« スークのバッハ | トップページ | 桜庭和志@『HERO’S2007』 »

2007.09.17

Mach Pelican(マッハペリカン)解散&通算800回記念ライヴ

↓カメラを忘れたので、知り合いにいただいた別の日の写真です。
Mp11 渋谷LUSHで行われたマッペリのラストライヴに行ってきました。初めての生マッペリが最後なんて…。ホントに素晴らしいライヴでしたし、素晴らしいバンドなのに。もったいない!!うん、でもホント感動しましたし、よく頑張った、お疲れさん!とも言ってやりたい。
 マッハ・ペリカンというある意味世界で最も有名な日本人パンクバンドについてはこちらで紹介しましたね。ベーシストのAtsushiくんが教え子でして、また彼のお兄ちゃんはウチのバンドのギタリスト、さらにお父さんは仕事でここのところ毎日のように会っている…なにかと縁のある一家です。近い内に今度はお父さんのいとこの方にもお世話になるかも(格闘技関係)。
 マッハ・ペリカンが解散するという情報は、いろいろなところから情報としては入っていたんですが、今日が本当のファイナルだとは知りませんでした。昨夜、このブログで知り合ったマッペリファンの方から「ぜひ来て!」とのお誘いをいただき、急遽参戦となりました。
 今日は午後から八王子でバッハとチマローザを弾いて、その足で下北沢へ。そこに車を置いて電車で渋谷へ向かいました。バッハからパンクというのもまた、なんとも自分らしい展開ですが、まあ双方ともにタテノリの音楽であります。ブランデンブルク協奏曲弾きながら、まあこれもある意味パンクだな、体力いるし…なんて思ってました。
 まあ、そんなことはいいとして、今回のライヴの出演バンドは以下の通り。基本的にマッペリ解散の花道のために終結したバンドたちのようです。それぞれなかなか魅力的なロックを奏でておりまして好感を持ちました。
Mach Pelican (Australia)
Ground Components (Australia)
SUPERSNAZZ
THE BAWDIES
The Bloody Farmers
Sparks And Twinky
 そして、3時間に及ぶ彼ら前座の演奏が終わり、とうとうマッペリの登場です。会場の盛り上がりはもう最高潮。彼らの最後のライヴのために、全国から、いや外国人もたくさんいるではないですか、世界中からですね、世界中から集まったファンの皆さんにまじってワタクシも頑張りました。たぶん最高年齢だろうな。でも、本人や知り合いにも言われましたが、案外あの雰囲気になじんでいたようです。ちなみに着ていったのは勝負シャツである「ジャンボ鶴田メモリアル」Tシャツです(笑…まじでスタミナが必要だと思ったんで)。
 演奏が始まったと思ったら、もうそこからは本当にすごい世界でした。いろんなタイプのライヴに行ってますけど、こういうノリは初めてだったなあ。とにかくものすごいスピード感。MCはもちろん、曲間もほとんどなしで、すさまじいパンク・ロックが疾走します。これは盛り上がるはずだわ。かっこいい…正直しびれました。
 本当にすごいなあと思いました。こうして多くの人々の心をつかみ、突き動かす。プロだなあ。本当に見事なパフォーマンスでした。自家薬籠中の曲たちとはいえ、あの興奮状態の中であれだけ正確な、というか単なる正確さではないな、見事なアンサンブルを聴かせるというのだけでも感心です。とにかくかっこよかった。教え子もいつにもましていい男に見えましたよ。男として惚れるよなあ、あれは。
 そして再度確認したのは、ラモーン・パンクの分かり易さ、明るさ、楽しさですね。歌詞も含めて基本的に我々をハッピーにする音楽です。バッハさん、あなたやっぱりライヴ向きの音楽じゃないっすね。繰り返し聴かないとわからない曲が多過ぎます(笑)。シンプルであるということは実は制約が多いということです。たとえば3コードの中でどう魅力的なメロディーを紡ぐかというのは、本当に難しいことです。マッペリはそこが絶妙なんですね。お約束の中のキラッと光るアイデア、センス。これでしょう。ある意味俳句や和歌みたいなもんだからなあ。そのへんの日本人的センスが本場で受けたのかもしれませんね。
 本当にもったいないなあ。でもしょうがないですね。本人とも話しましたけれど、まあそういうタイミングだということですね。一度離れてみるというのも大切なことですし、みんなが期待しているように、いつか本当にまたやりたくなったら帰ってくればいい。またそういう時が来るかもしれません。バンドでは許されますからね、解散と再結成の繰り返し。ロックは魂が勝負ですから。まあ、しばらくは違う世界でもいろいろと経験をして、魂をさらに磨いてください。
 とにかく11年間、お疲れさんでした。楽しいライヴをありがとうございました。またみんなで一緒に呑もうぜ!!

マッペリ公式

不二草紙に戻る

|

« スークのバッハ | トップページ | 桜庭和志@『HERO’S2007』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/16483785

この記事へのトラックバック一覧です: Mach Pelican(マッハペリカン)解散&通算800回記念ライヴ:

« スークのバッハ | トップページ | 桜庭和志@『HERO’S2007』 »