« 『ジャイロソプター』(NHK「アニ*クリ 15」) | トップページ | どこでもべープ蚊取り(フマキラー) »

2007.08.26

御坂〜吉田の火祭り2007

 本日も神々のネットワーク絶好調でした。ありがたや、ありがたや。
Bunbun2 午後、御坂にちょっと用事がありまして峠を越えました。まず、ついでと言ってはなんですが、先日おじゃましたランドリーコーナーぶんぶんでお洗濯。ちょっと道を間違えまして、ぐるっと遠回りしてしまったのですが、ふと曲がった道が、前回も訪れた美和神社(二之宮)さんへの参道でしたので、ワタクシは心の中でいろいろとお礼を述べさせていただきました。その後ぶんぶんに無事到着。左の写真は、レミオロメン前田啓介くんのお母様に洗濯物をたたんでもらってご満悦のカミさんです。さらに子どもたち、お母様からヒラタクワガタやノコギリクワガタなどを6匹もいただきました。いろいろと感動的なお話もしていただき、感謝感謝であります。教育者として親として学ぶこと多々あり。本当にありがとうございました。
 その後、ちょっと調べることがありまして山梨県立博物館へ。係の方々が本当に親切に説明してくれまして、全ての課題が解決。思わぬ発見も多数あって収穫大でありました。やっぱり好きだなあ、あの博物館。網野善彦さんにも心の中で感謝。
Hoshiishi 続きまして、ちょっと行きたいところがあったのでナビに言われた通り走っていましたら、なんとあの埋草神社の横を通過。な、なんだこのネットワークは…。 せっかくですのでお礼参りいたしました。その後、なんとなく車を走らせてUターンをしようとして進入したところに、いつか見ようと思っていた「星石」があるじゃないですか。「星石」については、こちらのサイト参照。天文マニアとしても実に興味深い物でした。いつかあらためていろいろと検証してみましょう。
 それにしても、まるで導かれるようにいろいろな「モノ」が結びついてゆきますねえ。ちょっとゾッとしちゃいます。
 その後知り合いのお宅で、桃狩り&ぶどう狩りをさせていただき、もぎたてフルーツを満喫。これもついでにと言ってはなんですが、そのお宅に伝わる、後陽成天皇の第八皇子(八の宮・良純親王)に関わると言われる謎の絵を拝見。門外不出、他見不許のお宝で、以前は家の者でさえ見ることを禁じられたというもの。さすがに特別な霊気を感じましたねえ。絹に描かれたお姫さまの図でしたが、書かれている文字の解読も含めて、いろいろと課題が多いので、今後よく調べてみまして、紹介できるようなら紹介します。
 夕方富士山に帰ってきまして、日が沈んだ頃、お客様を伴って北口本宮富士浅間神社へ。そう、今日は吉田の火祭りの日です。ちょっといつもとは違うコースで参拝。これまた導かれるように本殿の裏側へ。そこにちょこんと鎮座なさる、ゑびす(事代主)さんと大黒天(大国主)さんにお参り。私たち、彼らの満面の笑みに思いっきり励まされました。皆さん、そちらにはほとんどお参りしませんので、本殿裏のいくつかの神様はワタクシたちで独占させていただきました。のち、正面から本殿のコノハナサクヤヒメさんに参拝。いつもお世話になってます。そういえばこの本殿で結婚式したんだよなあ。もうそろそろ10年かあ…とそれはプライベートな感傷でありました。
Tenka2007 参拝を終えて、鹿さんに挨拶していると、ちょうど参道で点火の儀が始まりました。この瞬間を見るのは初めてです。私、松明に神火が点される瞬間、えもいわれぬ興奮に思わず大きな歓声をあげてしまいました。なんだろう、この胸の高鳴りは。まさにネットワーク上の祭始まる!という感じでしょうか。今まで何度も火祭りには来ていましたが、こうしてネットワークに乗っかってからの参加は初めてですからね。自分の中でも何か特別なものを感じていたのでしょう。
Himatsuri2007 暗闇に立ちのぼる炎を見上げながら、参道を下っていきますと、そこでまた不思議な再会がありました。あの暗闇で声をかけられるとは思いませんでした。中国から夏の間だけ帰国されていたその方とは、この夏にそれこそ不思議なご縁で知りあいになったのですが、私のメールアドレスやこのブログのことをお伝えするのを忘れており、もうすぐ中国にお帰りになるとうかがっていたので、ああまた来年まで連絡できずに終わるのかと思っていた矢先でしたから、本当にびっくりしました。神様のお導きでしょうねえ。感謝です。
 さて、のち、沿道の酒屋さんで日本酒を買って、それをぶら下げながらしばらく屋台を巡りました。まあ気のせいと言えば気のせいなんでしょうが、炎と人ごみが今までと全く違うものに見えたのはなんでなのでしょう。いろいろなスポットでいろいろな人やモノと出会い、いろいろな気を浴びたからでしょうかね。なんとなく、自分という存在の根源がわかったような気もしました。ああやはり自分は縁起する存在なんだなあ。自分だと思っていた「コト」は実は他者である「モノ」であった。自己とは、実はそういうネットワーク上に現れた、この刹那の無常なる存在なのだなあ。お釈迦さまはそういうことを言ったのだなあ。日本において神道と仏教が親和し、習合していったのは、そういう意味において当然のことだったのかもしれない。そんなことを思った濃〜い今日の午後の出来事でした。皆様、神様、本当にありがとうございました。

不二草紙に戻る

|

« 『ジャイロソプター』(NHK「アニ*クリ 15」) | トップページ | どこでもべープ蚊取り(フマキラー) »

モノ・コト論」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!『ぶんぶん』でのお洗濯ついに実現ですね!
しかも思ひ出の滑走路Tシャツ~♡
そして頂いた(それもかなりキャー)虫くんたちの中にあったのが『ヒラタクワガタ』!!
まさに旬な虫くん!なぜならJ-WAVE LIVEのサイトで亮太君が描いた絵が掲載されてるんですよー。
かなりレア虫くんらしいです。
ぜひうちブログで紹介させてくださいませー♪
先日のお父様もそして今回、お母様もステキな方ですね。
ご両親あってのレミオロメン。そしてあの素晴らしい楽曲たちが生まれると思うと感無量です。
『みんな最高だね!』(by啓介くんin Flash&Gleam)の気分です。
VIVA御坂!・・・VIVAネットワーク!です。

投稿: くぅた | 2007.08.28 10:05

くぅたさん、どうもです。
今回はちゃんと洗濯物持っていきました。
とっても柔らかく仕上がっていて、これはクセになりそうですよ。
大きな洗濯物がある時や、雨の日にはこれからもお世話になりたいと思います。
ああ、そうそう、9月15日にお兄さまの太鼓のライヴがあるようなので、
そちらにもぜひ行ってみようと思ってます。
それにしても、ヒラタクワガタがそんな貴重な存在だったとは…笑

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.08.28 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/16251188

この記事へのトラックバック一覧です: 御坂〜吉田の火祭り2007:

« 『ジャイロソプター』(NHK「アニ*クリ 15」) | トップページ | どこでもべープ蚊取り(フマキラー) »