« 『認知科学への招待−心の研究のおもしろさに迫る』 大津由紀雄, 波多野誼余夫 (研究社) | トップページ | 『ぼく、オタリーマン。』 よしたに (中経出版) »

2007.09.03

『ぼく…。』 桜庭和志 (東邦出版)

80940628 まったく話になりませんね。秋山が謝罪文ですって?で、9月17日に電撃復帰?はあ?正直彼にはもうリングに上がってもらいたくありません。
 去年の大晦日の一件に関しては、私はほとんどノーコメントでした。こちらで少し吠えただけ。すなわち、コメントするのもバカバカしい事態だったわけです。もちろん秋山本人もそうですが、その周辺の「大人たち」に腹が立つやら呆れるやらで、もうすっかり気持ちが萎えてしまいました。
 結局あの事件が私のプロレスへの愛をさらに加熱するという皮肉なことになったとも言えますが、それと同時にある人のある素質を開花させ、ある種の暴走を招いたというのもまた事実であります。そう、ウチのカミさんの桜庭熱が沸点を超えて暴走したんですよ。これはまったく予想外でした。もともとプロレス好きではありましたが、なんで、ここへ来て桜庭なんだ?まあ、その暴走のおかげで私もいろいろと楽しい思いをさせていただいていますが。
 というわけで、最近ではどういうわけか御本人をさしおいて、桜庭さんのご両親とすっかり打ち解けてしまった我が家族であります。まったく人生とは分からぬものです。まあ、そういう意味では秋山にも感謝せねばならないのかもしれませんが、今回の彼の行動と周囲の大人の行動は、やはりいただけません。
 だいたい何ですか、あの謝罪文は。私の最も嫌いなタイプの「語り(騙り)」です。特に、取ってつけたようなここのところ。
『…また、体の不自由な方々がいらっしゃる施設にも赴き、お話をさせて頂く事で健康である事のありがたみ、好きな事ができている喜び、そして命の尊さを改めて学ばさせて頂きました』
 おいおい!いい加減にしろ。おととい、ちょうど障害者プロレスについて書いたばかりだからこそ、私の怒りは心頭にハッスル…じゃなくて発する。自分の偽善のためにスペシャルな人たちを利用するな!もう、本当に植木さんに秋山をボコポコにしてもらいたいっす。
 第一、こんな謝罪文をしゃーしゃーと披露する前に、一度でも桜庭の前で土下座せい!という2ちゃんねらーの意見に大賛成なワタクシどもであります。最も男らしくないことをした上に、最も男らしくない後始末…いや後始末の放棄です。谷川さんも谷川さんですよね。もともと空気読めない人ですけど、これはひどいでしょ。情けなくなりました。
 どうもウチのカミさん、9月17日のチケットを買ったようなんですが、いったいどういう気持ちで参戦するんでしょうね。彼女実は初参戦なんですよ。私は行きませんよ、絶対に。「桜庭vs柴田」なんて、一番観たくないカードですから。空気読んで下さいよ、谷川さん…。
 なんか、さっきカミさん、ネットで秋山の謝罪文読みながらブツブツ言ってました。
「…生卵持ってこ…ブツブツ…」
 さてさて、一方の真の男桜庭和志はどういう気持ちなんでしょうか。それを忖度するに最適な資料が、7月に彼が出したこの本です。もう、この本の秋山戦の部分を読めばじゅうぶんに彼がどういう男か解るでしょう。ある意味日本男児ですし、ある意味秋田男ですし、ある意味プロレスラーですし、とにかく彼が尊敬に値する男であることは充分わかりますよ。偉い。本当の男は語りすぎないものです。もちろん、例の高田道場離脱の理由なんかについては、ほとんど語っていません。あれは語れませんね、本当の男なら。
 「武士(もののふ)の中の武士(もののふ)」とは、前田日明が桜庭を紹介した時の言葉ですが、まさに彼は縄文的な「モノ(外部・不随意・無常・無我)」を重視する男です。自分の思い通りに「コト(内部・随意・不変・自我)」を「カタル(固定する・伝達する)」傾向の強い弥生人とは違います。
 弥生人よ!もう少し縄文人から何かを学んだらどうですか?(ものすごく回りくどい言い方っすね…笑)
 「そういうお前も日常的に語りすぎ(騙りすぎ)じゃないか!」との叱責が聞こえてきそうですが、まあ、これは考えようによっては、桜庭のパフォーマンスや太宰の道化みたいなもんでして、つまり、私にも縄文人のキャラクターが根強く残存している証明でもあるわけです(笑)。決して弥生人的な「カタリ」ではありませんので(!?)。

Amazon ぼく…。

楽天ブックス ぼく…。

不二草紙に戻る

|

« 『認知科学への招待−心の研究のおもしろさに迫る』 大津由紀雄, 波多野誼余夫 (研究社) | トップページ | 『ぼく、オタリーマン。』 よしたに (中経出版) »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

庵主ーー、そんな、生卵発言は、冗談ですからね(笑)!!(←当たり前か;)
17日の横アリ、後から3番目というとてつもなく遠い席ですが・・
楽しみです!!

投稿: 庵主セコンド | 2007.09.05 08:27

卵、やりかねない…。
まあ後から3番目の位置か卵投げられたら大変だよな。
たぶん秋山以外に当たるでしょう。
ところで、バードウォッチング用の双眼鏡を忘れないように。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.09.05 09:18

へ??バードウォッチング用、ですか?
ウチにある娘のおもちゃっぽいのではだめですかね(笑)。
かといって庵主の星観測用のでは・・やりすぎですね。
ということは・・! 買って良しということですね(公開契約成立!)^^♪

投稿: 庵主セコンド | 2007.09.05 17:46

いや、あるじゃないか。
移り住んだ頃に買ったヤツ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.09.05 17:49

生卵でぬるぬるして、勝っちゃうかも・・・・。
なので、ターゲットはコミッショナー席!
(ヤルならですよ)

投稿: 貧乏伯爵 | 2007.09.10 11:48

伯爵さま、こんにちは。
そうですねえ、投げるならゆで卵ですかね。
どうもその日、彼は出ないようなので少し安心しました。
でもいきなりサプライズ謝罪とかあるかもしれないんで、
卵はしっかり用意していかせます。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.09.10 13:33

伯爵さま>
ハッ! ・・そうでした。・・って、もう、冗談ですってばあ('∀`;

投稿: 庵主セコンド | 2007.09.10 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/16338681

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼく…。』 桜庭和志 (東邦出版):

» ヒクソンVS桜庭!大みそか実現へ向けて交渉中だぞ! [☆今日の時事問題☆彡時事問題とニュース百聞]
ヒクソンVS桜庭戦が大みそかに実現するのか!?9月17日(月)の「HERO’Sミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦」を前に16日、新宿ステーションスクエアで公開記者会見が行われたようだ。約3000人のファンの前に現れたのは、400戦無敗の伝説の男ヒクソン・グレイシー(47)だ。ヒクソンは、愛弟子ケビン・ケーシーのセコンドとしての来日だったが、自身のHERO’S初参戦とグレイシーハンターの異名を持つ桜庭和志(38=チーム桜畑)との対戦を要求したという。... [続きを読む]

受信: 2007.09.18 06:19

« 『認知科学への招待−心の研究のおもしろさに迫る』 大津由紀雄, 波多野誼余夫 (研究社) | トップページ | 『ぼく、オタリーマン。』 よしたに (中経出版) »