飛ばして、さっそく「白鳥」やら「G線上のアリア」やら「タイスの瞑想曲」やら、思いつく名曲を弾いてみました。まあ、それなりに音程が狂ったりしますが、聴いている人たち(家族だけですが)は「すごいじゃん」と言ってくれました。どうだと言わんばかりの私であります。ヴィブラートも、これはもう仕事みたいなもんですから、最初から何種類ものパターンができます。
 なんて、なんか自慢話みたいですけど、正直これはヴァイオリンや三味線を弾く感覚と同じです。音程を取るのは左手ではなく右手ですが、あの音程と空間の関係における「雰囲気」というか「空気感」みないなやつ。これはやっぱり経験者にしかわからないものがあるだろうなあ。単に音感があるとかではなくて。
 とりあえず時間がありませんので、今日は彼女の到着のみを報告しておきます。そのうち、演奏会で使ったり、宴会芸で唄わせたり、いろんな形で登場するでしょう。その時には音も聴いてもらえるかもしれません。あるいは練習の模様をアップできるかもしれませんね。久々に楽器の練習をしようとしている自分がいる…なんて、本職(?)のコンサートも近いのにまったく何やってるんでしょうねえ。すみません。
 と言いつつ、明日学校に持っていって生徒に自慢しようとしている私。あっそうそう、生徒にウケるのは、手じゃなくて坊主頭で演奏する必殺技です(笑)。

手を触れずに演奏できる歌うマトリョーシカ

不二草紙に戻る

|

« 「心より物の時代」(自己より他者) | トップページ | 『TABLE FOR TWO』→『頭陀行』 »

もの」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

 ほ、欲すぃ~。欲すぃよぉぉぉ。(ToT) 高くて手が出ないっす。orz

 話変わって。何事もそうですが、イメージ・トレーニングは大事ですね。スポーツでも、故障や体力的な理由でトレーニング出来ないときなど、いかに頭の中で本番をイメージ出来るかで、差が付いてしまうのでしょうね。

投稿: LUKE | 2007.10.18 15:25

LUKEさん、お子様お元気ですか?
毎日楽しいでしょうね。
ウチにもロシアから新しい娘が…なんちゃって。
なかなか思い通りになりそうでならない、
そんなところがカワイイっす。
置物としてもなかなかですよ(置物としてはたしかに高い)。
これ、誰かに似てるんだよなあ。誰かなあ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.10.18 18:55

庵主さん、こんばんは~

キターー(^▽^)マトリョミン~~
かなりの萌え度です!(なにゆえ?)
以前、密かに?記事を読んだとき、
『フッ...これはきっと買うな』と
根拠のない予想をしておりました。

お忙しい中にありながら脱帽でつ。
(あ男性のみの言葉でしたっけ;)

めっちゃ聴きたいっす。あの不安定な音がたまらない。
よくわからないけど哀愁が漂うあの音色。
ぜひとも!紅葉の下で。あ当然持ち出し禁か orz

投稿: くぅた | 2007.10.18 23:06

くぅたさん、おはようございます。
ははは、行動パターン読まれてましたか。
持ち出し禁どころか、昨日学校に持っていって、
さっそく連れて帰ってくるの忘れました。
乾電池式ですので、連れて歩けますよ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.10.19 08:57

>LUKEさん、お子様お元気ですか?

 おかげさまで元気でございます。小さいだけに、まさしく「ナノかわゆす」でございますよ。
 しかし、「まとりょみん」。モノとしての魅力もさることながら、ネーミングの妙、その語感にも激しくそそられます。まとりょみん。.....欲すぃ。(;ε;)

投稿: LUKE | 2007.10.19 15:43

いやあ、マトリョミン嬢どころではないでしょうね。
なんか、もう娘たちの赤ちゃん時代がすごく昔のような気がします。
マトリョミン、赤ちゃんのおもちゃと称して買っちゃうとか…笑

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.10.19 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/16793100

この記事へのトラックバック一覧です: マトリョミン嬢来たる!:

« 「心より物の時代」(自己より他者) | トップページ | 『TABLE FOR TWO』→『頭陀行』 »